痩せたいけど楽したい!運動は忙しくて無理!そんな人でもダイエット成功できてしまうなるほどと思える方法を紹介しています。

運動せず簡単にダイエットする方法〜楽して痩せま専家〜

楽して痩せる

運動をせずに下半身痩せ細くしたい脂肪取りたい

投稿日:2016年8月7日 更新日:

谷美玲ちゃんみたいなすらっとしたきれいな脚になりたい

 

「下半身だけ脂肪がついて細身のパンツやスカートがぱつんぱつんで恥ずかしい」

 

自分の足の太くて細くしたいと悩んでいませんか

 

  • 足が太いのがコンプレックス細くしたい
  • ジョギングとかスクワットしているのに全然足が細く改善されない
  • どうやったら足が細くなるの
  • 下半身太りがコンプレックス
  • 運動しているのに足が太くなるのが余計ひどくなった

 

下半身太りがコンプレックスの人多いですよね?
ですから足を細くするためにスクワットとかジョギングエステなどで
下半身トレーニングや美容効果を高めていますよね。

 

ですが、ちょっと待ってください。

 

足を細くするためには有酸素運動やスクワットを行い、足の筋肉を活性化させて細くさせる

 

そんなふうに考えていませんか?

 

実は下半身太りを解消するにはジョギングやスクワットなどの運動をする必要がないのです。

 

ましてや、ジョギングで長い距離を走れば
自然と足が細くなるということもありません。

 

実際、下半身太りは
運動が下半身のコンプレックスに磨きをかける場合があるのです。

 

先天性の下半身太りは矯正できない

多くの女性にとって切実実な悩みである下半身太り
体は細いのに何故か骨盤から下がむっちりしている。
これには様々な原因があります。

 

要因の一つは、骨格の大きさ長さ形などの先天的なものです。
ゴリラの骨盤から象の足が出てこないように
骨盤の大きさが違えば伸びてくる足の太さが同じということはありません。

 

「では骨盤のずれが下半身太りって何なのですか?」

 

整体で骨盤を矯正すれば痩せられないの?

下半身太りは骨盤の歪みが原因と言われる事もありますが
骨盤周りの関節が本来の位置より多少ずれたとしても
骨自体がぐにゃぐにゃ歪むことはありません。
また、整体などで正しい骨盤の位置に矯正できるということも物理的にありえません。

 

脚が太くなってしまう若い頃の原因って何?

骨格は20代までの成長期に形成されますから
その時行っていたスポーツの影響は受けやすいと言えます。
下半身が太いと悩まされる人は柔道やテニスバレーボールなど
下半身をかがめるような体制の運動を
学生時代の部活などで取り入れていた人は
がっちりとした下半身になりやすい傾向にあります。
ですから、もしお子さんをモデルにしてあげたい
そう思うのであればスポーツも選んであげる必要があります。

 

それを大人になってからどうにかしたいと言われても
それは私あと身長5センチ低くしたいですどうしたらいいですか?
と物理的に無理な問題を言っているものです。
残念ですが、このような骨格的な理由はどうしようもありません。

 

脚が太いのは後天的理由が大きい

ですが、下半身太りの原因は後天的な理由であることも多いのです。
後天的の場合はかなりの改善が期待できます。

正しくない立ち方、歩き方、重心の位置などや膝や骨盤周りの筋肉に余計な負担をかけているからです。

下半身太りを引き起こしている人はまず
立ち型を矯正するだけでも12週間で足の形がきれいに整ってきます。

 

脚を細くするならムダな運動は不要

足を細くしたいからといって安易に
ジョギングやスクワットなどを取り入れる人がいます。

 

「下半身を鍛えるのが一番じゃないのですか?」

 

下半身が太くなっている原因が誤った立ち方や歩き方であるとすれば
それをまず正しいフォームで行う必要があることです。

 

それを難しい運動で解決しようとするのはかなりのリスクを伴っています。
日常生活で正しい立ち型ができていない人が
運動で解決しようとするのは無謀と言えます。

 

日常の立ち姿勢や歩き方の負荷で
ももの外側やふくらはぎを太くしているのに、
よくない癖のまま負荷を上げた運動をすれば
さらに細くしたいところが太くさらにコンプレックスが助長されてしまうのは目に見えているでしょう。

 

下半身太りを改善するのは立つことを意識する

下半身太りをどうにかしたい場合は
自己流で足を鍛えようとするのではなく
今現在、無意識に行っている立つという動作を見直すところから始めてみましょう。

ポイントは骨盤の正しいポジションを知ること
母子球小指球かかとと足の裏全体に体重が乗るように意識します。
そうすることによりももに無理な負担をかけないので筋肉への負担が減ります。
ももが張って太くなっている人は
骨盤の位置を立ち型の改善で治すだけで下半身がスリムになります。

コツは立ってみて太ももが張らないように意識するだけです
普段立って力を抜いていてもなんか太ももに脚のどこかにハリがあるのは重心が悪いから
脚全体の力が抜ける立ち位置を足裏全体で調整してみましょう。

 

脚を細くする方法のコツ

これなら力が入らないというところを見つけたら
それを日常化できるように意識しましょう。

 

はじめは立つだけでも難しいかもしれませんが、
次第に慣れて意識せずできるようになります。

 

意識せず立てるようになったら今度は歩いてみてください。
脚こわばっているなと感じたら、力が入らないようにと意識することが重要です。
歩くのははじめでこそぎこちなくなりますが、
慣れてくると立つ行為同様に自然と慣れてきます。

 

このように慣れてくると脚に無駄な力が入らず
自然と脚が細くなってくれます。
今ままでクセずいてきた、立ち方や歩き方を見直すのは
お箸の持ち方を矯正するくらい面倒かもしれません。
ですが、運動もせず、高額な治療費や施術費用も必要ありません。
ゆっくりと自分のペースで改善すればどの方法よりも安くすみます。

 

まとめ

  • 下半身太りの原因は先天性と後天性の理由がある
  • 先天性は骨格の大きさ2左右され大人になってからどうにかしたいと言ってもどうしようもない
  • 後天性の原因の場合、改善可能太る原因は重心の一夜骨盤周りの筋肉に余計な負担をかけているから
  • もともとの姿勢が悪い状態で運動を行うと余計補足したいところが太くなる
  • 補足するのであれば、まず骨盤の正しいポジションを知り足の裏全体に体重がなるように意識する太ももに負荷がかからないような立ち方を意識すれば細くなる

 

先天性の下半身ぶとりは大人になった時点でどうすることもできませんが、
後天性の足が太くなる原因の場合、改善は可能です。

 

まずは自分自身の立つ、歩くこれを見直すことが重要です。

 

立っている時、足の裏に全体2台中がなるように意識することによって
太ももに負荷を減らすようにしましょう。

 

意識しながら立つというのはとても難しく集中力がいる行為です。

 

1日のうち数分だけでも自分が立つことを意識して行うと自然と骨盤の位置が強制されます。

-楽して痩せる

Copyright© 運動せず簡単にダイエットする方法〜楽して痩せま専家〜 , 2018 AllRights Reserved.