痩せたいけど楽したい!運動は忙しくて無理!そんな人でもダイエット成功できてしまうなるほどと思える方法を紹介しています。

運動せず簡単にダイエットする方法〜楽して痩せま専家〜

40代からのダイエット

年を取ると太りやすくなるのはなんで?中年以降痩せやすくできるの?

投稿日:2016年9月1日 更新日:

 

年を取ると太りやすくなったと実感しますよね。

久しぶりに会う同世代の友人も急激な太ったなんて人割と多いんです。

年を取ると太りやすいのは、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が減ってしまったから。

 

エストロゲンは、脂肪の吸収を抑制したり、食べ過ぎを予防してくれていました。

太っている人はそれだけ痩せホルモンであるエストロゲンの分泌が悪くなっている証拠。

 

ですが年をとって太っていても、痩せホルモンであるエストロゲンの分泌を促せばすぐにダイエットの結果がでる体質に変わるようになれます。

そのためにもまずは脂肪について知っておきましょう。

 

同じ40代若く見えたり老けたり見える違いとは

 

それらには理由がありますこの時期エストロゲンの分泌が少なくなり始めるからです。

その影響で人によっては骨格や筋肉が衰えたり体力気力が弱くなります。

それが40代でも若い人40代で老ける人の差なのです。

ですからお尻やお腹が出始めたらオバサンっぽくなるのも時間の問題だと思わなければなりません。

 

見た目は老化速度のバロメーターなのです。

さらに太らない体はそれだけで生活習慣の予防にもなります。

「太らない体型であれば若く見えるのです」

関連記事:エストロゲンを増やした方法

 

今太っている場合老けてしまうの?

たとえすでに生活習慣病を患っていても太らない体をすればその改善がはかれます。

さらに50代や60代でお腹が出たとしても太らない体への改造は可能です。

この方法はアンチエイジング医療に基づくもので、肌にハリやツヤが戻るといった病的な若返りも間違いなく出来ます。

太らない体をつくる三つの習慣は

  • 食事
  • 睡眠
  • 運動

この三つを適切に行うだけで若返ることは可能です。

つまりは若返るということは健康的に痩せるということです。

これさえ行っていれば同じ世代の人たちに比べて若々しくいられるということです。

関連記事:毒素排出でマイナス10歳若返る5つの方法

 

 

年をとると太りやすくなるのはなぜ

体にはじっとしている時でも呼吸をしたり体温を保ったり心臓を動かしたりと体を維持するエネルギーが必要です。

これを基礎代謝といいます。

体を維持するエネルギーは主に筋肉で作られます。

 

しかし年をとると筋肉の量が減り筋肉も衰えてきます。

それで少し走っただけで足が上がらなくなったりひどい筋肉痛に悩まされたりするのです。

筋肉の量はマメに運動をしている人でも加齢に伴って減少してきます。

この筋肉量の減少が中年太りの根本的な原因なのです。

 

 

筋肉がどの程度減少するかは部位によって異なります。

例えば、腕の筋肉は年をとってもあまり減りませんが、体の中で最も大きい太ももの筋肉は、一般に40代では20代の約90%、60代では20代の約70%にまで減少するといわれています。

 

では、筋肉が減るとどうなるかというと、その分細くなるのでは有りません。

減った筋肉はその分脂肪に置き換わるのです。

これが体脂肪と呼ばれる脂肪です。

見た目が痩せていても、もしかしたらそれは筋肉が減少し脂肪に置き換わっているだけの場合もあるので注意しましょう。

関連記事:40代女性は本当に痩せないのでしょうか?

 

40代からの中高年は隠れ肥満が危ない

40代前後から隠れ肥満になる人が増えています。

わが国の基準では腹回りが男性で85cm 以上、女性で90cm 以上はあると内臓の周りに体脂肪がたまりすぎた内臓脂肪型肥満とみなされます。

この内臓脂肪型か危険な肥満なのです。

 

同じ肥満でも若い人も肥満のほとんどは皮下に脂肪が溜まる皮下脂肪型肥満です。

皮下脂肪は生活習慣の引き金にはなりません。

むしろ、いざという時に使えるように、エネルギーを貯めいたり体を保温したりする役目を持っています。

女性の場合妊娠出産には必要不可欠な脂肪なのです。

 

一方、内臓の周囲に溜まった体脂肪は、糖尿病や高血圧、動脈硬化、心臓病といった生活習慣病の原因になります。

高血圧脂質異常、血液中のコレステロールや中性脂肪が異常に多い状態高血糖値2つ以上の症状が重なった状態が俗に言うメタボです。

40歳あたりから体重は標準の範囲でも体脂肪率が高いという人は増えてます。

この隠れ肥満状態になると、どんなに昔と体型が変わっていなくてもメタボ予備軍です。

関連記事:40代急に太るどうしたらいい?

 

20代と40代では食生活でハンバーグ20個分の脂肪の差がつく

20代と40代とで1日に食べる量と消費する量のバランスを比較してみましょう。

消費する量は体を維持するためのエネルギー消費量、基礎代謝と体を動かすためのエネルギー消費量活動量を合わせたものです。

40代になれば20代の頃より食べる量は減るでしょう。

若い頃のように焼肉やハンバーグカレーといったものより、蕎麦や野菜を食べる事が増えるのではないでしょうか。

しかし、同時に活動量もガクンと減ります。

 

仮にあなたが食生活に対して気を使い、食べる量が150kcal ご飯茶碗一杯分ほど減っても活動量が半分になっていれば、毎日225kcal も余る計算になります。

3ヶ月では約2kg の脂肪

これが体脂肪となって体内に溜まってしまいます。

極端に言えば100g のハンバーグ20個分の脂肪があなたのお腹に加わるようなものです。

これは放置できない問題です。

 

年をとると自然に減る活動量を頑張って20代の頃と同じに保ったとしても、基礎代謝の低下という落とし穴があります。

しかし逆に考えれば基礎代謝が落ちる根本原因の老化を抑えられれば、それが太らない体づくりへの近道となります。

簡単に言えば「成長ホルモンの分泌を促す」ということ。

関連記事:若返りホルモンDHEAを劇的に増やす中年でもできるたった4つの方法

 

まとめ

  • 40代で若く見たり老けたり見えたりするのはホルモンの分泌量が多いか少ないかで決定づけられる
  • ホルモン分泌量は筋力の低下や体の衰えにより分泌が減少してしまう
  • ホルモン分泌の多い少ないのバロメーターはお腹の脂肪がどれだけ付いているかによるそのため若苦いるのであればお腹の脂肪を取る痩せるということが何より重要。
  • 食事運動睡眠を改善すれば今太っているという人でも改善可能
  • 太ってしまう原因は、基礎代謝の低下この基礎代謝を揚げることによって太るのを予防することができる。

40代になると気力はあるのに基礎体力や代謝が低下してくる年代です。

そのため食事の量を減らしたとしても、基礎代謝が低下してしまい、太ってしまうこれが痩せない原因です。

 

しかし食事睡眠運動をバランスよく行うことによって基礎代謝をアップさせることもで40代のダイエットは今からでも十分可能です。

痩せることによって基礎代謝が上がり若返りホルモンである男性ホルモンの分泌が向上し今より若々しくなることができるのです。

最近老けたなと感じるのであればまず痩せることを目標にしましょう。

 

40代自分の体調も、家族の事も色々あってダイエットは難しいかもしれません。

そんなときこそ40代ダイエットサプリメントでダイエットをもっと簡単にしたほうがストレスもたまりません。

無理して食事と運動で努力するのは若いうちだけ、この年代はいかに楽して結果を出すかではないですか?

毎日のダイエット生活が楽になれたそんな40代ダイエットサプリメントを紹介します。

40代ダイエットサプリメント

 

-40代からのダイエット

Copyright© 運動せず簡単にダイエットする方法〜楽して痩せま専家〜 , 2018 AllRights Reserved.