痩せたいけど楽したい!運動は忙しくて無理!そんな人でもダイエット成功できてしまうなるほどと思える方法を紹介しています。

運動せず簡単にダイエットする方法〜楽して痩せま専家〜

便秘改善

便秘で病院に行った方がいいですか?何科でどんな診療方法なの?疑問まとめ

投稿日:2016年9月15日 更新日:

便秘が本当に辛い!もう限界一度病院で診てもらおう!そんなとき

 

  • どんな診断方法があるの
  • どんな病気が判るの
  • 何処の何科に行けばいいの?

便秘で病院に行くとなると何科?診療方法は?恥ずかしくない?。

そんな疑問や不安があるのではないでしょうか。

ここではそんな便秘専門病院の問診、診断、検査方法、病気内容、治療方法を掲載しています。
弱った腸を元に戻すなら病院へ便秘外来受診

便秘に関する悩みは便秘外来の受診が一番のおすすめ。

腸の健康を守るのはあなたしかいません。

気になることがあれば我慢しないですぐに受診するようにしましょう。

ここでは便秘外来の受診内容や、治療方法、病気だった場合の手術内容、どのような病気が判明するのかまとめています。

関連記事:便秘で病院に行った方がいいですか?何科でどんな診療方法なの?疑問まとめ

 

本当に辛いと感じたら早めに便秘外来の受診を

便秘外来は便秘ケア治療に精通しています。

便秘で病院にかかるというと恥ずかしい大げさだと思う人もいるかもしれません。

しかし便秘をほっておくと慢性化するばかりか、お腹の張りや胸焼け腹痛に苦しんだり、大腸がんなどの病気を引く起こしたりする可能性もあります。

便秘自体慢性化すると痩せにくいダルい、肌荒れ、気分の落ち込みなど、日常的なことでも不便を感じます。
ですから便秘で辛いと感じた時は我慢せず医療機関を受診しましょう。


便秘は胃腸科、消化器科肛門科で診てもらえますが、その中でも便秘外来がある医療機関がお勧めです。

他の病院では便秘=病院では下剤を処方するだけです。

ですから根本的な便秘改善には繋がりません。

長年の便秘を根本的に改善すのであれば、その道のプロの医師に診てもらうのが一番安心かつ安全です。

関連記事:便秘がひどい病院は何科がいいの?いつ行けばいいの?恥ずかしくない?

 

本気で便秘解消するのであれば便秘外来のススメ

便秘外来とは、慢性的な便秘に悩む患者さんのケアと治療を行う便秘専門医がいる便秘専門特殊外来の一つです。

それ以外ではなかなか便秘に精通している医師が多いとはいえません。

便秘の症状を訴えても便秘薬を処方してくれる程度で、貴方が満足いく治療が受けやれない場合があります。
ただし、便秘外来は標榜科ではないため看板などからはみつけにくく、全国的にもまだ数が少ないのでインターネットや雑誌などを参考に探してみてください。

「便秘専門 病院 地方名」

で検索しましょう。

 

病院に行くタイミング

  • 急に便秘になりなかなか改善しない
  • 便秘と下痢を繰り返している
  • 便秘や下痢が1週間以上続いている。
  • 下剤を使う量が増えた
  • 便秘の上、お腹の張りや腹痛、嘔吐がひどい
  • 下剤か効かなくなった
  • 血便が出た

このような症状が現れるようであれば恥ずかしいと感じる必要はありません。

健康は自分で管理するもの、ためらうことなく行くようにしましょう。

 

 

便意が全くないのは便秘重症化のサイン


便秘で悩んでる人の中には食事をした後も、全く便意がないという人がいます。

このような症状が二週間以上続くような人は便秘が重症化している証拠です。

腸が健康な人の場合適量の食事をすると腸が動き大蠕動が起こります。

すると一定量の便が直腸へ押し流されることで直腸壁が刺激されて便意が起きトイレに行きたくなります。

 

しかし、出すタイミングが失われ便意を我慢する生活を続けていたり、

なかなか便が出ないなと自己判断で下剤を使って排便をする状態が続いていたりすると、腸の働きが鈍り自然の便意を感じなくなってしまいます。

便秘が重症化すると自力で腸の力を回復させること自然回復は難しくなるので、医療機関での治療が必要になります。

 

 

便秘と言えども要注意便秘に潜む腸の病気


便秘の原因は腸の病気という可能性もあります。

便秘をほっておくと大腸がんなどの病気を引き起こす原因があるとされています。

しかし逆に大腸ガンや大腸ポリープなど腸の病気が原因で便秘になることもあるでしょう。

 

便秘や下痢などで病院を訪れた際にこれらの病気が発見されたケースも少なくはありません。

この場合、病気が治療によって治れば便秘も改善するケースがほとんどです。

急な便秘は要注意。

ひどい便秘に悩んでいる人は早めに医療機関を受診しましょう。

 

 

便秘に潜む腸の病気

便秘とあなどってはいけません。

便秘が引き起こす、もしくは病気だから便秘を引き起こしているという場合があります。

便秘なのは健康上なんらかの悪い事が起こっている証拠。

ではどのような病気が具体的にあるのでしょうか

 

大腸がん

2003年、厚生労働省の統計によると、女性の大腸ガンは今やがんでの死亡する死亡率ともに胃がんを抜いて一位です。

この要因は、食生活の欧米化、赤身の肉の食べ過ぎや運動不足と言われていますが便秘もその一つです。

大腸がんの70%は肛門に近いS 状結腸と直腸で起きていて、S 状結腸と直腸には便の滞留時間が長いことから、

便秘と大腸がんの相対的な関係性が指摘されています。
特に急に便秘になったりなかなか治らないときや、便秘と下痢を繰り返す場合血便があった場合は大腸がんの疑いがあるため、速やかに医療機関を受診してください。

急な便秘であれば2週間出ない

そんな症状の場合は急いで受診された方が良いでしょう。

 

大腸ポリープ

大腸ポリープとは大腸の腸壁こ一部がぽこっと盛り上がったり陥没したりしている病変です。

大腸がんの多くは主に腺腫性ポリープから悪性化し発生します。

ポリープができたからといってガンの不安に怯える事はありません。

 

ポリープにはいくつかのタイプがあり、これらが全てガン化するわけではありません。

しかし、欧米の研究や厚生労働省の調査ではポリープを切除した人は切除しなかった人に比べて癌の発生率が低下するということは分かっています。

ですからポリープが見つかったら早めの治療が重要です。

特に40代を迎えると男性も女性もポリープができる率は高くなりますので、大腸内視鏡検査の後で定期的な検査をお勧めします。

過敏性腸症候群

過敏性腸症候群には下痢型、便秘型、下痢と便秘の両方の症状がある混合方があります。

排便トラブルがあるものも検査で特定の病気が見つからない場合、この病気が疑われます。

原因はまだはっきりとわかっていませんが、ストレスが大きな原因とも言われておりますが、はっきりとした結論には至っていません。

 

ぜんどう運動なども腸管運動の異常と腸がちょっとした刺激にも反応しすぎてしまうことが原因ではないかと言われています。

食生活や生活習慣の改善共に食事面での過度の刺激を与えないようにするなど、

ストレスが症状を悪化させる要因をいかに少なくし適度な発散を心がけましょう。

 

クローン病

クローン病は潰瘍性大腸炎よりも消化器官の炎症の範囲が広く、食道から胃小腸大腸肛門までと消化管全体に炎症が起きます。

これにより、便秘、下痢、下血、腹痛発熱などが生じます。

クローン病も日本では難治性炎症性腸疾患指定されています。

 

発症する原因は不明ですが潰瘍性大腸炎と同じく、食の欧米化による腸内環境の悪化や、

ストレスが関係しているのではないかと言われており、薬物療法と食事療法が中心になります。

 

潰瘍性大腸炎

潰瘍性大腸炎は大腸に炎症が起き、びらんや潰瘍を生じさせ、これにより便秘、下痢、下血、卑屈発熱などを引き起こします。

日本では難治性炎症性腸疾患として難病に指定されている病気です。

原因は不明ですが食の欧米化やストレスが一因だと考えられています。

治療方法は薬物療法と食事療法が中心になります。

病状は治まったり悪化したりを繰り返すことが多いと言われていて、重症の状態で10年を経過すると大腸がんの発症するリスクが高まるようです。

 

知っておけば安心便秘外来の受診の流れ


ちょっとした悩みでもOK 気軽に便秘外来の受診を。

ひどい便秘で困っていても医療機関を受診する患者さんはそれほど多くありません。

苦しくても

「便秘で病院に行くなんて恥ずかしい、便秘なんてたいしたことではない」

なかなか受診できない人や、便秘や下剤依存症の話をするのは恥ずかしいという人がほとんどなのです。

 

しかし便秘外来には同じ悩みを持つ患者さんがたくさんいます。

また、便秘外来には何処よりも詳しい便秘に精通した医師がいますから、きちんと自身の便秘の話を聞いてもらえ的確な診断が得られるでしょう。

便秘外来で一般的に行われている問診から治療までの一般的流れを紹介しますので、ぜひ気軽に受診してみてください。

 

問診診察

便秘の頻度や状態や下剤の使用状況過去の病歴などを伺います。
問診診察は便秘治療において大きなポイント

 

検査

問診で腸の状態はある程度推測できます。

しかし、便秘の裏には、大腸がんなどの病気が隠れていないかを調べるため便秘外来では症状や患者の状態に応じて血液検査や大腸内視鏡検査なども検査を行います。

 

診断、治療

検査で病気がないことが確認できたら問診の結果を総合させて生活習慣菅改善なども指導を行います。

適切な薬の処方などの具体的な治療を行います。

万が一検査で病気が見つかった場合にはその症状に合わせた治療を行います

 

問診診療

問診で聞かれる主な内容を紹介します。

  • いつから便秘や下痢の症状が始まったか
  • 腹痛やお腹の張りがあるか
  • 血便があるか
  • 自然な便意があるか
  • 食事の回数や内容
  • 好き嫌いはあるか
  • これまで服用していた下剤の種類
  • 下剤の服用量
  • 下剤の服用期間
  • 開腹手術経験があるか
  • 他の疾患やPMS があるか
  • ダイエットをしているか

 

質問に正直に答えることが便秘治療も鍵に


便秘治療において大切なことは患者さんの状態の辛さを理解し、時間をかけてその物体を聞くこと。

患者さんの中には便秘の悩みを友人や家族に話せず悩んでいる人が少なくありません。

 

また、食事の取り方、生活様式、下剤の使用状況や治療経験の有無など、

じっくり話を聞きながらその根本的原因を探っていくことが、生活習慣改善の指導や作成次の処方など治療の手がかりにもなるからです。

ですから、問診ではできるだけ嘘偽り無く正直に話すようにしてください。

 

結局は自分の事です。

排便のことや下剤の使用頻度など自己判断で行って医師に叱られるかもと、医師の前で話しにくいこともあるかと思います。

ですがその後の治療に大きな影響を与えますから、正確にありのままを伝えるようにしてください。

普段から自身の便秘状態や改善方法などメモを取っておくと漏れなくスムーズに状態を伝えられるでしょう。

なお診察では医師が直接患者さんのお腹に手を当て、お腹の痛みや張りの情報量を確かめる場合もあります。

 

便秘外来検査内容

便秘の症状が重症化されている場合や、病気の疑い、最近健康診断をしていないという場合便秘外来では以下のような検査を実施します。

この検査の結果により、病気の有無や手術の必要があるかの判断を行います。

 

血液検査

必要に応じて貧血、肝機能検査や肝炎などの感染症の検査など全身の状態を調べます。

基礎的検査ですが便秘以外の病気の早期発見も可能な方法です。

 

腹部X 線検査

必要に応じてX 線で腹部を撮影し、腸内にガスや便があるかどうかを調べます。

 

便潜血検査

腸の病気が疑われる場合に行います。

専用の容器に2日分少量の便を入れて提出し便の中に血液が混じっていないかを調べる検査です。

肉眼では確認できないごくわずかな血液を検出します。

体の負担も少なく簡単ですが便潜血検査だけではガンを見落とす恐れもあります。

 

注腸X 線検査

腸の病気が疑われる場合に行います。

血液検査やレントゲン、血便検査で疑わしき事項があった場合実施されます。

注腸X 線検査は肛門から腸にバリウムと空気を入れて膨らませレントゲンを撮って異常を見つける検査です。

 

この検査が行われている施設は多いのですが、画像の精度に限界があり小さな病気は発見しにくいため、

早期の癌やでこぼこのない癌を捉えるのには不向きだと言われています。

最近では実施されるところも減っているようです。

 

大腸内視鏡検査

腸の病気が疑われる場合に行います。

先端に超小型の高性能カメラが付いた1.4メーターほどもチューブを肛門から大腸にスルスルと入れてカメラを通じて、大腸の内部をある検査です。

 

画像の精度はどんどん進歩し検査と治療を同時に行えるようになってます。

場合によっては検査の最中に組織の一部を採取して検査に回すことや小さな癌やポリープなどはその場で根こそぎ削ぎ落としてしまうこともできます。

 

検査をすれば腸の病気の有無もわかる


問診と診察を行った後は患者さん一人ひとりに必要な検査を行います。

検査といっても血液検査や腹部単純レントゲン検査便潜血検査、注腸X 線検査内視鏡検査というように色々種類があります。

便秘で受診したと言っても腸の病気が疑われる場合は、いくつかの検査が必要になります。

また下剤依存症の人も腸の状態を知るために詳しく検査を行うことがあります。

 

検査というと痛いとか苦しいとか後遺症とか心配になる事も多いと思いますが、

鎮痛剤を使うなど苦痛を減らす工夫をしている病院もあるので気になる人は事前に病院に問い合わせてみると良いでしょう。

 

大腸内視鏡検査を詳しく紹介

大腸内視鏡検査は腸の病気を発見しやすい、大腸内視鏡検査は検査の中でも大腸の病気を発見するのに最も精度が高い検査といえるのです。

例えば、早期の大腸がんは自覚症状が出にくく、便鮮血液検査や注腸X 線検査では小さなガンを見過ごすことが多くありますが、

大腸内視鏡検査では高解像度の動画がリアルタイムで目視で見ることができ、高い発見率を誇っています。

 

大腸内視鏡検査で大腸がんが見つかった人のうち便潜血検査で陽性と出ていた人はなんと半分にも満たなかったという調査もあることです。

また、内視鏡の精度はどんどん進歩していって、今では当然カラー映像であることはもちろん

近年ではハイビジョンのものも開発されています。

患者さんの負担も減らすため管の太さも年々細くなってます。

 

鮮やかで鮮明な映像で大腸の中を直接見ることができるため、小さな、ポリープや癌も見つかりやすくなっています。

大腸がんはもちろん多くの腸の病気の発見にも役立ちますから、安心のためにも一度は受けると良いでしょう。

病気じゃ無いという事が判るだけでも精神的にストレスから解放されますので便秘解消にもなりなす。

 

大腸内視鏡検査のメリット

腸の病気特に大腸がん発見の精度が高い検査と同時に治療することも可能。

検査は2年から5年ごとで良い何もなければ5年ごと検査後精神的な安定で便秘が良くなることがある。

検査による不安や痛みを和らげる工夫も実施。

 

カメラ着いたチューブを肛門から大腸に入れるという施術方法を聞くと

「肛門が傷付いたり痛くなったりと怖くなったり心配」

という人もいますが、今は鎮痛剤や鎮静剤を使って痛みや不安を和らげる工夫をしていますし、挿入時、次の技術も向上しています。

 

例えば大腸内視鏡の処置として約40度のぬるま湯で大腸内を洗浄し、腸内の老廃物をきれいに取り除きます。

その後、鎮痛剤や鎮静剤を注射し、患者さんの意識が低下した後約10から15分で腸内を観察していきます。

その後腸内に残った空気を抜いて終了。

検査の際には専用の検査着を用意しますので、恥ずかしさも比較的少ないはずです。

 

 

大腸内視鏡検査の流れ

  1. 医師から検査の説明を受け、予約をする
  2. 検査前夜は消化の良い食事を21時までに済ませる
  3. 寝る前に下剤を飲み、便意あれば排便をする
  4. 検査当日は食事を取らずに病院へ
  5. 腸内洗浄用の下剤を飲み、便をすべて出し切る
  6. 検査着に着替える
  7. 鎮痛剤や鎮静剤が注射される。
  8. 体の左側を下にして横になり、意識がなくなったところで、内視鏡が挿入される
  9. 検査の時間は、約十分から15分病変が見つかった場合は、組織の一部をとって組織学的検査にまわされる。
  10. 腸に残った空気が抜かれる
  11. 回復室に移動して1時間ほど休む
  12. 検査結果の説明を受ける帰宅の許可が出れば帰れるが、車の運転は控える

 

 

診断、治療


腸の病気が原因でない場合は適切な薬の処方とケアが中心。

検査の結果便秘の原因が腸の病気ではなかった場合は、

腸の働きを良くするために、食事や運動、生活習慣の改善とともに適切な下剤や座薬の処方などを併用しながら便秘の治療を行います。
患者さんと話をしながら便秘の症状や患者さんの心身の状態を注意深く観察しつつ、現在の現状と腸の機能の回復を図っていきます。

便意がなく、それが中低度以上の人の場合、便秘改善にはかなり時間がかかります。

ですから病院には定期的に通う必要があります。

しかし、医師の指示に従いきちんと行えば必ず回復しますから、じっくり腰を据えて焦らず取り組みましょう

 

病気が原因でない場合の治療方法の例

病院での診察の結果晴れて病気ではなかったという診断結果が出た場合、

便秘の治療は主治医の下で適切な便秘薬の使用と生活習慣の改善を行って治療していくことになります。

 

食生活

1日3食医師に推奨された腸に良い食品を取り入れた食事を心がける。

水分をしっかり取る

 

運動

軽い運動やマッサージをする

 

生活習慣

音楽や香りの作用を生活の中に取り入れ、心身と腸壁をリラックスさせる

入浴や衣類などで体を冷やさない工夫をする

質の良い睡眠をとる

シャワーで肛門を刺激する

 

酸化マグネシュウム製剤を処方

センナ、大黄、アロエなどの成分のアントラキノン系下剤の服用を減らしていく

新レシカボルン座薬を処方

防風通聖散などの漢方を処方

 

 

その他

専門医のもとで心理療法、行動療法を行う。

高圧浣腸をする

 

腸の病気が見つかった場合は手術が必要になる


大腸ガンや大腸ポリープなどの病気が見つかった場合は、症状に合わせて内視鏡手術服、腹腔鏡手術、開腹手術を行います。

例えば早期の大腸がんや小さなポリープなら、内視鏡検査の際に切除することができます。

 

ガンと聞くと死んでしまうという怖いイメージがあるかもしれませんが、

早期に見つかれば大腸がんはほぼ100%という非常に高い確率で根治させることが可能です。

また手術方式も日々進化していて、体にも経済的にも負担の少ない手術方法を選択することができます。

ただし、一度がんを切り取ったとしても、再発や転移を防ぐためには、年に数回程度きちんと定期的な検査を受けることが大切です。

 

 

手術の種類

検査の結果仮に病気が判明した場合、状態によっては手術を行う必要があります。

主な手術の方法について紹介します。

 

 

開腹手術

内視鏡や腹腔鏡でも取れない場合は開腹手術を行います回復というと、日常生活に復帰するのに時間がかかるのではないかと心配されます。

ほとんどの場合、約3週間程度の入院で1ヶ月くらいで職場復帰することが可能です。

また、直腸に癌ができると以前は括約筋もメスを入れており人工肛門をつけていましたが

現在は肛門括約筋温存法という手術方法が一般的にも普及し一般的な直腸癌の80から90%は人工肛門をつけなくてもいいようになりました。

 

腹腔鏡手術

内視鏡手術だけでは取りきれない場合は、腹腔鏡手術を行います。

この手術はお腹に3、4箇所も穴を開けて大腸を引っ張り出し、ポリープや癌を切り取る方法で傷口も小さく手術後の痛みも少ないのが特徴です。

傷が小さいために早期の職場復帰が可能です。

 

内視鏡手術

がんやポリープが小さく、一度で切り取れる数であれば内視鏡で切除できます。

がんやポリープの両辺に合わせてワイヤーをかけて高周波の電流を流して焼き切ったり、

一度液体を注入して盛り上がらせてから焼き切ったりかんしで病変をつまんで焼き切ったりすることが可能。

 

また、日帰り手術ができる病院も増えています。

術後安静にするなど管理をきちんとすれば日帰り手術でもトラブルは少ないでしょう。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

ちょっと長かったかもしれません。

 

しかし便秘は放置しておくと最悪ガンという命にかかわる病気となってしまい、最悪死という恐ろしい結末となってしまいます。

ですから、ちょっと便通が悪くなったとか、下剤に頼り切った今までの生活を改善したい。

そう思っているのであれば、便秘外来に行く事は決して恥ずかしいことでも無いですし怖いことでもありません。

 

ほとんどの人が、改善できるという結果に心から安心してそれ以来便秘が改善している

という精神的な安心感も得られることができるようです。

病院で受診し、適切な処置を受けたというストレスからの開放というのは実は便秘改善に重要な事なのです。

 

下剤頼るの嫌!便秘が続く

そんな症状ならまずは便秘外来へそれくらいの気持ちで行くようにしましょう。

-便秘改善

Copyright© 運動せず簡単にダイエットする方法〜楽して痩せま専家〜 , 2018 AllRights Reserved.