痩せたいけど楽したい!運動は忙しくて無理!そんな人でもダイエット成功できてしまうなるほどと思える方法を紹介しています。

運動せず簡単にダイエットする方法〜楽して痩せま専家〜

楽して痩せる

【ダイエット】痩せる目的太らないコンビニの利用方法

投稿日:

ンビニエンスストアというのはいつも空いていて、様々な食品が手に入るので毎日ついつい言ってしまいますよね。でも、様々な誘惑が多くてついついいろんな食べ物を買いすぎていませんか?

 

「夜中のコンビニは誘惑が多くてマジ困るコンビニがあるせいでダイエットがうまくいかない」

 

  • 毎日コンビニを利用してしまう
  • コンビニに行くとついつい買いすぎてしまう
  • 仕事柄コンビニしか回りに開いていない
  • 近くにコンビニが出来て太ってしまった

 

コンビニの新商品の誘惑ってほんとに魅力的ですよね。
新作の商品とか見るとついつい手にとってしまいがちです。

 

ですが、ちょっと待ってください。

 

コンビニを利用し続けたらダイエットはうまくいかない

 

そんなふうに考えていませんか?

 

実はコンビニも正しい使い方をすればダイエットに役立つお店なんです

 

コンビニで買っても良い食品買わない方が良い食品これを選べる目があれば
毎日コンビニへ行ったとしても痩せることは出来るんです

 

コンビニエンスストアは夜中や時間がないときにランチや
飲み物またまたコンビニ限定の商品を買うために利用する便利な施設です

 

この時コンビニで買う食べ物や周り方ダイエットに役立つ方法を教えます

 

パンコーナーに買うものは一切無し

パンコーナーここでかうべきもの食べるべきものは基本的に一つもありません。
パンは単なるエネルギーにしかならない食べ物が並んでいるわけですから
痩せることダイエットが目的の人にとっては必要ないものなのです。

 

パンは非常食としてはいいかもしれませんが
これは食事をするための食べ物というよりは嗜好品おやつと同じです。
原材料は小麦と、食物性油脂、さらにたくさんの砂糖が使用されていることもあります

 

塩気のあるお惣菜パンでも加工肉や揚げ物マヨネーズなどで
味付されていますので必要な栄養素も摂取しづらくなっています

 

そしてコンビニで販売されているパンの原材料はほぼ必ず
マーガリンやショートニング、ファットスプレッドも表示があります
これらは食べる優先順位を下げたい食品の一つです。

 

パンと言うものは、ただ美味しいだけで栄養価は低く食べやすいわりには消化がよく、
すぐにお腹がすいてしまいます

 

「お腹すいて二個も三個も食べてるって人いるけどヤバイですね」
どうしてもパンが食べたくて仕方ないのであれば
コンビニ行ってはなく自分のところで焼いている美味しいパン屋さんで良いものを買いましょう。

 

カップラーメン・お菓子コーナーも不必要

次に言わずもが名ですが、カップ麺お菓子などの箱などに入った
パッケージ食品のコーナー、アイスコーナー、お菓子コーナー
これらを常食してダイエットはできませんし、お腹がすいて倒れるかもしれないと
買い置きの必要もありません。
新作が多くあり気になるかもしれませんがまずは立ち入らないことです。

 

缶詰のコーナーは魚の缶詰など利用できるものがあります。
味付けが濃すぎるものやお酒のおつまみ用に作られた商品が多いのですが、
これはある程度の妥協するか水煮缶など無難なものを選択すると良いでしょう。

 

コンビニで行くべきコーナー

どこへ行くかというと、惣菜コーナーです
ここには野菜や果物が販売されている場合があります。
バナナなど手軽に食べられるフルーツ、生野菜、納豆、ゆで卵など。
原型のある食べ物があるのはこのコーナーです

 

最近はコンビニ独自ブランドの惣菜が販売されています。
添加物等の心配はありますが割とシンプルに作られているものもあります。
一人暮らしの人のことを考えてかバリエーションも豊富となっています。

 

単品のお弁当を買うよりもお惣菜で何を食べるかチョイスした方が
ダイエットしやすいです。
お勧めはパウチされた煮魚、もしくは焼き魚やサラダチキン
タンパク質も豊富で作りもし味も良く、お勧めです。

 

コンビニで食べ物を買う基準

普段の食事からタンパク質の摂取が重要なのと同じで
コンビニで物を買う基準は様子がタンパク質を買うところから始めましょう。
一番まともにタンパク質が入っていておいしい食品が売られているのが
お惣菜のコーナーですまずはここでタンパク質おめに確保しましょう。

 

ドリンクコーナー

様々な飲み物が置いてありますが、ここでも基本的に購入する物はありません。
購入するのであればお水お茶くらいです。

 

甘い清涼飲料水やフルーツジュースは全般的に飲んではいけません。
カロリー0の飲料もなるべく手を出さないようにしましょう。
コーヒーに関しても、砂糖やミルクが入っていないブラックなら大丈夫です

 

最近はコンビニでもスムージータイプのドリンクが販売されています。
一見ヘルシーそうダイエットに役立ちそうと思われがちですが
1本あたりの糖質量は約24g と非常に高く、約ごはんお茶碗半分
肥満ホルモンであるインスリンが多く分泌されやすい飲料なのです。
ですから、ダイエット目的としてはふさわしくない飲み物なんです。

 

お弁当コーナー

お弁当コーナーも危険です。
ボリューム重視のBIG カツ弁当や丼ものパスタうどん、ラーメンなど
炭水化物の量が以上にまで多く胃袋だけは十分に満たされるかもしれませんが
カロリー炭水化物脂質たんぱく質の割合を厳密にチェックした方が良いです。
お弁当に関しては基本買うべきではないものです。
よくバランス弁当と謳った製品もありますが
基本は炭水化物を中心に作られているためダイエット向きな食事ではありません。

 

意外と便利なコーナー

お酒のおつまみコーナーは意外とダイエットに関しては便利です。
塩分の入っていない無縁のナッツ類はおやつとして優秀
スルメなどは口が寂しい時に噛むと良い高タンパクで低カロリーな食品です

 

レジ前のコーナー

レジ前にある揚げ物などは買わない方が良いです
何度も使われた酸化した油であげた上でさらに長時間保存して製品が酸化しています
高カロリーで、さらにオメガ6の揚げ物類を食べるのであれば
専門店で揚げ物を食べた方がはるかに良いです。

 

おでんは一見ヘルシーに思われがちですが
練り物製品と言うのは思った以上に糖質が多いので避けるべきです。
おでんを食べるのであれば卵大根こんにゃく、豆腐、昆布巻き、牛すじなどの素材にしましょう。

 

まとめ

  • パンコーナーカップラーメンのコーナーは見る必要なし。
  • 行くべきはお惣菜コーナー選ぶ基準はタンパク質が多いかどうか糖質が少ないかどうかお勧めはサラダチキンや焼き魚、煮魚など加工が少ないシンプルな食品を選ぶようにする
  • 飲み物コーナーは水かお茶。それ以外は購入しないようにする
  • お弁当コーナーでは、購入するものはなし
  • お酒のおつまみコーナーはナッツ類乾物などがおすすめ
  • レジ前にあるコーナーはおでん練り物は避けること

ダイエット中のコンビニの利用方法は
食品添加物の少ない
パウチの魚や素材卵納豆生野菜のサラダお茶水これくらいにとどめておきましょう。

 

コンビニ食は栄養不足になりがちと言われますがそんなことがありません。
たんぱく質の摂取を重点において出来る限り「まごはやさしい」に近づけていくことが大切です。

 

コンビニでは新作のスイーツやお弁当カップラーメンなど誘惑は多いかもしれませんが、
ダイエットに関しては不要なものです。

 

「あ、こんなものが発売されたんだ」

 

程度の認識に捉えるようにしましょう。

-楽して痩せる

Copyright© 運動せず簡単にダイエットする方法〜楽して痩せま専家〜 , 2018 AllRights Reserved.