痩せたいけど楽したい!運動は忙しくて無理!そんな人でもダイエット成功できてしまうなるほどと思える方法を紹介しています。

運動せず簡単にダイエットする方法〜楽して痩せま専家〜

痩せるメンタル

デブは言い訳が多くなにかにして食べるそんな人達の痩せ対策4つの方法

投稿日:2016年9月27日 更新日:

デブ特徴で言い訳して食べてしまう人が多いということが挙げられます。
食べ過ぎた事に対して何かと理由をつけてごまかしていませんか?

  • 疲れると頭が回らないから甘いものが必要だった
  • みんなが美味しそうに食べているのに1人だけ食べないというのは空気が悪くなるので食べないわけにはいかない
  • 私、毎日頑張っているんだからご褒美だし思いっきり食べよう

こういった具合です。

このような言い訳をしてついつい食べて毎度後悔の連続。

言い訳ばかりの自分が嫌になると自己嫌悪。こ

のまま言い訳ばかりの人生で痩せることなんてできない…

そう思っていませんか?

 

言い訳というのは精神的な自己防衛の一つであり人間として正しい行動なのです。

ですから言い訳ばかりして自分は駄目な人間って思ってはいけません。

大丈夫です。

 

ただちょっとダイエットの方法が間違っていただけなのです。

その間違えを正しちゃんとした方法を行えばダイエット成功することも簡単にできてしまうでしょう。

 

 

言い訳をして食べる人が太ってしまう原因

yakegui
言い訳をして食べてしまう原因は

  • 目標を高くしすぎている
  • 痩せようと思っていてもそこまで痩せたいと思っていない

この2つが大きくあげられます。

ダイエットの目標を高く設定しすぎるとダイエットのちょっとした一歩でも

「私は今日こんなに長い道のりを一歩前進した」

とご褒美を自身にあげたくなってしまうのです。

やったことに対して大げさに正当化してしまうのです。

 

このような言い訳をすることで食べ過ぎてしまったことを正当化し、反省しなくなります。

むしろ食べ過ぎたことに対し、私は被害者だと考えてしまう人も多いのです。

そのため、同じ過ちを何度も繰り返してしまう可能性があるのです。

 

言い訳しては食べるということを繰り返しているうちに、食べ過ぎるのが当たり前になってしまい

「自分には所詮ダイエットは無理ちょっと頑張ったところでどうせ痩せることはできない」

「痩せられる人は、意志の強い人なんだ」

とぼやきながらまた食べてしまうことで悪循環が起こります。

その結果、ダイエットを諦めてしまう結果に。

このように言い訳が多い女性はダイエットは長続きしにくい傾向があると言えます。

 

友人や知人にいるのではないでしょうか。

太っていても今日は特別と言って大量に食べるような人このような人がそんな言い訳が得意な人です。

いろいろと理由をつけては食べ過ぎてしまうことが多いと思い当たる人は、

肥満になりやすいハイリスク群であるということを心得ておいた方が良いでしょう。

 

言い訳を理由に食べてしまっている人の対策方法


ではどのようにしたら自分の言い訳を理由に食べてしまう事を防ぐ事ができるのでしょうか

 

自分の体重や体型をちゃんと目を向ける

言い訳してつい食べてしまう人は、ダイエットをしているけどダイエットの意思はそこまで無い人が多くいます。

痩せたらいいな位の意思なのでちょっとした誘惑にもすぐに負けてしまいます。

本当に痩せたい、キレイになりたいと思うのであれば、自分自信の身体をちゃんと再認識するべき。

鏡で自分の体型を客観視してみたり、スパや街で自分と同じ身長の人と自分を比較してみて自分は太っているんだと再認識する事が必要です。

 

 

1日食べるものを予定しておく

日々の中でイレギュラーで発生する食べるイベントというのはそこまでありません。

急な友達との食事の誘いや上司や同僚、部下との飲み会など実は1ヶ月スパンで見るとそこまで無いと感じませんか?

 

ですから1日の食生活において今日はこれを食べようという計画をあらかじめ決めておくのです。

当然ストレス解消にオヤツは必須という人もいるでしょう。

オヤツも食べる計画に入れておくのです。

こういう計画を事前に行っておけば言い訳を理由に過食してしまう事も防ぐ事ができます。

 

自分のダイエット計画をもっと楽にする

ダイエット出来ない人がつまづきやすい理由に

出来もしないダイエット計画を初期から掲げている事です。

いきなり運動を始めて、食事制限そして好きな食べ物を断つ。

例えるならいきなりフルマラソンの練習を運動していない人が行うような無謀なチャレンジなのです。

自分の無茶な計画に縛られてイライラしてついつい私頑張っているし(計画だけ)食べていいよね。

となってしまうのです。

ですから出来もしない計画を立てるよりも毎日ウンチ出るように腸に良い食事を心がけよう。

位のゆるい気持ちから始めるべきなのです。

関連記事:100kg近くのデブでもジョギングは続けられるのですか?

 

言い訳食べするなら糖質阻害系のサプリメントを飲んでおく

言い訳して食べてしまう食べ物のほとんどは、簡単に食べられてしまうお菓子やファストフードの場合が多くありませんか?

このような食品は肥満の大きな原因である炭水化物(糖質)が多く含まれています。

ですから脂肪の原因である糖質の吸収をある程度阻害できれば、いつもより太る事は予防できます。

関連記事:糖質によって太る原因メカニズム

 

今まで100吸収されていたのを70にするだけでも有効では無いでしょうか?

当然食べてしまった事はなかった事にも出来ませんしサプリメントを摂取したからといつもより食べてしまっては意味はありません。

ですから自分は意思が弱くて‥という人には適しているのです。

糖質の吸収を阻害するのは食物繊維です。

食べる20分前位に摂取すると良いでしょう。

食物繊維は便秘にも効果があります。

 

 

まとめ

言い訳して食べてしまうのは自分の決めたダイエット計画に対しできていない事への後ろめたさから来ています。

ですからまず自分がやれる範囲でやる

そしてそれが当たり前に意識付けするまではそれだけでいいという心のゆとりが必要です。

ダイエットはゆっくり時間をかけて行うものそう考えれば簡単と思えるのではないでしょうか。

-痩せるメンタル

Copyright© 運動せず簡単にダイエットする方法〜楽して痩せま専家〜 , 2018 AllRights Reserved.