痩せたいけど楽したい!運動は忙しくて無理!そんな人でもダイエット成功できてしまうなるほどと思える方法を紹介しています。

運動せず簡単にダイエットする方法〜楽して痩せま専家〜

便秘改善

お腹の調子が悪い自分の腸は大丈夫?すぐわかる腸の健康度チェック

投稿日:2016年9月17日 更新日:

GUM06_CL21036

 

最近お腹の調子が悪いなぁと感じていませんか?

でも実際どれだけ悪いのか自分ではわからないものです。

そこで、ある程度の腸の状態を客観的にわかる腸の健康度チェックを設けてみました。

 

あなたの腸が健康かどうかは、以下の生活習慣をチェックすることだけでも書いて判断することができます。

以下の項目に当てはまるものがあればチェックしてください。

当てはまった個数によってあなたの腸の状態を診断します。

 

  1. 朝食はめったに食べない
  2. 水分を取ることは少ない
  3. 小食の方だ
  4. 野菜きのこ海草などを食べる機会が少ない
  5. 食事の後下っ腹がポッコリ出る
  6. ダイエット中または最近ダイエットをした
  7. 外食やコンビニで買って食べることが多い
  8. 運動不足である
  9. お腹や手足がよく冷える
  10. ストレスがたまっている
  11. 昼に起きて夜遅く寝るなど、生活が不規則
  12. 睡眠時間は1日6時間以下である
  13. アルコールをよく飲み、量も多い
  14. 便の時下剤を使うことが多い

腸の健康度チェック診断結果。

チェックした個数のところに書かれているものがあなたの腸の状態です。

あなたの現在の腸の状態に合わせて腸の環境改善を行えば体の中からキレイになれるでしょう。

2個以下

あなたの腸は健康です。

当てはまった項目が2個以下の腸は元気な状態だと言えます。

腸トレを取り入れればいつまでも健康な腸をキープできるでしょう。

 

3から7個

腸の働きが低下し始めている

当てはまった項目が3から7この人は腸の働きが衰え始めている状態

デトックス食事エクササイズ生活習慣下剤など気になる対策方法があればその腸トレをこれから始めると良いでしょう。

 

8から11個

腸の働きがすでに低下している

当てはまった項目が8から11個の人は

すでに腸の働きが衰えているでしょう。

腸内環境改善を実施した上で適切な処置を行えば今からでも腸の機能改善は可能です。

 

12個以上

腸の働きがかなり悪化している

当てはまった項目が12個以上の人の中には

1~2週間に1回しか便が出なかったり

排便困難で、ウサギのようなウンチが出たりする人がいるかもしれません。

また、ゲル状の部屋固形物を含まない水状の便が出ている人もいるかと思います。

ここに当てはまった人は腸の状態が非常に悪化しているので腸トレだけでは無く早めに医療機関を受診することをお勧めします。

 

いかがだったでしょうか

こちらのチェックシートはあくまで客観的に自身の腸の状態を判断するベンチマークシートですので、病気かどうかという判断は行わないで下さい。

ただチェックリストで該当項目が多い場合は、貴方の腸環境は悪化している可能性があります。

 

しかし、腸内環境は病気でも早期発見であれば完治できますし、衰えてしまった腸内環境も正しいケアをすればまた元気な腸内環境に戻ってくれます。

まずは腸に良いことを少しづつ行っていこう!そういう心がけを毎日続けることが重要です。

では腸はどのよな働きをしているのかこちらにまとめました。

 

体に必要な栄養素を消化吸収する

私たちが体を動かしたり、考えたり、肌や筋肉、骨を正常に維持し活動するためのエネルギーや栄養素は、口から入ってくる食べ物や飲み物を消化吸収することによって得ることができます。

口でしっかりと咀嚼された食べ物は食道を通って胃に入りそこで消化液と混ざってドロドロにされます。

口から入った食べ物の一部は胃でも消化されますが、そのほとんどを消化吸収するのは小腸の役割です。

小腸では消化された飲み物や食べ物が分子レベルまで分解されます。

関連記事:便秘に効果のある食べ物の食べ方で腸内環境3割アップする方法

体に不要なものを体外に排出する

体に必要な栄養素を消化吸収した後の残りのカスは、大腸で約18時間かけて必要なミネラルや水分が吸収された後肛門から便として排出されます。

また、便には残りかすだけでなく、有害ミネラルも混ざっています。

そして老廃物や有害物質など体内の毒素の75%は大腸から、便として排出されます。

便には人体に有害となる物質の8割を排泄してくれます。

(それ以外は尿や汗として排出されます。)

関連記事:腸内環境を整える食べ物でスルッと便秘解消する6つの栄養素

 

病原菌から体を守り病気を防ぐ

あまり知られていませんが腸は人体の中で最大の免疫器官だといわれています。

免疫とは、外から侵入してきた細菌やウイルスなどの病原菌体内で突然変異により発生したがん細胞などを退治す病気にならないように体を保護する自己防衛システムのことです。

このシステムの中心的役割を担うリンパ球の約60%は腸に集中しているといわれています。

 

このように腸は人間の生体活動にとって必要な器官を担ってくれています。

しかしこの機能も便が溜まる、つまり便秘によって活動を鈍らせてしまっています。

 

便について悩んでいる人は全国で500万人はいる現在の便秘の原因とは

benpi_geri_woman

便秘自体が腸力を低下させ、不調を引き起こす原因に、2004年の厚生労働省国民生活基礎調査によれば便秘で悩んでいる人は日本中でおよそ500万人といわれています。

また、2007年にカゴメ株式会社から行った現代女性のお通じ事情という民間調査。

20代から50代の女性412人に対しての調査によれば、およそ女性の45%が便秘に悩んでいるということがわかりました。

 

また、お腹がポッコリしているおならが臭い吹き出ものなど便秘が原因で起こったと思われる症状があるという結果も出ています。

便秘になると腸内に住む細菌バランスが崩れた腸に悪影響を及ぼす悪玉菌という細胞が増殖します。

その結果腸の働きが鈍くなったり腸内に老廃物が残留しやすくなったりうんちが出にくくなったりもします。

 

様々な不調も現れやすくなりますし、この便秘の状態を放置しておくと最悪大腸がんなどのリスクも高まるので便秘は慢性化させないことが重要なのです。

最近では通勤時間の長時間化により、自然な便意を我慢せざるを得ない状況になる人が増えています。

その結果自然な便意を我慢する事が増えてしまい、便が出にくくなったという症状も増えています。

 

軽い便秘でも放置しておくと重症化し治りにくくなる

不幸

便秘は大きく分類すると、2種類類あります。

がんやポリープなどの病気が原因で起こる症候性便秘と、食生活習慣や生活リズムの乱れによる腸力が低下して起こる常習性便秘(慢性便秘)です。

 

症候性便秘は原因となる病気を治療する必要があるため早急に医療機関を受診する必要があります。

一方、多くの人が悩んでいるのは常習性便秘の方であり、これは日頃の食生活や生活習慣を見直すことで改善ができます。

 

お腹の調子がなんか悪いなぁと感じたらまずは腸内環境をよくしてみましょう。

 

-便秘改善

Copyright© 運動せず簡単にダイエットする方法〜楽して痩せま専家〜 , 2018 AllRights Reserved.