痩せたいけど楽したい!運動は忙しくて無理!そんな人でもダイエット成功できてしまうなるほどと思える方法を紹介しています。

運動せず簡単にダイエットする方法〜楽して痩せま専家〜

40代からのダイエット

老化防止の3つの若返り方法情熱の炎をたぎらせチャレンジ精神を復活させる方法

投稿日:2016年9月3日 更新日:

kareha

いていく自分の顔や体を見て「あぁ、歳はとりたくない」と感じませんか?

  • 写真を見てびっくり自分ってこんなに老けていたんだ
  • たるんだ体刑を見て自分がなりたくなかった体型になっておりますがっかり
  • これ以上老けたくはない老いが怖いこれからだんだん体が動かなくなっていくのに恐怖している。
  • 新しい事へのチャレンジ精神が無くなった

年齢を重ねることによる自分自身の老いに不安と恐怖を感じているのではないでしょうか。

特に精神的に弱くなったなぁとか、情熱が減ったとか私は感じました。

老化というのは人間にとって切っても切れない関係です。

ですが細胞の老化以外の老化は予防できるのです・

老化を止める方法

  • 酸化
  • 糖化
  • ホルモン変化

この3つを守ることにより老化を防ぎ若さを得られることができます。

そうするとまた「新しいことを始めよう!」というチャレンジ精神がふつふつと沸いてくるんです。

関連記事:若返りホルモンDHEAを劇的に増やす中年でもできるたった4つの方法

 

とめられない老化と止められる老化

生活習慣病、ガンなどの病気に止められるものと止められないものがあるように、老化現象にも止められる変化と止められない変化があります。

そもそも老化とは細胞には分裂できる限度というものがあります。

今まで成長する中で細胞分裂を繰り返してきたわけですが、分裂するときに細胞のテロメアというものが少しずつ短くなっていってしまいます。

キャンドル
最終的にテロメアがなくなって分裂ができなくなる。

つまりは、新しい細胞を作ることができなくなると老化が始まるのです。

このような細胞の老化に関しては今の現代医療でもどうすることもできません。

 

具体的な止められない老化とは

  • 視力が低下した(老眼)
  • 息切れがする顔にシワやたるみができた
  • 肌が荒れた髪が薄くなった

といった年を重ねると誰もが避けられない老化現象です。

これからの医療技術に期待しましょう。

 

止められる老化とは

  • 活性酸素による酸化
  • タンパク質の糖化
  • ホルモン分泌の変化

これらは40代の体にとって三つの大敵と言われるものです。

しかし、食事、睡眠、運動、ストレス対策など生活習慣を見直すことでいくらでも防ぐことができます。

今自分老けてるなぁと思っても大丈夫。

医者の南雲さんって人いましたが、今じゃ若く見えてイケメンですし。

意識してこれら止められる老化を抑えるようにすれば、老化にブレーキをかけることができるのです

関連記事:老化予防をするための日常でできる7つの方法いつまでも○○さん若いねと言われましょう

 

老化の原因である活性酸素による身体の酸化を防止体の錆止めをする簡単なコツ


40代からの体の大敵その1活性酸素による酸化について酸化とは体が錆びることです。

40代になると体に錆が出ます。

頑丈な鉄も長く、外気にさらされていると酸素等が反応し錆びてボロボロになりますよね。

浜辺で放置された車が錆びまみれなのが良い例です。

この反応が酸化です。
人間の場合体は食べ物から取り込んだ糖質ブドウ糖や脂質に外気から取り込んだ酸素を反応、燃焼させてエネルギーを作り生命を維持しています。

この時発生するのが活性酸素です。

 

人間の錆びの原因とは活性酸素なのです。

この活性酸素が細胞を構成する脂質などを酸化させ傷つけてしまうのです。

 

そのため細胞が死んだり働きを失ったりして、本来の役目を十分に果たせなくなります。

この活性酸素が体を錆びさせるのです。

年齢を重ねるとこの活性酸素の発生が増え老けをより一層加速してしまうのです。

「ではもうどうしようもないのですか?」

しかし体のサビを抑える方法はあります

 

活性酸素を消し酵素を増やすことで老化を予防できる

活性酸素はエネルギーを作る時に発生するため生きている限り体内での発生は避けられません。

と、同時に体はうまくできているもので活性酸素を毒性の低い物質に変えて消去する「SOD」スーパーオキサイドディスマルターゼなどの酵素を持っています。

自転車の車輪軸やチェーンに錆止めを使い回転しやすくなるように人間の体の中でも同様のことが体内でも行われているのです。

車でいうエンジンオイルみたいなものと考えてください。

関連記事:毒素排出でマイナス10歳若返る方法

減った酵素を補う増やす方法とは


20代の若い体ならこの酵素が十分ありますが、それは年をとるにつれて減っていきます。

太りやすくなる40歳前後からはこの酵素の減り具合を出来るだけ抑えなければなりません。

それと同時に、減った分の酵素を補うことです。

活性酸素を消す酵素がタンパク質を材料とし胴、亜鉛、マンガンなどの助けを借りて作られます。

これらの栄養素が不足しないよう心掛けなければなりません。

特に亜鉛は不足しやすいので牡蠣、全粒粉を用いた食品、玄米、ライ麦パン、オートミールなどの全粒粉穀物、木の実などから意識して取ることが肝心です。

関連記事:男性更年期改善にはテストステロンが鍵分泌を促す亜鉛サプリメント賢い選び方

逆に、にコンビニやスーパーで売っている出来合いの惣菜や加工食品は栄養素も低くオススメしません。

その他活性酸素を消去する物質は抗酸化物質あるいはスカベンジャーと呼ばれ

  • βカロチン
  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • ポリフェノール
  • フラボノイド

以上がその代表です。

これら抗酸化物質を含む食材を積極的に摂りましょう。

老化で活性酸素を消去する酵素が減少しても、意識的に抗酸化物質を取り入れれば十分補えます。

また、どうしても酵素が摂取しにくい場合酵素サプリメントで補うもの可能です。

 

活性酸素を大量発生させない方法

喫煙
「どうやったら活性酸素を抑えられるの?」

もう一つ重要なのは、そもそも体内に活性酸素をたくさん発生させないようにすることです。

活性酸素の大量発生につながるのは5つの習慣です。

 

  • 喫煙

タバコの煙を吸い込むと白血球が大量の活性酸素を作り出す

  • お酒の飲み過ぎ

肝臓でアルコールを分解するときに活性酸素が発生する

  • 激しい運動

ジョギングやウォーキングでもエネルギーを大量に使うと発生する活性酸素も多くなる

  • 食べ過ぎ

消化吸収に多くのエネルギーを使うと活性酸素の発生量が多くなる

  • ストレス

ストレスが続くと体の機能が低下し、活性酸素が発生しやすい環境になる

 

 

抗酸化物質を含む食材をとろう

  • ベータカロチン

にんじんかぼちゃほうれん草など

  • ビタミンC

レモンみかんブロッコリー、小松菜など

  • ビタミンE

アーモンドほうれん草かぼちゃいわしなど

  • ポリフェノール

赤ワインブルーベリーここは緑茶りんご丸大豆など

  • フラボノイド

レタス、春菊、玉ねぎ、大豆緑茶柑橘類の皮など

 

 

老化の原因糖化(炭水化物の食べ過ぎ)防止食べても食べても太らない食べ方


40代からの体づくりの大敵その2タンパク質の糖化について、あなたが普段主食として食べているお米やパン、麺類等は糖でできています。

糖は体の大切なエネルギーです。

ただ、取りすぎる糖化という悪い作用が過剰に働いてしまいます。

このことをぜひとも覚えておいてください。

本来体を構成する主要な成分はタンパク質です。

 

細胞も大部分がタンパク質で酵素や脳の情報伝達す物質もタンパク質です。

この大切な身体の構成に必要成分が糖によって変化します。

これを糖化と言います。

 

  • 身体全体の機能低下(代謝の低下)

糖によって変化とか糖化したたんぱく質になると、タンパク質の働きが悪くなって体の機能低下へとつながります。

体の機能が低下するということはエネルギー消費も滞りがちになるということ。

つまり余分な脂肪が溜まり太りやすくなるということです。

 

  • 神経系伝達の低下

例えば糖化が脳の神経細胞に起こるとうつ状態になりやすいとされています。

 

  • 血管系へのダメージ

血管であれば糖化で傷んだところに老化の大敵酸化が加わると
ダブルパンチで動脈硬化がより発生しやすくなります。

 

血管が硬くなって血流が悪くなり手足の冷えの原因にもなります。

また皮膚のコラーゲンというタンパク質が糖化すると肌の弾力がなくなり、一気に老けた印象になります。

糖(炭水化物)というのは今の日本では主食とも言われる食品の多くです。

意識しないと食べすぎということがほとんどで、潜在的に糖化の恐怖に脚を踏み入れているのです。

ラーメン好きな40代の人を見るとすごい老けてるなぁと感じるのは糖化によって体が老化してしまっているからです。

ただしこれも日常生活をちょっと見直すだけで過剰な糖化が起こりにくい体内環境を作れます。

 

 

糖化防止する食生活

  • 充分に間を置いて食べる

6時間おきに三食をきちんと摂るのが理想

  • 糖質の多い食材は沢山食べない

穀類、芋類、甘いものを控える。

ラーメンや、うどん、カレーといったワンプレート系の食べ物は控えるようにする。

  • 清涼飲料水は控える

コーラや、糖類入りの缶コーヒーは控える

  • 一気に大量に食べない

1回の食事時間は最低でも20分を目安にする。

 

糖化を防ぐ2つの食生活改善のポイント

一つ目は、食事に時間をかけて食事中に満腹サインを受け取るようにすることです。

そうすれば食欲が抑えられます。

先に野菜類を食べて、次にたんぱく質類、最後に炭水化物類と食べることによって血糖値の上昇を緩やかにでき、糖化を防ぐことも。

 

2つ目は食べる時間に注意すること。

食べ物を胃の中に残して寝ると消化に良くありませんし、吸収された栄養素も燃焼されずに脂肪として蓄えられてしまいます。

夕食は毎日欠かさず食べたいという場合は、睡眠時間の3時間前には終わらせるようにしましょう

関連記事:40代ダイエットを劇的に加速させるための食品選び

 

ホルモン変化防止ストレスで男性ホルモンが減る

ストレス太りという言葉がありますがまんざら嘘ではありません。

40代からの体の大敵その3、ホルモン分泌の変化はストレスと関係している場合が少なくないからです。

現代人は絶えずストレスにさらされています。

精神的なストレスを受けると身体は副腎皮質腎臓のすぐ上にあり、多くのホルモンを分泌する器官からストレスホルモン「コルチゾール」を分泌します。

 

強いストレスや激しいショックを受けた場合にもコルチゾールが大量に分泌され、ここ一番と頑張る時などにもどっと出ます。

ストレスホルモンはこうして過度なストレスから身体と心を守ろうとしているわけです。

ただ厄介なのはこのホルモンは他の部分で様々な悪影響を及ぼすことです。

関連記事:40代女性のホルモンバランスを整える忙しい主婦でも自宅でできる方法

ストレスホルモンコチゾールの老化への悪影響

若さを保ち、免疫力を維持するホルモンDHEA をはじめ男性ホルモンである(テストステロン)、睡眠に関係するホルモン(セロトニン、メラトニン)などの分泌を減少させてしまうのです。

現代人はストレスによって特に男性ホルモンの分泌低下が進みやすいと言われています。

 

男性ホルモンは男性だと、精巣で作られ女性は副腎や脂肪で作られます。

ホルモンの影響は性機能のほか筋肉量や筋力の維持に係わってきており、活動する力の源ともいうべきホルモンです。

つまり男性ホルモンは若い身体太らない体に不可欠なホルモンといえます。

男性ホルモンが減ってしまうのは大脳の中枢にある性ホルモンの分泌をコントロールする機関が、ストレスによって十分に働かなくなるため起こる現象です。

関連記事:40代女性の「やる気が出ない」症状が毎日続くのをどうにかしたい

ホルモンの減少が続く太る結果に

筋肉が痩せてお腹周りの脂肪が増えやすい体型になってしまいます。

女性であれば、お尻や腰周りに脂肪がつきやすくなります。

 

こうした状態が長く続けば当たり前の結果として中年太りが進んで行きます。

ストレスを多く受けるとこのような身体の悪い変化が出てきます。

  • 睡眠に関係するホルモン(セロトニン、メラトニン)の機能低下
  • 若さを保ち、免疫力を維持するDHEAの低下
  • 男性ホルモン(テストステロン)の低下
  • 女性ホルモン(エストロゲン)の低下
  • インスリンが分泌されやすくなり血液中に増えた糖質を脂肪に変えるストレスホルモン(コチゾール)を分泌され血糖値が上がる

このような結果筋肉量が減少してしまい脂肪が増えてしまいます。

関連記事:40代女性は本当に痩せないのでしょうか?

ホルモン分泌を安定させ超簡単なストレスを軽減する方法

  • 日光を浴びる
  • 身体を温める
  • 温熱療法(風呂やサウナ)

このような簡単なことがストレス軽減や改善に効果的です。

身体を温めるというのはガンにも効果的なのでオススメ。

日本人はそれ知っていたから温泉でゆったり、という風習が生まれているのです。

 

ですから、早起きして日光を浴びて夜はしっかり湯船に浸かって身体を温める。

たったこれだけでもストレス解消に繋がるのです。

普段シャワーだけという人はお風呂に身体全体をつかり全身を暖めるだけでも、ストレスから開放され中年太りの解消にもつながるのです。

せめて週末の休みの前くらいはシャワーで済まさず、湯船に浸かりゆっくりとお湯に身を任せるのもよいのではないでしょうか。

関連記事:スーパー銭湯の炭酸泉を入浴したら更年期の症状がすっきりした話

 

まとめ

40代になると自分が老けたなと感じどうにかしたいと考えるのは当然です。

老化の中にも種類があり、視力の低下や顔のしわやたるみ肌あれ髪が薄くなったなどといったものは避けられない老化現象です。

しかし活性酸素による酸化やタンパク質の糖化、ホルモン分泌の変化。

この三つの問題さえ日常生活の中で解消できれば今よりより若くいられることができます。

重要なのが体や心に負担をかけない

  • 早寝早起き
  • 適度な運動
  • 体に良い食事をとる
  • お酒は飲み過ぎない
  • 野菜を多く食べる
  • お風呂につかる

というありきたりなことで老化を予防することができるのです。

ありきたりなことこそ難しいというのが実際のところまずは自分が今これなら改善できる。

というところから一歩ずつ始めていくと良いでしょう。

 

40代自分の体調も、家族の事も色々あってダイエットは難しいかもしれません。

そんなときこそ40代ダイエットサプリメントでダイエットをもっと簡単にしたほうがストレスもたまりません。

無理して食事と運動で努力するのは若いうちだけ、この年代はいかに楽して結果を出すかではないですか?

毎日のダイエット生活が楽になれたそんな40代ダイエットサプリメントを紹介します。

-40代からのダイエット

Copyright© 運動せず簡単にダイエットする方法〜楽して痩せま専家〜 , 2018 AllRights Reserved.