痩せたいけど楽したい!運動は忙しくて無理!そんな人でもダイエット成功できてしまうなるほどと思える方法を紹介しています。

運動せず簡単にダイエットする方法〜楽して痩せま専家〜

グリーンスムージーについて

ちょっとクセのある野菜でグリーンスムージーレシピ10選食材15選

投稿日:2016年7月9日 更新日:

グリーンスムージーダイエット二週目
1回の食事をグリーンスムージーに置き換える
という習慣も定着したこと
6つのルールを忘れずに
効果が出ていることをしっかりと実感しながら続けましょう。
ここでは少しクセのある野菜を取り入れたレシピを紹介します。
クセが強い野菜は美容効果も高く
是非とも取り入れたい野菜です。
しかし美味しくなければ続けられない
でも大丈夫!
美味しく飲めること間違いありません!

 

ちょっとクセのある野菜でグリーンスムージーレシピ10選

  • 1 グリーンの量を増やすときはまずはクセの少ないほうれん草からトライすれば安心 263kcal

ほうれん草100g
レモン4分の1個
バナナ1本。
りんご1個
水2カップ程度

 

  • 2 クセのあるチャレンジ葉野菜も定番フルーツを1組合わせて楽々クリア 326kcal

春菊60G
みかん4個
レモン4分の1個
りんご1個
水1カップ程度

 

  • 3 冷凍ミックスベリーを使用した手軽に贅沢スムージーの出来上がり 194kcal

ベビーリーフ50g
ミックスベリー300g
パイナップル4分の1個
水2カップ程度

 

  • 4 手軽に甘味を足したいときはドライフルーツを上手に活用するとグッド 439kcal三つ葉50g
    みかん5個
    干柿1個
    りんご2分の1個
    水1カップ程度

 

  • 5 アクセントに使ったレモングラスと生姜で気分もすっきりリフレッシュ425kcal

水菜200g
レモングラス一本
グレープフルーツ2個
りんご1個
しょうが一かけら
水に分の1カップ程度

 

  • 6 イチゴが主役のスイートなレシピにはあえてちょっとクセのあるルッコラをプラスしてオトナな味に 185kcal

ルッコラ40g
いちご300g
バナナ1本。
シナモン適量
水2カップ程度

 

  • 7 セリの苦味と夏ミカンの酸味が眠っていた身体とココロを目覚めさせる 193kcal

せり 40g
夏みかん1個
バナナ1本。
りんご2分の1個
水2カップ程度

 

  • 8 上品でクリーミーな桃のスムージーには大葉の香りが予想に反してベストマッチ 222kcal

大葉10枚
レモン4分の1個
桃2個
アボガド六分の一個
水2カップ程度

 

  • 9 秋の初めのとびきり贅沢で美味しい素敵な混合素材 303kcal

かぶの葉50g
桃2個
巨峰2分の一房
水1カップ程度

 

  • 10 寒い冬の日には生姜を少し入れてて体も芯から温まろう 399kcal

大根の葉一株分
柿 2個
りんご1個
柚子六分の一個
しょうが一かけら
水2カップ程

 

クセのあるグリーンスムージーにぴったりなグリーンとフルーツ15選

  • 大根の葉

daikonba
ほとんどのグリーンに豊富な葉酸というビタミンB が大根の葉にも新陳代謝を促してくれます
栄養素なので肌の古い細胞が生まれ変わります

 

  • しょうが

alsen / Pixabay

 

血流を構良くする働きが肌色を明るくして美容効果アップ
冷えから守ることで基礎代謝も上げますから、ダイエットの味方です

 

  • せり

seri
βカロテン、鉄分、食物繊維と全身のビューティーアップに大切な成分を含む優秀な野菜
そして独自の香りを作っている成分には、体を温め、身体の冷えを改善する作用があります。

 

  • ほうれん草

LoggaWiggler / Pixabay

βカロテンビタミンC のアンチエイジング効果
カリウムのむくみ解消効果
クロロフィルのデトックス効果など日のための成分が満載
鉄分も多く貧血予防に効果あり

 

  • バナナ

stevepb / Pixabay

皮膚炎予防のビタミンと呼ばれるビタミンB 6に注目
皮膚や粘膜を健やかに保つので肌のかさつきや
ニキビなどのトラブルが予防できます。
食物繊維も豊富なので便秘解消にも効果あり

 

  • 巨峰

kyohou
豊富なカリウムがむくみをとって、
抗酸化パワーが大きい赤いポリフェノールと呼ばれるアントシアニンがアンチエイジングや眼精疲労に作用
さらにコラーゲンのメイン成分であるプロリンというアミノ酸が豊富
これは天然の保湿成分由来で、ハリのある美肌に心強いフルーツです。

 

  • 大葉

ooba
大葉の香りの成分が美白の邪魔をする雑菌をカット
細かくしたほうが栄養の吸収が良くなり効果大と言われてますから、
グリーンスムージーならではの効果が期待できます。

 

  • ルッコラ

SanduStefan / Pixabay

あのクレオパトラカが美しさために好んで食べたというのは有名な逸話があります
ビタミンA C E の抗酸化作用のほか、
辛味成分は解毒酵素を活性化させます

 

  • いちご

Romi / Pixabay

美肌に欠かせないビタミンC が豊富
ポリフェノールもたっぷり意外なことに、
虫歯や歯周病予防にも効果があるキシリトールも含まれてますから美しい歯も保てます。

 

果汁に多いナイアシンというビタミンB は
体の中で糖質と脂質の代謝に働き、
皮膚を健康に保つ栄養素です
肌の保湿に作用し細胞をみずみずしく保つのに欠かせない栄養素です

 

  • 三つ葉

mitsuba
βカロテンが多く体内で必要なだけビタミンA に変わります。
皮膚の粘膜を正常にキープする作用も
うるおいアップ皮膚の分泌の調整も

 

  • みかん

stevepb / Pixabay

白い袋や筋の部分にビタミンP がたっぷり
毛細血管を強くしながら
美肌美白欠かせないビタミンC を安定化させてくれます。

 

  • 水菜

mizuna
水菜特有の複合ポリフェノールである水菜ポリフェノールという独自の成分があり、
それが紫外線やストレスなどで傷ついた細胞を修復する酵素を活性化してくれます
この成分は傷ついた細胞に優先的に送られるので、美肌作りには強い味方となるでしょう
美容の基本ビタミンC の含有量はトップクラスです。

 

  • ミックスベリー

Couleur / Pixabay

ブルーベリー、ラズベリー、ブラックベリーストロベリー
ベリー類に共通しているのが
ポリフェノールが豊富で、
細胞の酸化を防ぐアンチエイジング効果が高いこと
また、例えばブルーベリーの口臭予防効果、
ラズベリーの美白効果などベリーならではのビューティーアップパワーも嬉しいのです
アントシアニンと言う成分も含まれており
目の疲れや視力低下の予防も効果あり

 

  • りんご

cocoparisienne / Pixabay

赤ワインなどのポリフェノールまた
別のりんごポリフェノールという特有の成分があり、
抗酸化によるアンチエイジング効果のほか、
肌の美白効果も確認されています。
また、アレルギー症状をゆるやかにする働きがあるので季節的な肌荒れやかゆみを防ぎます

-グリーンスムージーについて

Copyright© 運動せず簡単にダイエットする方法〜楽して痩せま専家〜 , 2018 AllRights Reserved.