痩せたいけど楽したい!運動は忙しくて無理!そんな人でもダイエット成功できてしまうなるほどと思える方法を紹介しています。

運動せず簡単にダイエットする方法〜楽して痩せま専家〜

グリーンスムージーについて

酸味の効いたグリーンスムージーで心も体もリフレッシュおすすめレシピ5

投稿日:2016年7月8日 更新日:

hollyfood / Pixabay

グリーンスムージーのあのもったり感が飽きてきた

  • どろどろとした食感が朝につ辛い
  • 口の中がぬるぬるなのが苦手
  • もうちょっとさらっとあっさり飲みたい

グリーンスムージーはどちらかというと
ちょっとモッタリしたような感じがイメージにあります。

 

もったりしたグリーンスムージーになってしまう理由

 

それは初めてのグリーンスムージーには
バナナが入りやすいからです。
バナナの良い点は、
野菜嫌いのお子さんから旦那さんまで
野菜の嫌なにニオイや苦味を打ち消して
飲みやすくするということがあります。

その反面、味がもったりしてしまう
大抵バナナ味となってしまうという短所もあります。

価格も安いし、
ついつい買って入れてしまうことも多いのではないでしょうか。

グリーンスムージーに変化をつけたい!

と感じたのであればそれは
グリーンスムージーダイエット成功している兆しがあります。

もったりしたグリーンスムージーはちょっと…
と思っている人そんなこともありません。
レモンやグレープフルーツなどの柑橘類や
パイナップルを使った酸味の効いた
あっさりとしたグリーンスムージーもありますので紹介します。

 

あっさり飲めるグリーンスムージーレシピ

食欲のない朝
二日酔いでムカムカした時
スポーツの後のリフレッシュに
身体も気分もすっきりさせたいとき
頭をシャープにしたい時

酸味と甘みのバランスが取れたさわやかテイスト
リフレッシュできるとっておきのレシピをご紹介しましょう

爽やかな酸味のグリーンスムージーレシピ

 

1 口当たりはまるで搾りたてのブドウジュース 143kcal

レモン、八分の一個
ブドウ2分の1房
水菜20G
水4分の3カップ程度

1レモンは包丁で皮を外して種を全て取り除き、
八分の一世代層ミキサーに入れる

2ぶどうは房から粒を外し、
半分に切って皮ごと種ごとミキサーに入れる

3水菜は5cm 程度もざくぎりにしてミキサーに入れる

4水を加えて蓋をし、
ミキサーのスイッチを入れる

5つぶつぶがなるべくなくなり滑らかになったら出来上がり

 

2 ビタミンカラーのフルーツでフレッシュな味の元気が出るフレンド 98kcal

オレンジ1個
パイナップル六分の一個
レタス30g
水2分の1カップ程度

オレンジは包丁で皮をむき種をすべて取り除く
一口大に切ってミキサーに入れる

2パイナップルは六分の一にカットしたものを
包丁で皮を外し一口大に切ってミキサーに入れる

3レタスはざく切りにしてミキサーに入れる

4水を加えて蓋をし、ミキサーのスイッチを入れる

5つぶつぶがなるべくなくなり滑らかになったら出来上がり

 

3 香り高いミツバに皮ごとのゆずを加えるとすっきりとした和のテイストに 166kcal

ゆず八分の一個
りんご1個
三つ葉20g
水4分の3カップ程度

1ゆずは皮ごとを八分の一のくし切りにし、
種を全て取り除いて皮ごとミキサーに入れる

2りんごは軸とヘタを取り、
皮ごとを種ごと使用する一口大の角切りにし、
ミキサーに入れる

3ミツバは根を切り落とし、
5cm 程度のざく切りにしてミキサーに入れる

4水を加えて蓋をしミキサーのスイッチを入れる

5つぶつぶがなるべくなくなり滑らかになったら出来上がり

 

4 甘酸っぱいパイナップルを大葉の爽やかな香りが包み込むトロピカルなスムージー 85kcal

グレープフルーツ2分の1個
パイナップル六分の一個
大葉5枚
水に分の1カップ程度

1グレープフルーツは外皮と薄皮をむき種をすべて取り除く実をミキサーに入れる

2パイナップルは六分の一にカットしたものを
包丁で皮をはずし一口大に切ってミキサーに入れる

3大葉をそのまま加える

4水を加え蓋をし、ミキサーのスイッチを入れる

5つぶつぶがなるべくなくなり滑らかになったら出来上がり

 

5 グレープフルーツの酸味はセロリと好相性体の中からリフレッシュ 179kcal

グレープフルーツルビー1個
アボガドを4分の1個
セロリ2分の1本
水2分の1カップ程度

グレープフルーツは外皮をむき種をすべて取り除く
実をミキサーに入れる

2アボガドは外皮と種をはずし、
4分の1個をミキサーに入れる

3セロリは縦に半分に茎も葉も3センチ程度もざくぎりにしてミキサーに入れる

4水を加え蓋をし、ミキサーのスイッチを入れる

5つぶつぶがなるべくなくなり滑らかになった出来上がり

 

まとめ

stevepb / Pixabay

  • フレッシュなグリーンスムージーを作る場合は柑橘系を使用する

グレープフルーツ、みかん、レモン、柚子
などを使うとさっぱりとしたグリーンスムージーが作れます。

 

  • パイナップルブドウなどの酸味が強い果物も良い

柑橘系の果物とは違う酸味が楽しめます。

 

  • 香りが爽やかなグリーンを加えるとより味に変化が楽しめる。

代表的なのはセロリちょっとクセのある葉野菜でも
柑橘系と合わせることによりさわやかに飲める事ができます。

 

  • 柑橘系は皮と種は取り除く

えぐみやしたざわりが悪くなる原因になるので
こちらは取り除いた方が良いでしょう。

以上のようなグリーンスムージーはさっぱりと飲めますので、
暑い夏にも最適
通常は常温で飲みますが
クラッシュした氷を入れて
スムージーにしてひんやり飲むのも良いかもしれません。

-グリーンスムージーについて

Copyright© 運動せず簡単にダイエットする方法〜楽して痩せま専家〜 , 2018 AllRights Reserved.