痩せたいけど楽したい!運動は忙しくて無理!そんな人でもダイエット成功できてしまうなるほどと思える方法を紹介しています。

運動せず簡単にダイエットする方法〜楽して痩せま専家〜

痩せるメンタル

ついつい食べてしまうエモーショナルイーティングがやめられない人の7つの脱却方法

投稿日:

腹のはずなのになぜか食べてしまう

 

  • おやつは別腹だからお腹一杯でも食べられちゃう
  • オヤツがあったらとりあえずお腹すいてないけどなんとなく口に入ってる
  • 駄目だとは分かっているのについつい食べ物を口に入れちゃう

 

 

ダイエット中駄目だとは分かっていながら食べてしまったり
なんとなくおやつがあったらお腹が空いていないのに食べてしまったり
そんなついつい食べてしまう症状のことをエモーショナルイーティング
このように呼ばれています。

 

 

このついつい食べてしまうのさえ辞められれば痩せることができるのに
と考えてしませんか?

 

 

このつい食べというのは貴方が思っている以上に根の深い問題なのです。
ですから辞めればいいでしょといって辞められないのはそれが理由です。

 

 

では一生つい食べが辞められないの一生太るまんま?
そんなことはありません。
つい食べを辞めることができちゃんと痩せる方法もあるのです。

 

 

つい食べてしまうのはなぜなのかその理由をまず知り解決策を
実践することによって貴方の問題は解決できます。

 

手に取れる食べ物がいつでも置いてある


つい食べとは食べよう食べたいという意識がないのに
つい食べてしまうという食べ方です。
食べることは別の行為をしながら食べ物をつまんでしまいます。
例えばテレビを見ながら本を読みながら
スマートフォンをいじりながらなどお菓子を食べてしまう
仕事や作業が一段落した時空腹でもないのに何かを食べている一息つくそれがつい食べです。

 

 

何かをしながら食べてしまうながらた部屋何もやることがなく
時間つぶしのために食べてしまう暇つぶし食べ一息つきたいときの一休み食べなど
様々なケースがあります。

 

 

いずれのケースも食事やおやつなどを
決められた時間でもないのに食べてしまうということがまず問題といえるでしょう。
つまり、食事や間食とは別のタイミングで食べているため
食べ過ぎの原因となりやすいと言えます。

 

 

無意識で食べていることもある


また、食べることを意識せずになんとなく食べているということにも大きな問題があります。
何かをしながら食べたものや、何かのついでにつまんで食べたものは
食べたというしっかりとした記憶として残らないのです。
とはいえ、無意識のうちに食べてしまったものも満腹感や満足感は得られませんが
体内ではしっかりと吸収され体脂肪となって蓄積されています。

 

 

つい食べて食べてるてしまったもののひとつひとつは小さなエネルギー量かもしれませんが
それが頻繁に行われると積み重ねによって大きなエネルギー量になってしまうのです。
ですから、私そんなに食べてないのに取っていると言う人は多くの原因に
ついつい食べているということを頻繁に行われている可能性があります

 

一番の原因はすぐ食べられるものが手元にあるから


ではなぜ、つい食べをしてしまうのでしょうか
その理由は簡単です手の届くところにいつも食べ物はあるからです。

 

 

このような食品空腹でもないのに軽い気持ちで食べてしまう状態であり
わざわざ店に買いに行ってまで食べようと言う強い意志は伴っていません。
つまり、そこに食べ物がなければ食べずに済ませられるです。

 

 

例えば冷蔵庫にレバーがおいてあったとしてそれをついつい食べようと思いますか?
レバー自体仕込みにも調理にも手間がかかりますし
そうそう簡単には食べることはできません。

 

 

スーパーやコンビニなどでお腹がすくと
急に力が出なくなるからといって買い置きしたり
三つで500円これはお得だと言って
本当に必要がないのにおやつを買ってしまうこれが問題なのです。

 

 

小腹がすいたときに軽くつまめるようにとお菓子の買い置きなどをしていませんか?
そしてそのお菓子がちょっと手を伸ばせば届くところに常備してありませんか?
そうした環境がついたべという習慣も生み出してしまうのです。

 

 

つい食べちゃったを防ぐには


食べなくても大丈夫ということを意識する。
なんとなく口寂しい時に私たちはつい食べをしてしまいます。
食べないで口寂しさを紛らす方法をアドバイスします

 

 

  • 例えば食べ物ではなく飲み物で紛らす

飲み物といっても水かお茶のようにカロリー0のものにします。
どうしても甘いが飲みたいのであれば0キロカロリーのドリンクでも構いません。
500ml サイズのペットボトルの水やお茶を身近に置いておき
口寂しくなったら手を伸ばすのは水かお茶。これなら太る心配はありません。

 

これがわざわざ冷蔵庫から大きいサイズのペットボトルを出してきたり
紅葉を沸かしてお茶を入れたりとした。手順が必要になると面倒になってしまいます。
ですから、すぐに飲める500ml サイズのペットボトルが好都合なのです。

 

これなら、何かをしながら飲むとしても暇つぶしで飲むとしても
一息つきたい時に飲むとしても
体脂肪の蓄積を気にする必要はありません。
そして家事が一段落するなどして一息つきたいときは
食べること以外の方法で一休みすることを考えましょう。

 

 

  • 食べる以外の作業に集中する

例えば知り合いにメールを打つといった作業は頭も指先も使うので
食べながらというわけにはなかなかいきません。
つい食べがしにくい気分転換です。
家事の途中であれば、軽いストレッチ運動をするなど気分転換を図ることが有効です。
軽い運動は気分転換の効率が高いことが知られています

 

 

  • 買い物に出かける

いっそのこと、買い物に出かけるのも良いでしょう。
外出してしまえば必然的に食べることはできなくなります
家で休憩しているとつい食べてしまうという人は夕食の買い出しに行ったり
食べられない状況に自分を追い込むことが効果的です。
ただし、買い物のついでにお菓子を買い込むというのは論外です。

 

 

そうして別のことをしていると案外食べなくても大丈夫だということに気付くでしょう
つい食べに陥りやすい人は食べ物があれば安心できるストレス解消には甘いものが1番
食べないと体が動かないなどと思い込んでいる傾向にあります
飲み物だけでも落ち着くんだ。
運動するのも気持ちと気づくことでつい食べから逃れることができます。

 

 

時間の使い方を変えてみよう


物足りないからまた食べてしまう場合
つい食べをしないためには、食生活全体の見直しが必要です。
日常生活の中で食べる時間と食べない時間のメリハリをはっきりつけることがポイントです。

 

 

食べる時間とは、食事や間食の時間のことです。
1日のうちで、そういった食べることに費やす時間をきちんと決めてその時間は必ず食べること。
それ以外は何もしないようにします。
一方、家事や仕事もしくは趣味や休養をするとき食べることを目的としていない時間帯が食べない時間です。
この食べない痴漢は一切食べ物を口にしないようにしましょう。
これはつまり、食事の時間は食べることに集中しそうでない時間はむやみに食べないということです。
例えば食事の時間がもったいないからとパソコンの前で仕事をしながら
パンやおにぎりなど簡単に食べられるものを食べたり
テレビを見ながらおやつを食べるなど、こういった食べ方は好ましくありません。

 

 

このような食事方法は実際食べている行為にだけ満足していて味わってもいませんし
食事の雰囲気を楽しんでもいません。
このような食事からは満足感を得ることはできないでしょう。
食べたという実感もあまりできず満足感が全く感じることができず
物足りなさから度々つい食べをするようになってしまいます

 

 

食事の時はたとえ十分でも15分そんな短い時間でも
家事や仕事その他のやることから一旦離れて
別の場所へ移動し他の事は忘れてただ食べるための時間を作るようにしましょう。
ゆっくりと食べる食事は美味しいと感じますし
食べているという実感や満足感も得ることができます。

 

逆にエネルギー補給の名目で片手間に取った食事は
1時的に空腹をしのぐことはできても食事を楽しんだという満足感にはつながりません。
そのような食事は何を食べたのかよくわからない状態になってます。
しかしそこで得られたエネルギーは消費されなければ体脂肪となってしまいます。
さらにこれについたてが加わってしまうと
一日中食べたという満足感の得られる食事をしていないのにも関わらず
エネルギー摂取量から見ればカロリーオーバーつまり食べ過ぎの状態になっているのです。

 

 

環境と習慣を変える


お菓子の買い置きはしないようにしよう
つい食べを追放するための効果的な対策方法はついたてができないような環境にする。
ということか大切です。
具体的には、つい食べが出来るように食べ物を置いておかないということです。

 

 

  • すぐ食べられるものは買い置きしない

例えばすぐ袋を開ければ食べられてしまうようなお菓子や菓子パン
そしてすぐ味が楽しめるような食べ物に関しては
冷蔵庫や食器棚に置かないということです。

 

買い物も際にもちょっと甘いものが食べたいなとか
お腹がすくとやだなという感じで買う予定のなかったお菓子やパンなど買ってはいませんか?
また、さんぷくろいくらと言うセールにこれはお買い得だと言って
不必要なお菓子とかは買っていませんか?
買ってしまったものは結局食べなければもったいないので
最終的には誰かの口に入ることになります。
それか買った張本人となる可能性は極めて高いといえるでしょう。
一人暮らしであればなおさらです。
こうした経験により、家にお菓子が常備されている環境が整ってしまうと
つい食べに走りやすくなってしまいます。

 

 

また、空腹が怖いとか災害があるとというへんな理由で
カップラーメンを大量に買い置きしている人もいますが
こちらもつい食べに走りやすくなってしまいます。

 

 

お菓子の買い置きをしないためにも
買い物に出かける際はあらかじめ買い物リストを作っておきましょう。
それを参考に買い物リストに載っていないものは買わないように気をつけるこれがポイントです。
また、スーパーなどに行って思わぬセール品があったとしても
すぐに食べられるものは買わない
ひと手間加えないと食べられないようなものをであれば買うようにしても問題ありません。

 

 

  • 空腹の時は買い物に行かない

空腹時にスーパーやコンビニに入ってしまうと
自分の食欲に任せて食べたいものを過剰に買ってしまう傾向があります。

 

めちゃくちゃお腹がすいていて絶対これだけ入るだろうといった感じで
あれもこれもとカゴに入れてしまいます。
ですから、買い物に出掛けるタイミングはある程度お腹が満たされている食後にすると余計なものを買わずに済みます。
食後の運動がてら買い物に行くと運動にもなりますし
余計なものも買うことが少なくなります。

 

 

買い置きがないとつい食べは思いっきり減る
どんなに意志が強い人でも食器棚や冷蔵庫ケーブルの上にすぐ食べられるものが置いてあるとついつい口に入れてしまうという傾向があります。
ですが逆に家に着い食べられるというものが一切ない場合は
つい食べが癖になっている人でもまあいいや、と感じるようになります。
思った以上にね何かを買いに行くつい食べするために
コンビニに行こうと思う方は面倒で食べることがなくなります。

 

 

余計なものを買わないから節約にも
つい食べが止められれば、時間とお金の節約にもなります。
食べる時間を決めてそれに集中する。それ以外は食べない
無駄な買い置きはしないそのような生活にメリハリがつくので
家事や仕事などの作業に集中しやすくなりますし
必要のない食べ物にお金を費やすこともなくなります。
それに、ダイエットにもなれば、いいことづくしです。

 

 

  • 間食でおやつを食べる必要はない

家事や仕事の一段落した休憩時間に間食をとることが習慣化してしまっている人がいます。
掃除や洗濯など一通り終わって解放された気分になった時は
確かにお茶とお菓子で一服したくなるものです。

 

ですがその時はお茶かコーヒーなどで一服しお菓子は一緒に食べないようにしましょう。
そもそも休憩はお菓子を食べる事ではありません。
お菓子を食べるほど実際はそこまで消費カロリーを使用しているわけではありませんし
糖分を摂らなきゃいけないほど脳が消費している。わけでもありません。

 

 

お菓子を食べるというのは本来子供のもの
そもそも、おやつの目的というのは消化機能が十分発達していない子供は
一度の食事では十分な栄養素を摂取吸収できないために
1日の栄養素を補う目的で食事と食事の間に食べさせるというのが本来の目的なのです。

 

 

では成人の人が行う間食とは何なのか
それは大人が取る感触は休憩時に心を癒すためのものであり
エネルギー量の多い食品を摂ってしまうとエネルギー摂取過多になってしまいます。
ですから、おやつというのは1日のエネルギーが満たされているのてあれば
取る必要のないものなのです。
空腹でもないのに休憩時間のたびに間食をとっていると
食べ過ぎとなり、体脂肪がたまりやすくなります。
また、休憩時間のたびにお菓子とくに炭水化物が高いような食品を食べ続けるようになると
常に血糖値が高くなりインスリンの分泌が常に起こるようになっています。
このような現象が続くと、血糖値は常に高くなって低くなっての繰り返し
インスリンが分泌されて低くなった血糖値を補うために
また甘いものが欲しくなるという悪循環にもなってしまいます。

 

 

  • 正しい大人の間食の方法

仕事や家事の合間にとる休憩時間でば原則として
食べ物は口にせず甘みのない飲み物だけを取りましょう。
ですがやっぱり甘いもので一服したいという気持ちはわかります。
ですから、おやつを嗜好品としてちゃんと位置付けし
週に1回あるいは2回と回数を決めてその日だけは間食をとっていいということにします。

 

 

このように絶対食べないとか絶対食べるという明確なルールを決めるわけではなく
基本おやつは食べない。
だけど、ひどく疲れてどうしても甘いお菓子が食べたい時は我慢しないで食べる
というルールにしましょう。
そうすれば食べられないイライラというものもなくなりストレスをためずに済みます。
肝心なのは気づかず食べるということをやめ間食は意識してとるというようにしましょう。

 

まとめ

つい食べてしまうエモーショナルイーティングは本人の気の持ちようでいくらでも改善できます。
問題なのは手元にすぐに食べられるものがおいてあるということです。

 

 

これは手元にすぐ食べられるものがあるとどんなに痩せている人や
ダイエットを頑張っている人、自己管理がちゃんとできている人でも食べてしまう傾向があります。
ですからつい食べてしまうというクセは別に病気ではなく行動なのです。

 

 

一番の解決方法はムダな物は家に置かないということです。
一人暮らしなら可能かもしれませんが、家族がいたら難しい…。
そう考えがちですが、オヤツは手作りのもので使い切り、食材は調理しないと食べられないようにする。

 

 

オヤツは子供のものと割りきるという工夫をしてみてはどうでしょうか。
オヤツを否定するわけではなく無意識に意味の無い食事は辞めようということです。

-痩せるメンタル

Copyright© 運動せず簡単にダイエットする方法〜楽して痩せま専家〜 , 2018 AllRights Reserved.