痩せたいけど楽したい!運動は忙しくて無理!そんな人でもダイエット成功できてしまうなるほどと思える方法を紹介しています。

運動せず簡単にダイエットする方法〜楽して痩せま専家〜

楽して痩せる

運動せず-3kg即効痩せるならプチ糖質制限ダイエットの効果がヤバイ

投稿日:

しいあなた運動せず痩せられないかと考えていませんか?

 

「運動は苦手だけど痩せなきゃいけないどうにかしなくちゃ」

 

  • 運動はしたくないんだけどダイエットしたい
  • どんなダイエット食品やサプリメントを試して見たけどどれもうまくいかなかった
  • 運動を続けて痩せたけどやめたらまた戻ってしまった運動しなくても痩せる方法が知りたいな
  • 太っていて外に出るのも恥ずかしいまずは人に見られる身体になりたい

みなさん、どうにかして痩せたいと切に願っていますよね。
人によっては食事制限したり運動を行ったり努力はしていても
仕事やストレス家庭環境などで挫折せざるを得なくなり、
継続できないことが多くありますよね。

 

でもちょっと待ってください。

 

痩せるのであれば、必ず運動はしなくてはいけない

 

痩せるためには食べる量を減らさなければならない

 

そんなふうに考えていませんか?

 

実は痩せるために絶対に運動をする必要がある。と言うわけではないです。

 

ましてや、痩せるために食事の量を減らしたり、回数を減らしたりということも必要ないのです。

 

プチ糖質制限では運動も食事の量や回数を減らす必要もなく
ガッツリと痩せることができるダイエット方法なのです。

 

糖質制限の本来の目的とは

そもそも糖質制限とは、
もともとは糖尿病患者のための食事療法として取り入れられた方法なんです

 

高血糖による糖尿病の合併症を防ぐために
栄養素の中で唯一血糖値を上昇させる糖質を完全に抜いた食事をしましょう。

 

これ以上血管にダメージを与えなくさせ、
末端の壊死や視神経ダメージを軽減させ
機能を低下させることを防ぎましょうと言うのが本来の目的です。

 

「医療行為として認められているんですね」

 

ダイエットのための糖質制限とは

皆さまが興味を抱いている痩せるためのダイエット目的の糖質制限とは
食事面で余剰エネルギーになりやすい糖質を可能な限りカットして
血管中の血糖値を上げず
肥満ホルモンであるインスリンおなるべく出さない食生活を目指すものです

 

そのためには糖質の代用としてご飯やパスタパンではなく
肉類豆類などのタンパク質と脂質を中心とした食生活に切り替えましょう
という非常に単純な方法です。

 

「本当に数行で説明できる簡単な方法なんですね」

 

ただし糖質を減らした分タンパク質や脂質の量を増やしましょう。
というところに大きな注意点があります

 

糖質制限の痩せるメカニズム

厚生労働省と農林水産省が推奨する食事バランスガイドでは
三大栄養素も1日の摂取割合PFC バランスが
炭水化物60%脂質25%タンパク質15%となるよう推奨されています。
このバランスはいわゆるご飯と一汁三菜という定食に近い食事の割合となっています。

 

糖質制限の場合PFC バランスの割合を変えて炭水化物の量を減らしていきます
とはいえ仮に主食であるご飯を抜いたとしても
おかずの野菜などに含まれている糖質は
調味料みりんや少量の砂糖などで摂取することになるため絶対に糖質はゼロにはなりません。

 

よく糖質を減らしても大丈夫なのですか?
脳はブドウ糖でしか動かないのに糖質をカットしてしまうと頭が動かないのではないのですか?
とよく聞かれます。

 

ですが糖質は必須栄養素ではありません。
つまりは必須栄養素ではないということは
糖質は別のものを代用して体内で合成できるということです

 

糖質の代用エネルギーであるケトン体や脂肪酸が主体で働いてくれれば
糖質を使う量はさほど多くなくても生きていけます。
当然、頭が働かない頭脳労働ができないということもありません。

 

若干極端な考えかたなので完全な糖質カットはしない方が良いかもしれませんが
私たちの食事にとっては、必須栄養素ではない糖質よりも
もっと大切な他の栄養素を積極的に摂取していった方が重要なのです。

 

ダイエットをしてお腹や太もも、
お尻などについた余分な体脂肪を落としていきたいという人たちにこそ
この糖質制限を実行をして欲しいと考えています

 

特に運動が嫌い運動はしたくない食べるだけで痩せたいというような人は
消費カロリーが少ないわけですからできるだけ糖質を減らした方が良いのです。

 

糖質制限のデメリット

優秀そうな糖質制限ですが、弊害もあります
糖質の代わりに多く食べるのはタンパク質です
このタンパク質をいつもの生活よりたくさん摂取する必要があるのですが
どうしてもついてくるのは飽和脂肪酸です。
糖質制限はまた注目された方法で
長期的なエビデンスはしっかりしていないというところが本当です。
結果的に飽和脂肪酸の摂りすぎになるのなら注意していきたいところです

 

糖質制限で飽和脂肪酸の摂り過ぎを予防する方法

要は脂肪酸の摂りすぎを予防するためにも、プチ糖質制限をおすすめしています
摂取カロリー全体を減らすことを目的とした中で
全体の食事量を等分に減らすのではなく
まずは太る原因となる糖質から減らして
その減らした分をタンパク質で補うように接種しましょうという方法です。

 

この方法は3回の食事のうち一食主食を抜くだけというルールです。
全体の量を減らすよりもこの方がシンプルかつ精神的にも負担が少ない方法です。
朝昼晩のそれで主食を抜くかはその人もライフスタイルもありますので、
一番ストレスもないところで行いましょう。
可能であれば夕食のご飯を抜いてたんぱく質を多くとるようにすれば
ダイエット効果は一番高くなります。
この方法だけでも食事だけでマイナス3kg人によっては簡単に達成されるのです。

 

プチ糖質制限三つのルール

間食をしている人は、PFC バランスからまず始める間食をまずやめることが先決。

食べ順ダイエットで主食である炭水化物の食べる量を抑制し
炭水化物の中でも太りにくいGI 食品が低いものを選んでいく努力を行う。

糖質を摂らない代わりにたんぱく質をしっかり補う。
目安としてはたんぱく質は通常の1.5倍程度
これはダイエット中脂肪の燃焼と同時に筋肉も燃焼されてしまうカタボリック症状を防ぐため

 

プチ糖質制限補足

炭水化物を減らしてタンパク質と脂質を増やすということは
相対的におかずの量が増えることです。
そうするとどうしても魚より肉の割合が多くなります。

 

肉に多く含まれるのは飽和脂肪酸やオメガ6など取りすぎると
体に悪い影響を及ぼす油ですおたべおかずを増やすのはかまいませんが
可能な限り積極的に魚特に青魚を取り入れるなどもおかずのチョイスにも気を配りましょう。

 

まとめ

  • 糖質制限はもともと医療行為を目的とした糖尿病患者のための食事療法
  • ダイエット目的の糖質制限は糖質の代わりにたんぱく質と脂質を中心とした食生活に切り替える方法
  • 糖質制限を行っても糖質不足に悩まされるつまりは低血糖を見誤っされることはない代用エネルギーであるケトン体や脂肪酸が主体で働いてくれる
  • 糖質制限でのたんぱく質の取りすぎによるほーは脂肪酸の同時摂取は注意したいと
  • お勧めはプチ糖質制限3回の食事のうち一食昼食を抜く代わりにたんぱく質を食べるという食事をする
  • プチ糖質制限中はお肉の量が増えがちなので青魚を積極的に取り入れるなどおかずをチョイスには気を配るようにする

糖質制限ダイエットと言うものは非常に簡単な方法で
普段食べている糖質をカットするダイエット方法になります
口では言うのは簡単ですが
今まで食べていた食生活をガラリと変える必要が出てくるのは
糖質制限ダイエットのデメリットです

 

今回提案した縁糖質制限は三食のうち一食を主食を抜いて
タンパク質の食品に置き換えるという方法です。
食事の量や回数は変わりませんが
今まで過剰に摂取していた糖質を減らすことができるので
運動を一切行わなくても嘘だろお前と言うくらい痩せる効果が期待できます

 

それだけ糖質と言うものは身近にありながら、
太りやすくなってしまう栄養素なのです。
糖質さえコントロールできるような食生活を送ることができれば
それはもうダイエット成功したようなものです
まずは無理なく一色からプチ糖質制限始めてみてはどうでしょうか

-楽して痩せる

Copyright© 運動せず簡単にダイエットする方法〜楽して痩せま専家〜 , 2018 AllRights Reserved.