痩せたいけど楽したい!運動は忙しくて無理!そんな人でもダイエット成功できてしまうなるほどと思える方法を紹介しています。

運動せず簡単にダイエットする方法〜楽して痩せま専家〜

楽して痩せる

ダイエット中の加工食品との正しい付き合い方

投稿日:

ダイエットをするとき加工食品って身体に悪いんでしょ?避けなきゃだけど忙しいし無理と感じていませんか?

 

「加工食品絶対避けるような食事って難しい!だからダイエット無理」

 

  • 加工食品を避けたダイエットなんて無理と思っている
  • 仕事が忙しくて加工食品中心の食生活になっている
  • 加工食品とダイエットどうやって付き合えばいいの?
  • 痩せるための食べ物の選び方もうちょい簡単に知りたい
  • 低カロリー食品を買ってダイエットしたのに太ってしまった

ダイエット中の加工食品ってダイエットにふさわしくないんでしょ
じゃあ何を食べたらいいかと不安になりますよね。

 

ですが、ちょっと待ってください

 

ダイエット加工食品は避けなきゃ駄目。

 

そんなふうに考えていませんか

 

実加工食品も使い方によってはダイエットに有効な場合があるのです。

 

むしろ

 

加工食品のほうがダイエットに向いているという人もいるのです。

 

加工食品は表の表記より裏の原材料と栄養成分が重要

野菜など普通の食品は産地や鮮度を気にする人も多いかと思いますが
お弁当やレトルト食品など加工食品でも気にしてほしいことがあります。
それは裏面原材料や栄養成分などが表記されたところです。

 

とくにデカデカと表のパッケージに商品名やコピーに書かれていることが、
必ずしもプロの商品ラベルに書いてある
原材料や栄養成分とかけ離れている場合も多くあります。

 

「アサイードリンクといって主な成分はグレープフルーツだったなんてこともありますね。」

 

原材料名は多く使われているものから順番に記載されていますから。
何が含まれている食材なのかは一目瞭然です。
加工食品を選ぶときは、できるだけ内容がシンプルなものを選ぶようにしましょう。

 

健康を謳った食品も添加物まみれの場合もある

健康効果00配合と書かれていても微々たる量しか入っていないことというのはざらにあります。
いかにも健康そうなパッケージでありながら
科学調味料がたくさん使われているということも多くあります。

 

そもそもなぜ加工食品がこのように詳細に記載をしているのかというと、
それがいったい何からどのように作られているかが
見た目では全くわからないことが多いためです。
つまりはそれを見てしっかり判断するのは消費者である貴方の自己責任なんです

 

加工食品の良いところは栄養素や原材料の明記がちゃんとしている

こういった加工食品は親切にも
エネルギーから炭水化物タンパク質脂質など三大栄養素の量まで記載されているのですから
これに関しては非常に便利です。
ダイエット中、吟味して選ぶことも可能だからです。

 

他にも表記では
無添加
トクホ
ノンコレステロール
グルテンフリー
など様々な記載がされていますが
実際それらが本当にイメージする通りなのかは
知識さえあれば原材料と栄養成分を見ればすぐにかかってしまいます。

 

ダイエット目的を謳った商品も疑ってかかろう

ダイエットを目的に作られた商品お手にとって見ると
ヘルシーしそうに見えて意外と炭水化物が多いとか
自然の味と記載されているのにグルタミン酸ナトリウムが使われているとか
パッケージは自然を歌っているそして値段が高い割にはトランス脂肪酸を使用した
マーガリンが入っているな、など本来不要なものがわざわざ入っている場合があります
正しい知識を身に着ければ加工食品の本質がすぐにわかります。

 

そもそも加工食品は身体に安全なのか

加工食品は食中毒や添加物による発がん性などに関しては厳しくチェックがされています
特に食品添加物はADI(1日摂取許容量)という。
人がその一生涯で、その物質を毎日食べ続けたとしても
健康への悪影響がないとされる推定量の範囲内でしか使用されていませんから
日本の加工食品と言うものは他の国と比較しても比較的安全と言えます。

 
かといって、安全だから体に影響がないからと過剰に摂取しすぎることが
必ずしも良いというわけではありません。

 

食品添加物の必要性とは

なぜ食品添加物が必要なのか
その原材料となるものが長い時間保存できるようにするためだったり
もともとも原材料を美味しくさせるためだったり
見た目を良くするための色づけ美味しい匂いをさせる香料など
なぜそれを入れなければいけなかったのかがうっすら理解できるようになります。

 

本当にその食べ物はどぎつい色の着色料や香料が必要だったのか
主観も自分の考えも律儀ではありますが
食品ラベルをちゃんと見ることでを持っテのパッケージには、
その食品の本当の姿を知ることができるのです

 

加工食品を全面的に否定するわけではありませんが
体に悪いものを食べないというより、何を食べているか自覚するという意味で、
食品ラベルをしっかり見てから加工食品を買う癖をつけましょう。

 

添加物や内容量栄養素を意識した買い方を意識すると痩せる

このように意識して身体によいものを選ぶような買い方をすると
食べるものも自ずと変わってきます。
さらには、ただ価格の安い高いだけではなく
広告や原価などの商業的なカラクリも少しはできるようになり
食費の使い方も変わってきます。
自ずと身体良いものを選ぶようになり、身体によくないものは自然と離れていきます。
その結果自然と痩せていくことになります。

 

ですが、加工食品ばかり食べていると本当に何を食べてるかわからりません。
そのため何度か自分で作ってみてこの料理は何を使っているのか理解してみると
その加工食品がなんでその添加物を入れたか理解しやすくなります。

 

まとめ

  • 加工食品を買うときは裏の原材料や栄養成分をチェックすると良い
  • 表のパッケージに健康効果をうたっていても、少量しか入っていない音や自然食品と言いながら化学調味料が入っていることもあるそのため食品ラベルをよく見ることが重要。
  • 加工食品は安全性からおと言えば安全なものですが過剰に摂取しすぎるのはよくない
  • 食品添加物の必要性は保存味の調整見た目などを高めるために使用している

加工食品の良いところがエネルギーや栄養素原材料がちゃんと表記 されていることです。
ですからまず何かを食べたいときは裏のパッケージの原材料名や栄養成分をチェックして
購入すると良いでしょう。

 

特にダイエット中注目すべきところは炭水化物です
炭水化物の量がヘルシーと謳っている商品なのに異常に高かったりする場合があります

 

ですから、まずは衝動買いせず見た目に騙されず
原材料や栄養成分をチェックしてから購入するだけで
太らないための食べ物も選び方ができるのです。

-楽して痩せる

Copyright© 運動せず簡単にダイエットする方法〜楽して痩せま専家〜 , 2018 AllRights Reserved.