痩せたいけど楽したい!運動は忙しくて無理!そんな人でもダイエット成功できてしまうなるほどと思える方法を紹介しています。

運動せず簡単にダイエットする方法〜楽して痩せま専家〜

痩せるメンタル

ママ友ダイエット方法付き合いを崩さず無理なく痩せるやりかたとは

投稿日:2016年9月27日 更新日:

nomikai_joshikai

き合いが多くてダイエットのタイミングが見つからない

  • ママ友との付き合いが多くて食べる機会が多いのでダイエット計画滅茶苦茶
  • 取引先の付き合いや上司部下などの付き合い飲みが多くて太った
  • 帰りの遅い旦那に合わせて食事してたら太ってしまった

付き合いが多くて自分で掲げたダイエット計画もずれにずれて頓挫気味。

むしろ太ってしまってどうしよう。

付き合いが悪くなると「あの人最近付き合い悪いね」と近所で悪評言われたり

取引先や会社でも円滑なコミュニケーションが取れなくなるし八方塞り

付き合いが多いとダイエットはできないと感じていませんか?

 

顔出さないと今後の関係にヒビ入ったらいやだし割と渋々出ているイベントも多いのではないですか?

無駄なお金と時間、つけたくない脂肪が蓄積されるのはいやですよね。

できれば人間関係も円滑にしながらダイエットできればいいのではないでしょうか。

 

一人でちゃんと計画通りやれば痩せれたときとは生活習慣も人付き合いも違いダイエットも一人ではできない状態です。

ですが人付き合いが多くてもダイエットはできるならどうでしょうか。

ましてや付き合いが食べる必要が無いようにできたらダイエットも捗るのではないでしょうか。

tabesugi

 

優しい人ほど付き合いで食べ過ぎてしまう


あなたが付き合い食べをしてしまうのは付き合いがいいからです。

要するに心の優しい人ということです。

子供が3時におやつを食べると1人で食べるのは寂しいだろうと一緒にお菓子を食べながら幼稚園や学校で起きた話を耳を傾けるお母さん。

 

また、旦那の遅い帰宅につきあって夜2度目の夕食をとって話し込んでしまう妻

さらに、ママ友たちから受けた誘いを断られず近所のファミレスで噂話に花を咲かせながらケーキを食べてしまう付き合いの良い友達。

仕事や上司同僚の誘いを断れず飲み会に顔を出し相手の愚痴を聞きながらお酒やおつまみを注文してしまうのとはいえない部下や同僚。

 

このような人たちが付き合いで食してしまって太ってしまうのです。

このように家庭を持ち、社会で生きている女性であればどんなかおもっていてもおかしくはありません。

そして相手を思い、相手に合わせようとする優しさのある女性ほど付き合いがよく付き合い食べをしてしまいやすいので

当然付き合い食べを頻繁にしていると食事や間食を取る回数が増えてしまい取りやすくなってしまいます。

 

問題なのは罪悪感がないこと


人に付き合って食べている為。

自分の意思で主体的に食べたいという感覚がないことから食べ過ぎてしまったことへの反省もあまり感じられることはありません。

「付き合いだから仕方ないよね」

よくありがちな言葉ですよね。

人に親切と振る舞ったということで納得してしまい

食べてしまったという罪悪感を持っいるにくくなっているのです。

 

付き合いが多く、太っている人は自分自身をまず見直そう


付き合いでの食べることがが多いなと心当たりのある人は自分がどれくらい付き合い食べをしているのか思い返してみましょう。

子供夫友達会社の人と付き合いのある人ごとにまりかえってみましょう。

案外ちょこちょこと食べ物を口にしていることに気づくのではないでしょうか。

 

優しすぎる人は自分の気持ちよりも、他人の気持ちを優先的に考え行動してしまいますが

人のためにと食べた物もそれは人のものなるわけではありません。

結局は自分の体重や脂肪に跳ね返ってきます。

そうなると、他人のために優しくしていた健康を害するということにもなってしまいます。

まずは自分にとって一番大切なのは自分ということを理解し自分の体や心を大切にしましょう。

 

付き合いで食べちゃったというのを防ぐには食べていることを意識する


付き合い食べをやめろというわけではありません。

むしろコミュニケーションの上では重要なことです。

そのため、付き合い食べが必要となる機会は度々あるでしょう。

問題なのは食べることを短くにしているということです。

人との付き合いはそのままにし、いかに食べることに関しての付き合いをどうするかという点が問題なのです。

 

付き合い食べをする前、あるいはした後自分が食べようとしているまたは食べたという事をもっと強く意識する必要があります。

付き合い食べをしている人は付き合いと食べることを一緒にして考えており切り離して考えることができません。

つまりは、食べることに関しては無頓着なんです。

もし相手と話をする前に食べることに意識が向けられれば

「食べる量を減らそう」

とか、

「今日は飲み物だけにしておこう」

といった配慮はできるのです。

 

食べなくても人付き合いは出来る


人とコミュニケーションをとる時に潤滑剤として何かを食べたり飲んだりしながら話すことは

共通の話題性ももち雰囲気を和ませたり親近感を与えたりできるので有効な手段の一つです。

ですから、付き合い食べというのは人間関係を円滑に運ぶためには欠かせない手段の一つであると言えます。

 

ですがコミュニケーションには必ず飲食が必要かといえばそういうことはありえません。

付き合う回数を減らさずに一緒に食べて飲んだりする回数を減らせば良いだけなんです。

具体的な方法に関してアドバイスします

 

子供の場合

子供が学校から帰ってきたりすした時お母さんはおやつを用意して、子供の話を聞いてやる場合があります。

そのときおやつを一緒に食べる必要はありません。

仮にお母さんが一緒に食べない事で子供はお母さんは付き合いが悪い人だと思うことはありえません。

 

仮に子供が「お母さんは今日おやつ食べないの?」

と質問してくるかもしれません。

その時は「ママは飲み物だけでもお腹いっぱいよ」と言ってあげるだけで

子供は疑問を解決してくれます。

ですから、別に一緒におやつを食べるという必要は全くないのです。

 

それまではお母さんも一緒におやつを食べるという習慣だけだったのです。

おやつの時間には付き合うけれども、一緒には食べないという習慣に変えていけば子供はそれが普通のだと受け入れてくれるでしょう。

もし子供がちょっとあげると言っておやつを渡してくれたらそれば遠慮せず食べてもいいのではないでしょうか。

 

帰宅が遅い夫の場合

帰宅の遅い夫とコミュニケーションをとる際に夫と一緒に自分も何かを食べなければならないということはありえません。

自分はお茶か紅茶でも飲みながら、同じテーブルについて話をすればいいだけです。

もし夫がお酒が好きで一緒に付き合いたいと言ってくるのであればグラス一杯のお酒であれば付ければ良いのではないでしょうか。

 

夫の気持ち的には一緒にいてくれるだけで嬉しいのです。

一緒に食べることまでは望んではいけません。

そもそも、就寝前に飲食することは好ましくありません。

夜遅い時間に食べたものは日中に食べた時と比較すると体脂肪になりやすいのは事実です。

 

ママ友との付き合いの場合

ママ友との付き合いも飲みだけのお茶だけですごすようにしましょう。

もし付き合いが悪いと思われる心配があるのであれば

「さっき食事をとってきたばかり」

というような理由を正直に話せば良いでしょう。

または、

「体重が気になるから今ダイエットしているんで、飲み物だけにしときますね」

と言い切ってしまうのも手です。

 

嫌われてしまうのは金払いが悪いという時です。

もし、お会計の際に割り勘のときは自分のお金だけではなく

一緒に食べた料金も終わった分払ってあげればこの人は嫌味じゃないなと思われることがあります。

出費としてはちょっと痛いかもしれませんがコミュニケーションを円滑にするためにはこのような趣旨もしといた方が良いかもしれません。

ただし、ママ友のお宅に呼ばれて、ケーキやお菓子を勧められた時は

断ると失礼になるので、そういう席ではなるべく頂くようにしましょう。

 

付きあい食べ時間コントロール方法


付き合い食べは円滑な人間関係を構築していく上で、ある程度必要なコミュニケーションの手段となることも多くあります。

ですから、付き合い食べを全面的に否定するのではなく、太らないような付き合いの食べ方を工夫することが大切なのです。

 

飲食店にいる時間を短時間で済ませる

長時間カフェやレストランに居座ってしまうとおのずと食べる量も増えてしまいます。

ファミレスは長いしてほしいのでそれだけ居心地が良い空間なのです。

ですから、長居しないためにも、ほどほどの時間で切り上げるよう心がけましょう。

可能であればお店で過ごす時間は短めに設定してその後、飲食をせずに話せる行動に移して

ぶらぶらと買い物や散歩しながら話せると良いでしょう。

 

自分だけ途中退席してしまう

場が盛り上がっている中いきなり帰ってしまうのは雰囲気を悪くさせてしまうというデメリットも。

事前に会議が始まる前に

「申し訳ないですが、今日は○○時まで地下お付き合いできません」

と断っておくようにしておきます。

 

そうすれば、その場にいる人の気分を害することなく延々と付き合い食べを続けて摂取エネルギーお増やすことになる心配もないでしょう。

 

持ち込み可能な場所であれば事前にコントロールしておく

親睦会や飲み会などを開く場合飲食店ではなく自治体が運営している地域の集会所や集合住宅に設置されている集会所などを利用する場合。

食べ物や飲み物は自分で持ち込める形態となっている場合が多いです。

その場合、自分で持ち込む量を控えめにしておけば、食べ過ぎずに済むこともできます。

 

同じペースで食べ続けない

彼氏や旦那との食事に付き合っている場合。

相手と同じペースで食べ続けないということが肝心です。

当然男性の方が消費カロリーも多いし食べる量も多くなります。

 

それに合わせて食べ続けてしまうと当然摂取カロリーが多くなってしまい

太ってしまいますですから自分は最初に一口二口食べたらそこで食べるのをやめ

あとは話だけに付き合い食べ物を口に入れないように心がけましょう。

話には付き合い食べることには付き合わないというスタイルを維持しましょう。

 

会社関係のお酒の席の場合はお酒は付き合いでちょっとだけ

会社の取引先や、同僚、上司など

会社での飲み会に参加することも多くなる季節や機会がある場合は事前に一杯だけは飲むようにして、

後はウーロン茶を飲むようにしてアルコールによる過食を予防しましょう。
中には「飲んで無いね?」といわれてお酒を勧められる人もいますが。

「近いうち健康診断なのでお酒ちょっと控えているんですよ」

とやんわり断れば相手の面子を潰すこともありません。

 

健康を害して相手にお酒を飲ませようという人はそうそういませんのでここで引き下がってくれます。

お酒の席ではそこまで食べるということに意識が向かないので食べすぎにならない程度にちょっとだけつまむようにしましょう。

当然二次会や〆までは付き合う必要はありません。

「翌日早いんで…」

と早々に帰宅すれば食べすぎにもなりません。

 

食べる量をコントロールすれば付き合い食べても太らない


付き合い食べをした時は1日の他の食事で摂取エネルギー量をコントロールすることも取らない食べ方のポイントです。

 

子供のおやつに付き合ったり、ママ友の誘いに断りきれず間食をとってしまったり旦那の遅い食事に付き合ってしまったりなど
イレギュラーな食事というのもあるでしょう。

その時は食べてしまったという事を後悔せず翌朝の食事量からコントロールすれば良いのです。

また、事前に飲み会や親睦会があるとわかっていれば会合前に食事量を減らすなどの工夫もしておきましょう。

 

ただ厳密にカロリー計算をする必要もありません。

大切なのは余分に食べたことを意識しエネルギー量のコントロールを心がけることです。

こうした小さな配慮の積み重ねが太りにくい食生活のパターン作りにつながります。

 

常に頭の片隅で何を食べ過ぎていないか自分で客観的にモニタリングすることが有効です。

例えば、お昼に急にママ友とも誘いでケーキを食べてしまったということであれば、夜のご飯を食べないでおかずだけに済むという工夫をすれば良いだけなのです。

 

 

食べること以外のコミニュケーション法も確立しよう


付き合い食べを減らすためには円滑なコミュニケーションである。

食べることも重要ですが、食べる以外の方法で相手とコミュニケーションをとることも考えましょう。

 

ママ友とのお話なら公園でもOK

ママ友の情報交換も飲食しながら行う必要があるわけではありません。

小さな子供連れでも心置きなく話ができる場所としては、ファミリーレストランは確かに便利ですが飲食店ではお金もかかりますし食べすぎは避けられなくなります。

ですから、たまには公園で子供達を遊ばせてあげながら自分たちはベンチに座って話してみてはどうでしょうか?

その際は自動販売機のペットボトルのお茶さえあれば十分ではないでしょうか。

 

家族とのコミニュケーションも食べることから変えてみよう

家族ともファミリーレストランや食べ放題などに頼るのではなく休日家族で公園に出かけて遊んだりサイクリングをしたりして体を動かしてみてはどうでしょうか。

屋外で運動することは精神的なリフレッシュにもなりますし何よりも共通のスポーツをすることで連帯感を生まれ、家族の絆も深まります。

その後みんなで家に帰って食事をすれば美味しくさらに食事に集中するのではないでしょうか。

 

食べ過ぎも無かったことにできる簡単な方法とは

ダイエットをして痩せたいのであれば余計なものを食べるのはやめたほうがいいです。

しかし、付き合いだったりストレスだったり、食べる事が好きだったりなかなか食べ過ぎをやめるというのは難しいもの。

「食事を抜いたり我慢したりするのは余計食べたくなってしまう」

これがダイエットがうまくいかなり原因です。

 

「好きなものを食べても脂肪が付かないようにする」

これがダイエットでまずやるべきことなのです。

こちらの記事では

「食べ過ぎてしまった場合や食べ過ぎてしまう場合のリセットできる様々なアイテム」

を紹介しています。

⇒食べ過ぎを無かったことにするアイテムまとめ

 

まとめ

付き合いが多いことはそれだけ貴方は人間関係に恵まれているのです。

ですが付き合いだからといって出された食べ物を全て食べていては貴方の身体は脂肪を蓄積してしまいます。

そのためにも付き合いで食事やお酒の席がある時は食べる事を意識することが必要です。

 

付き合いで食べ過ぎてしまったら翌日調整すればいいだけですし、食べる必要がない付き合いであれば無理して食べる必要がありません。

 

付き合いが多く太ってしまった人はそれだけ貴方は気を使える優しい人です。

まずは自分の身体に優しくなるこれが最終的にはみんなに優しくなれる事です。

-痩せるメンタル

Copyright© 運動せず簡単にダイエットする方法〜楽して痩せま専家〜 , 2018 AllRights Reserved.