痩せたいけど楽したい!運動は忙しくて無理!そんな人でもダイエット成功できてしまうなるほどと思える方法を紹介しています。

運動せず簡単にダイエットする方法〜楽して痩せま専家〜

グリーンスムージーについて

グリーンスムージーおすすめ痩せレシピ10選と材料16選

投稿日:2016年7月9日 更新日:

グリーンスムージーダイエット一週目
まずはグリーンスムージー作りに慣れましょう。
どの食事をグリーンスムージーにするのか、
自分に適したものを探しながら
ダイエット成功に向けてスタートダッシュを切りましょう。

ここではグリーンスムージー続けるためのおすすめレシピ10選と
使用するグリーンやフルーツの特徴や効果についてまとめています。

グリーンスムージーおすすめ痩せレシピ10選

1 手に入れやすい材料を使った初心者にお勧めのベストバランス 279kcal

チンゲンサイ100g
みかん4個
キウイ1個
バナナ1本。
水1カップ程度

 

2 口の中に広がる南国香るスイートなフレーバーはココナッツの風味が隠し味 363kcal

ほうれん草50g
オレンジ3個
マンゴー1個
水1カップ程度
ココナッツフレーク大さじ1
ココナッツフレークは少量の水につけて戻してから使用する

 

3 たっぷり太陽を浴びたアシタバで力をエナジーチャージ 362kcal

アシタバ40g
グレープフルーツ2個
いちご400g
水に分の1カップ程度

 

4 みんなが嫌がるパセリが驚くほど飲みやすいりんごが主役のほっとする味 339kcal

パセリ10g
アボガド4分の1個
りんご1個
デーツ5個
水2カップ程度

 

5 酸味と甘みのバランスが良い定番のトロピカルミックスはおひさまの味 257kcal

レタス80g
グレープフルーツ1個
バナナ1本。
パイナップル4分の1個
水1カップ程度

 

6 淡いパステルグリーンが爽やかな優しい味のビギナーブレンド 247kcal

おかひじき25g
レモン4分の1個
バナナ1本。
りんご1個
水1カップ程度

 

7 春の訪れを知らせるフルーツやグリーンを体の中から取り込んで 314kcal

菜の花50g
オレンジ3個
いちご10粒
バナナ1本。
水1カップ程度

8 457kcal
ちょっと意外な組み合わせの素材がとびきりおいしい
夏だけの楽しみな

バジル 2枝
すもも2個
スイカ六分の一個
水なし

 

9 とろみがつくフルーツをふんだんに使ってまろやかな口当たりに 165kcal

かぶの葉50g
レモン4分の1個
イチジク2個
洋梨1個
水2カップ程度

 

10 ゆずとシナモンをプラスすれば、寒い季節も飲みやすい冷え性対策にバッチリなスムージーに早変わり 318kcal

春菊30g
みかん4個
柚子六分の一個
りんご1個
シナモンパウダー適量
水1カップ程度

 

グリーンスムージーおすすめ材料16選

  • 春菊

shungikujpg

アンチエイジングに大切なβカロテン、
ビタミンC 、ビタミンE さらには、女性への美容に欠かせないミネラル全てが揃っているスーパーグリーン

 

  • シナモン

Abdecoral / Pixabay

もう細血管を健やかにする働きが高い
すみずみの細胞に酸素が行き渡るので、
顔色も良くなる上、くすみやしわやたるみが防止できます。

 

  • チンゲンサイ

yuchinutrition / Pixabay

体が必要とする分だけビタミンA に変わるβカロテンが豊富
強力な抗酸化作用を発揮して肌、髪、爪の健康を守ります

 

  • キウイ

Ajale / Pixabay

美容の味方のビタミンC が豊富
メラニンの生成を抑えてシミそばかすくすみを予防
ぷるぷる肌には欠かせないコラーゲンの形成もサポート

 

  • 洋梨

jaymethunt / Pixabay

美白化粧品に使われることが多い
アルブチンという成分が豊富厚生労働省も美白効果を認めている。
メラニンの合成を阻害する成分です
夏場の紫外線予防に効果的な果物

 

  • いちじく

cegoh / Pixabay

ペクチンという食物繊維がお通じをサポート
デトックス効果も大きいので
体内部からキレイになるには
便秘がちの人には毎日取りたい果物

 

  • 菜の花

TanteTati / Pixabay

紫外線が美肌の大敵と言われるのは、
体内の活性酸素を作るため
それがシミやシワの元凶となるのですが、
菜の花は活性酸素なくすβカロテンの含有量が
野菜の中でもトップクラス。
また、食物繊維や花の部分に含まれる
スルフォラファンという成分によって
肝機能を向上させる代謝を上げる効果も
普段お酒をよく飲む人にゎおすすめ

 

  • おかひじき

豊富な鉄分は健康な血液を作るのに不可欠
貧血が改善されると同時に、
肌色が明るくなって素肌美人になれるに間違いありません。

 

  • レモン

Couleur / Pixabay

肌のハリを保つのに必要不可欠な
コラーゲンの形成をサポートするビタミンC が豊富
弾力がある肌美肌作りのために積極的に摂取して

 

  • レタス

Couleur / Pixabay

アンチエイジングのエースと呼ばれる
ビタミンA C E が揃っているので美肌効果も大いに期待できそう。
そして根元の白い部分にはさらに
アンチエイジングパワーが大きいサポニンがサポニンは
脂肪の吸収を抑える働きもするので、
ダイエットと美肌作りの両立が可能に
食物繊維も豊富なので便秘解消にも効果あり

 

  • パセリ

AllAnd / Pixabay

不快な体の臭いをシャットアウトするのも大切なビューティーポイント
豊富なクロロフィル、防臭効果に期待できます。
加齢臭に悩む旦那様にも効果的

 

  • アボガド

abbildbar / Pixabay

食べる美容液とも呼ばれるこのフルーツには
サプリメントで人気のアンチエイジングの決定成分コエンザイムQ10がたっぷり

 

  • バジル

tookapic / Pixabay

バジル香りの成分にあるリラックス効果に期待
仕事や家庭環境にイライラせずに
マイペースで過ごす安眠効果が高く
ぐっすり眠るビューティーアップには欠かせません。

 

  • スイカ

LoggaWiggler / Pixabay

注目の成分はシトルリン
血流を良くするので体が軽くなる感じがします。
冷えも改善さらに抗酸化作用が肌傷つける活性酸素を除去します。

 

  • グレープフルーツ

爽やかな酸味の正体クエン酸は
細胞の新陳代謝を活発にする
アンチエイジングパワーが強力に発揮
細胞が老化しないということは
肌がみずみずしく保っているということ
特に古くなった角質をスムーズに剥がして
ターンオーバーを促進するので
美肌作りには欠かせません。

 

  • オレンジ

LoggaWiggler / Pixabay

柑橘系の代表としてビタミンC が豊富なイメージが強いですが
それだけでなくカロテンも豊富なので、
総合的なビューティーアップ効果が期待できます。
特に注目したいのは、抗酸化力が大きい。
アントシアニン肌の細胞イキイキとキープします
汎用性の高い果物の代表

-グリーンスムージーについて

Copyright© 運動せず簡単にダイエットする方法〜楽して痩せま専家〜 , 2018 AllRights Reserved.