痩せたいけど楽したい!運動は忙しくて無理!そんな人でもダイエット成功できてしまうなるほどと思える方法を紹介しています。

運動せず簡単にダイエットする方法〜楽して痩せま専家〜

楽して痩せる

チョコレート食べながら痩せる太らないための2つの方法

投稿日:

イエット中チョコレートが食べたくて食べたくて悩んでいませんか?

 

「運動も食事制限もするけど絶対にチョコレートだけはやめられない」

 

  • ダイエット中はチョコレートなんてもってのほか
  • チョコレートが原因でダイエット毎回失敗してしまう
  • チョコレートの誘惑さえ打ち勝てば、絶対痩せることができるのに

 

ダイエット中チョコレートを立つということは確かに辛いことですよね。

 

ですが、ちょっと待ってみてください。

 

ダイエット中は絶対にチョコレートを食べてはダメ

 

そんなふうに考えていませんか?

 

実はダイエット中だとしてもチョコレートを食べてはいけないということはないんです

 

ましてや、痩せるために一生を自分はチョコレートを食べてはいけない
ということも一切ありません。

 

実はダイエット中でも大丈夫なチョコレートも食べ方や選び方があるのです。

 

そのチョコレートは太らせてしまうチョコレートもどきかも

私の周りのダイエット実践されている人たちの多くにも
チョコレートだけはやめられないという女性が少なくありません。

 

「ダイエット成功してる人も失敗してる人もチョコ好きは多いですね」

 

ですが、あなたが絶対にやめられないと、
こよなく愛しているチョコレートは実は偽物である可能性が大きいのです。

 

まずは家にあるチョコレート菓子のパッケージの裏面を見てください。
コンビニエンスストアやスーパーなどで販売されている
安いチョコレート菓子のほとんどは
原材料名の上部に砂糖と書いてあるはずです。

 

注目すべきことは、
食品の材料表示は多く含まれているものから順番に記載されています。
そのため、そこを見れば、
この食品が本当は何がしたいでできているのか一目瞭然なのです。
チョコレートだからと見た目やパッケージにまどわされることもありません。

 

定番のチョコレートは太る原因砂糖まみれ

ちなみに某ロングセラーチョコレート菓子を見てみると
原材料の先頭には砂糖、
続いて2番目以降にカカオマスと記述されています。

 

このように一般的に出回っているチョコレートの主な成分は砂糖なんです
チョコレート本来の成分であるはずのカカオよりも砂糖の方が多いということです。

 

「砂糖が多いのにチョコレートって言っていいの?詐欺じゃあ…」

 

かといって、砂糖の方が多いからチョコレートではないとまではいませんし
楽しんで食べることを目的としているなら問題はない表記です。

 

しかしながら本当のチョコレートが好きなのであれば
チョコレート味の砂糖が好きなのかチョコレートが好きなのか
はっきりしておいた方が良いということです。

 

痩せるための太らないチョコレートとは

専門店や高級スーパーなどで販売されている
カカオ成分が多い本物のチョコレートは
どちらかというと甘みよりもビター感のあるものが主流です。

 

当然、チョコレートですから砂糖と脂質は多いのは間違いありません。
チョコレート味の砂糖よりカロリーは高くはありませんが
当然沢山食べてしまえば太ってしまいます。

 

ですが、抗酸化作用の高いポリフェノールを豊富に含んでいて、
豊富なカカオの味も楽しめます。
そのため少量でもチョコレートを食べた!
という満足感は高くなっています。

 

「安いコンビニのチョコよりデパートで買ったような高級チョコの方が満足感ありますよね」

 

どうしてもチョコレートがやめられないと言う人は
カカオ含有率70%以上の
本物のチョコレートを少量楽しむスタイルに変更してみませんか?

 

糖質が少ないチョコレートもダイエットに最適

また、最近のチョコレート商品でも
糖質を抑えた商品が販売されています。
表面のパッケージに糖質ゼロ、
砂糖不使用といった表記がされています。
こちらのひと包みあたりの糖質を目安に購入されるのも良いでしょう。

 

糖質が少ないからインスリンの分泌を抑え、
血糖値が上がらないからといって
チョコレートを食べても大丈夫と言う訳ではありません
ですが、絶対にチョコレートを食べてはいけない
ということからは解放されます。

 

このようなチョコレートは何個かに分けられていますので、
1袋程度であれば1日2食べてもさほど問題はないでしょう。
食べないのがストレスに感じるのであればむしろ食べるべきなのです。

 

食べるときは噛んで飲み込むのではなく
口の中の温度でゆっくり溶かしながら
チョコレートの甘みやカカオのビターな苦味を楽しみながら
ゆっくりと味わうようにすると少量でも満足感もアップします

 

まとめ

  • スーパーでやコンビニで売られているチョコレートは実は砂糖の方が含有量が多い
  • 含有量のチェックは原材料名をチェックし、砂糖が多いが、カカオマスが多いかチェックすると良い。
  • チョコレートを食べるのであれば、カカオ含有量70%以上も本物のチョコレートを食べる。しかも少量が良い
  • 商品の中には糖質オフや糖質カットといったチョコレートも販売されている。こちらを。購入し、少量食べると満足感も高い。

 

ダイエットというと甘いものは絶対食べてはいけない
チョコレートなんてもってのほか。
なんて言われることはよくあります。
確かに痩せるのであれば、
チョコレートの糖質の多さや脂肪分の高さはダイエットにとって天敵となってしまいます。

 

ですが、ダイエットを1ヶ月3ヶ月1年3年一生と続けるのであれば
チョコレートを絶対食べないというルールを設けるということは
精神的に非常に辛い行為なのです。

 

自分が好きで好きでたまらないものを一生食べてはいけないとなると
非常に強いストレスでダイエットどころではなくなってしまいますです

 

ですから、ちゃんとしたチョコレートをちょっとだけ食べる
糖質が少ないチョコレートをちょっとだけ食べる
などといった工夫を行うことで、
チョコレート食べられないという衝動を和らげることはできるのです。

 

こうすることによってダイエット中でも
「チョコレートは食べていいんだ」
と思えるようになり、日常的に行うダイエットが
より当たり前自然に行うことができるようになるのです。

 

ですからチョコレート以外でもどうしても食べたいという食べ物があれば
無理して制限するのではなくちょっとだけ食べるという選択も重要なのです。

-楽して痩せる

Copyright© 運動せず簡単にダイエットする方法〜楽して痩せま専家〜 , 2018 AllRights Reserved.