痩せたいけど楽したい!運動は忙しくて無理!そんな人でもダイエット成功できてしまうなるほどと思える方法を紹介しています。

運動せず簡単にダイエットする方法〜楽して痩せま専家〜

楽して痩せる

お菓子を食べながら痩せる3つのルール

投稿日:2016年8月9日 更新日:

イエット中お菓子が食べられなくて悩んでいませんか?

 

「ダイエットをして食事は制限できるけどお菓子だけは我慢することができません。」

 

  • お菓子地酒は抜かずにダイエットできる方法が知りたい
  • お菓子を抜いたダイエットなんて地獄マジ無理
  • お菓子を抜くことなんて無理だし私はダイエットできないのかな
  • お菓子抜くとダイエット成功したことが無い

 

女性の多くの人はお菓子だけは食べたいという人が多いですよね。
ですがダイエット中はお菓子が食べられずストレスが溜まってしまいますよね。

 

ですが、ちょっと待ってください。

 

ダイエット中はお菓子を食べたらだめ痩せるのであればお菓子なんてもってのほか。
糖質も脂質も高くて太る原因!食べちゃ駄目

 

そんなふうに考えていませんか?

 

実はダイエット中だとしても、
お菓子を食べてはいけないなんてことはないのです

 

ましてや、痩せるのであれば、
一生お菓子を食べないお菓子から決別をするなんてもってのほかです。

 

実はお菓子を食べながらでも痩せる事ができる方法があるのです。

 

tabesugi

 

お菓子を食べて精神的安定を得られるなら止める必要無し

実はお菓子を食べてもいいのです。
痩せることが可能です。
というと、今まで行ってきたこちらのコンテンツと矛
盾していないかと思われるかもしれません。

 

そうではなく言いたいことは考え方にあるのです。
あるいは嗜好品との付き合い方が問題だということ
嗜好品やジャンクフードの悪影響は散々説明していますが、
やめられないものは一つや2つあるのではないでしょうか。
これを完全に絶つのはむしろフラストレーションを溜める結果となってしまい
余計食べ過ぎてしまうこととなってしまいます

 

ですからそれだったらこれを食べたら次の食事で調整する。
週に一度だけリミット外すなど
ルールを決めた方がずっと現実的であり、
ストレスフリーですもともと高カロリーなのですから、
食べる量さえ減らせば完全にやめることがなくても
結果ば緩やかに痩せる効果が出始めるはずです
よくあるお菓子を一切断ってこんなに我慢しているのに痩せないなんてという
ヤケクソ状態からリバウンドを起こしてしまう確率も今よりぐっと下がるでしょう。

 

「そうなんです、我慢して食べちゃだめ食べちゃだめってしてたら急に爆発しちゃうんですよね」

 

どんな意思が強い人でも我慢し続けるのは難しいのです。

 

 

甘いものを欲してしまうそれが痩せのサインだった!

皆さんは学校帰りや仕事帰りコンビニに立ち寄って
甘いものを買いたくなる衝動にかられることはありませんか?
これはすなわち体が糖を欲しており血糖値を上げたくなっている生理的欲求なのです。

 

「そう!疲れると急に頭の中に甘いものが想像してくるんです。」

 

ただしこの生理的欲求は少し時間がたてば収縮してきます。

 

人間は低血糖のままでは生きられません
エネルギー不足に陥ったとき人間の体内では
グルカゴン、アドレナリン、コルチゾールといったホルモンが分泌され、
体内で脂肪や筋肉を分解し糖を合成し、血糖値を安定させるです。

 

人間は古来まで多くの時代で飢餓と戦って生きてきました
糖質主体の時代糖質過多の食べ物主体になってからまだ100年も経っていないくらいです。

 

「もっと昔から糖質主体だと思ってました。」

 

それまではお腹がすいて血糖値が下がることは日常茶飯事でした。
そんな時は体に溜め込んだ体脂肪を活動エネルギーの主体に変えて血糖値を安定させる
本来人間は低血糖に耐えられる強い生き物なのです。

 

「甘いもの無いと死んじゃうって気のせいだったのですね」

 

つまりは甘いものが食べたいということは血糖値を上げたくなっている
低血糖の時こそ体脂肪を燃やしているという前フリです。

お腹がすいている状態こそ脂肪燃焼を促進している時間帯という訳のです。
しかもお腹が最もすいている時間を越えてしばらくすると、
さっきより治まっていると感じることはありませんか?

それはまさに今まで溜め込んでいた体脂肪がエネルギーの主体となり
血糖値を安定させている状態なのです。
ですから、甘いものが食べたいという脳の際には
今から脂肪を燃やすぞというサインになるのです。

こう考えると、甘いものへの欲求をぐっとこらえるのも楽しくなってきませんか?

 

お菓子と仲良くダイエットしながら付き合う三つのルール

  • 1人で食べない

1人の時は、様々な誘惑に負けがちです
今日は特別だからもうひとつだけなど
自分にその時だけの甘えを許してしまったり
美味しさを味わうのではなく、
何時だから食べようと惰性で食べてしまったりなど
知らず知らずのうちにものすごく自分に甘くなっていたりします。

私ダイエットしているんだとダイエットをしていると周りに公言していても
誰かと食事を一緒にする大切な時間位はある程度お菓子を許してあげても良いです

 

  • 惰性で食べないし

ダイエットにふさわしくない危険な食べグセとして惰性食べというのがあります。
小分けのひと袋やひと箱のパッケージだと
キリがいいところまで食べてしまう
何度かに分けて食べる予定でジャンボパックを買ったとしても
一気に食べてしまったりしていませんか?

 

一度開けてしまったポテトチップスなどのスナック菓子
最初の一口は確かに美味しいと思っていても
おそらく半分以上はおいしいと思うよりもただ惰性で食べていることがほとんどです。

 

味覚や嗜好の満足はとっくに達成しているのに
とりあえず食べきろうとかもったいないとか、
なんとなくなどの理由で食べきってしまう

 

そこで理性を働かせ、しっかりストップを聞かせられる精神力があれば苦労はしません。
そのため、あらかじめ買うときはその日の量を決めておく
いつもより小さいサイズを買う。
そもそも買わないなどの選択肢を行うようにしましょう。

 

  • コンビニ行かない

とりあえず、とか、なんとなくとか用もないのにコンビニに行くのはやめましょう。
いいことなんて一つもありません。

 

そもそも食べてしまうのを買ってしまうからです。
買ってしまうとは言ってしまうからです。
24時間営業のコンビニに理由もなくふらっと寄ってしまうのはやめましょう。

 

食べ物は買い置きをしないすぐ食べる分使う分しか買わないなど
食べられるものが常に身近にある環境をまず変えましょう。
特にすぐ食べられる食品はおかず調理が必要な食材を多くおくようにしましょう。

 

まとめ

  • お菓子は食べて良いですですが食べたら次の食事で調整することや週に一度だけなどといったルールを決めた方が良いです。
  • 完全にお菓子をたってしまうとフラストレーションが溜まってやけくそ状態からのリバウンドを引き起こしかねません。
  • 甘いものが食べたいと感じるときは一番脂肪が燃焼する時間帯我慢すればするほど、脂肪が燃えているタイムです
  • お菓子は1人で食べない惰性で食べないコンビニへ行かない

ダイエットを実践されてる人
特に女性はお菓子だけはやめられない
お菓子だけでダイエットがしたいという人も多くいます。

 

ですが基本的に食事を中心に行うようにし、
理想お菓子はあくまで嗜好品
溜まったストレスを解放するためのアイテムの一つとして食べるのが良いでしょう。

 

一番いけないのは痩せるためだからと言って
お菓子を今まで食べていたも全く食べなくなり
それを1ヶ月頑張って続けるということ

 

そのまま一生おやつを食べないで生きていければ良いですが
いつか貯めていたフラストレーションが溜外れてしまい
ドカ食いを行い、リバウンドしてしまいます

 

そうならないためにお菓子というものは重要
少量で満足感の高いお菓子をちょっとずつ食べれば
必ず痩せていくことができます。
しかも、ストレスフリーでできるので、無理なく続けられます。

食べ過ぎも無かったことにできる簡単な方法とは

ダイエットをして痩せたいのであれば余計なものを食べるのはやめたほうがいいです。

しかし、付き合いだったりストレスだったり、食べる事が好きだったり
なかなか食べ過ぎをやめるというのは難しいもの。

「食事を抜いたり我慢したりするのは余計食べたくなってしまう」
これがダイエットがうまくいかなり原因です。

「好きなものを食べても脂肪が付かないようにする」
これがダイエットでまずやるべきことなのです。

こちらの記事では
「食べ過ぎてしまった場合や食べ過ぎてしまう場合のリセットできる様々なアイテム」
を紹介しています。

⇒食べ過ぎを無かったことにするアイテムまとめ

-楽して痩せる

Copyright© 運動せず簡単にダイエットする方法〜楽して痩せま専家〜 , 2018 AllRights Reserved.