痩せたいけど楽したい!運動は忙しくて無理!そんな人でもダイエット成功できてしまうなるほどと思える方法を紹介しています。

運動せず簡単にダイエットする方法〜楽して痩せま専家〜

痩せるメンタル

「明日からダイエットしよう」が口癖の痩せない人の今日からできる5つの対策方法

投稿日:2016年9月29日 更新日:

と鏡や体重計を見て驚愕した自分の体系や体重

 

「これはヤバイダイエットしなくちゃ」と焦る自分
ダイエットといえば辛い食事制限と辛い運動
「考えただけでも億劫だ…」
せめて「明日からダイエット頑張るから今日は最後の晩餐だ!」

 

 

このような「明日からダイエット」でいつまでたってもその「明日」が来ること無く
ダイエット実践できない人いませんか?
覚悟を決める前にテンションを高めるということはとても有効です。
ですがいつまでたっても実行できない人ダイエットは
上島隆平でダチョウ倶楽部のメンバーような誰かが強制的に押してくれるわけではありません。

 

 

「明日から」がなかなか治らない人は多くいます。
自分はヘタレだからこれは治らないと思う人もいませんが
人間であれば誰でも「今日」から改善できるものなのです。

※長い文章なので腰を据えて見てください。

 

 

明日からダイエットが口癖のタイプは二通り

「明日からダイエットすればいいや」と言っていつも失敗になってしまう人がいます。
明日からダイエットが口癖の人には2つのタイプがあります

 

一つは「今食べたいダイエットは明日からすればいいということにして
今食べたい」という気持ちを優先してしまうタイプ

 

もう一つは「今日はもうたくさん食べてしまったから
ついでに食べても同じダイエットは明日から始めればいい」と言った
言い訳をしながら結局食べ過ぎてしまうタイプです。

 

 

どちらも特別な事ではなく、誰にでも心当たりがあることではないでしょう。

 

 

今の気持ちを優先してしまうタイプ

場合によっては毎日明日から明日からと言い続けて永遠と先延ばしにしてしまう人もいます。
「火曜日に始めたらキリが悪いから週末からやろう」などと言って
ダイエットを先延ばしにしてしまう人もいます。
結局いつまでたってもダイエットは始められないということです。

関連記事:食べ過ぎた翌日も食べて無かったことにするリセット方法

 

自分に甘い人の特徴

目の前のご馳走に心を奪われると食べずに我慢することができないのです。
「こんな美味しそうなものを食べずに済ますことはできない」
という考えで頭がいっぱいになってしまいます。
おいしいものを最後に食べるまり食べ納めにして
「明日から頑張ってダイエットすればいい」という言い訳をして自分でも納得してしまいます。

関連記事:ついつい食べ過ぎてしまうのを止めさせるたった一つの方法

 

明日からダイエットするの困ったところ


明日から始められればいいという理由で
今日の食べ過ぎを黙認してしまうというのが問題です。
「今日は食べ納めの日なのでいくらても食べてい
明日からは心機一転ダイエットに励むのだから今日いっぱい食べて明日の活力にしよう。」
と考えることで、今食べることを許されると考えています。
一旦許されるとほどほどのところで食べるのをやめることができず
明日の分までと暴食に走ってしまいがちです。
このような人は、もともと食べることへの執着心が強い傾向にあります。

 

 

 

言い訳をしながら結局食べ過ぎてしまうタイプの人も特徴

このタイプでダイエット失敗する人は完璧主義の人に多く見られます。
一旦ダイエットを始めたら気が緩んで食べ過ぎてしまった日が
「たった1日でもあってはいけないそれは自分に負けたことダイエットに失敗したことを意味する」
というようなダイエットの理想像を追い求める人です。

 

 

 

完璧主義が陥りやすい傾向


こういった考えの人は小さな失敗やミスもいけないこととみなし
途中からでも建て直して頑張ろうという気持ちにはなれません。
計画を基にそれを実行に移し、少しでもダメだったというALL or NOTHING
という視点で物事を判断してしまいます。

 

 

 

完璧主義者が食べ過ぎてしまう理由

ダイエット中にイライラたときつい食べ
付き合い食べなどをイレギュラーな時にうっかりしてしまった場合
このことを自責の念で公開し最終的に自分にはダイエットは無理だと簡単に諦めてしまうのです。

 

普通の人でも難しいようなダイエットの目標に
自分自身で勝手につまづきつまずいたことが原因で
ダイエットが続けられなくなるというプロセスをたどるパターンです。
諦めてしまうだけならまだいいかもしれませんが
つい食べ過ぎたということで「今日はもういいやとあきらめて思いっきり食べる日にしよう」
ということで、際限なく食べてしまう人もいます。
自暴自棄になってしまい
「どうせダイエットなんて無理だから今日は思い切って腹いっぱい食べてやる」
と感情的になってしまうのです。
翌日になると冷静になり先日自分がやった愚かな行為に落ち込み
自分の行動を責めダイエット成功の道から遠のく自分に失望してしまいます

関連記事:ダイエットのモチベーションをまた上げるためのやる気アップ12の方法

 

明日からという先送りの人の問題点

このように明日からと先送りするようなことを繰り返していくうちに
自分にはダイエットは無理だと諦めるようになってしまい
そのうちダイエットに挑戦することも避けるようになってしまいます。
こうした人は全般的に自己評価が極めて低くダイエットだけでなく
勉学や仕事にもチャレンジできなくなる傾向があります。

 

 

目の前の誘惑に負けてしまう人の対策は衝動的な食欲は今我慢あと食べる


明日から食べればいいやとダイエットを失敗している人も
目の前に美味しそうなご飯やお菓子の誘惑に負けてしまいやすいタイプの人は
その美味しそうなものを一度食べるのを保留してみると良いでしょう。
食べたいと思ったらすぐ口に入れるのではなく
一旦我慢してみるのです。
そうして、1~2時間してから冷静に判断してもやっぱりおいしそうなものだということになれば
食べるということにするルールです。

 

 

こうすることによりやっぱり食べなくても平気と我慢しやすくなります。
最初に食べ物を見た時の瞬間に起こる本能的な食べたいという衝動は
一時的なものに過ぎません。
ですから、時間をおいてから改めて客観的に見るとそれほど美味しそうにも感じられませんし
食べたいと思うこともありません。
この方法は本能である視床下部と理性を司る大脳新皮質の関係で
理性を働かせ本当に必要かどうか判断する方法です。
このように本能に任せて食べるのではなく
一旦時間をおいてから冷静になって判断をする方法をとることで
衝動的に食べてしまうことを防ぐことができます。

関連記事:過食やめたい イヤやめる必要ありません 食べても痩せるダイエットの方法

 

完璧主義者の失敗は多少自分に甘くなる

ダイエットにおいて1日でもミスが許されない完璧主義者の人には
一度も失敗で簡単にダイエットを諦めないという姿勢が求められます。
ダイエットに取り組むとき、多少の失敗やミスつまづきを見過ごせる心の余裕も必要なのです。
多少失敗してもリカバリは余裕と思う心を作りましょう。

 

 

 

一食の失敗しても残りの二食でリカバリする

例えば夕食を食べ過ぎたのであれば
次の日の朝食や昼食の量を減らすとか
間食を抜くとか1日の中でやりくりすることでエネルギーの総摂取量は調整できます。
1日の中でできなければ、次の日に節制するというやり方でも構いません。
例えば旅行に2泊3日行ったとしてその2泊3日間何も考えず好きなものを食べ続けたとします。
では、その残りの1週間後4日間で調整すればいいという事です。
ですから、今日のダイエットはダメだったと簡単にあきらめて
ダイエットは明日からと先送りしてしまうのは好ましくないのです。
諦めた瞬間にルールから解放されてしまい
いくら食べてもいいという気持ちになってしまいます。

 

 

 

明日からがんばればいいというのはなかなかできない


本当に明日からダイエットが始められるかというとなかなかそううまくはいかないものです。
思い出してみてください。
夏休みの宿題で明日頑張ればいいやと言ってその日勉強をさぼったとします。
では、翌日の自分が果たして昨日の自分に対し責任を持ってやれるかという話です。
明日にはまた予想しなかった状況があり基本はできません。
ダイエット中明日が何事もないとは考えられない場合もあります。
予想しなかったイライラしてしまいつい食べをしてしまうかもしれません。
そうすると結局明日から予定していたダイエットもずるずると延期せざるを得なくなってしまいます。

 

 

 

明日からではなく今からやる

その日のダイエットが自分の思い通りにいかなかったとしても
すぐに諦めないようにすることが重要です。
明日から頑張ろうという考えは捨てて今からダイエットを心がけるようにしましょう。
もしうっかり食べ過ぎてしまった場合
次の瞬間から食べ過ぎないように切り替えればいいだけです。

ついおやつついさっき食べ過ぎてしまったというのであれば
その日の夕食のご飯の量減らすという考えに切り替えれば良いのです。
失敗を繰りして1日を食べ過ぎて過ごすのと
今すぐにでも食事量を抑えるのであれば、当然体脂肪の付き方も変わってきます。
ダイエットはいつでも始められるということです。
失敗してもすぐにリカバリできるという精神が大切です。

 

 

食べたものは必ずエネルギーになるということを自覚しながら食べる


一般的な健常な人であれば食べたものは必ず消化吸収され
必要以上な栄養そがあれば蓄積されて、体脂肪となります。
食べるのか食べないのかその判断の先には
摂取エネルギー量減らすのか増やさないのか2つの選択肢があると考えましょう。
つまりは食べてしまった物を食べなかったことにするということは絶対できないということです。
テレビCM や雑誌の広告などに食べたものをなかったことにと謳っている製品がありますが
これに踊らされないようにしましょう。
食べすぎてしまったものはしっかりと脂肪として蓄えられます。
特に糖質。ケーキや菓子パン、スナック菓子や清涼飲料水など、これらの食べ過ぎがあなたを太らせているのです。

関連記事:太る原因のほとんどは糖質を摂るからで説明がつきます

 

 

 

食べたら脂肪になると意識すること

日頃から食べるものを口に入れる前「これを食べたら必ず体脂肪になる」
ということを一瞬考えるようにしてみてください。
もう一口食べたいもう1回おかわりしたいと思って
少しだけ余分に食べたものも摂取エネルギー量に加算されると意識すると
お代わりを求めるとても止まってしまいます。
当然、食事中、このようなことをずっと考えていたら
脂肪のことばかり気にして美味しく食べられません。

 

 

食事で普通に食べる量はしっかりと食べておかわりやデザートを食べようかと迷った時に
立ち止まって、このようなことを考えることをお勧めします。」
特に糖質を含む食品ご飯や完麺類もしくはおやつなどの甘いもの
この世のものは糖質はダイレクトに脂肪になりやすい食品です。
ですから、このように意識付けする食品は基本糖質これを食べ過ぎないようにしましょう。

 

 

食べた食事はエネルギー量の総量で評価する

1回の食事で食べ過ぎてしまった時は今日1日がダメになってしまったもうダメだと考えるのではなく「この一食がダメだった」と考えを変えるべきです。

食事の栄養バランスもエネルギー量も1回の食事で完璧を目指す必要はありません。
一食がダメであればその日1日のトータルで評価すれば良いのです。

 

 

 

無理して朝食をとる必要はない


前日の夕食を遅い時間にとりちょっと多めに取ってしまった場合など
翌朝胃に膨満感が残っている食べたいという気がわかないという場合は
無理して朝食を食べるという必要はありません。
1日三食食べて、規則正しい食生活を送るということは
過剰に空腹にもならず冷静な判断で食事量をコントロールできるので良い方法です。
だからといって、無理に三食食べる必要はないのです。
よく一日3食食べないと脂肪の吸収が良くなって太りやすいといいますが
実際は一食抜くとお腹が減りすぎて一回の食事で食べすぎになってしまうから
というのが理由なので吸収がよくなる云々は無視しても良い話です。
ですから、外食などで食べ過ぎた場合、抜いてしまうというのもひとつの方法です。
このようにもし食べ過ぎたとしても、後からいくらでもリカバリーは聞くと考えた方がすダイエットは長期的に気軽に取り組めることができます。

関連記事:朝食抜きダイエットって実際痩せるの太るの?痩せるなら食べる必要ありません。その7つの理由

 

コツはどこでリカバリするか

大切なことは差別きた事をきちんと自覚し
どこかで調整しなくてはという意識付けを持つことです。
そうやって意識していれば脳で勝手にリミッターが効き
強引暴食に走ってしまうということはありません。
ちょっとしたつまずきで極端に落ち込んだり自暴自棄になったり
逆に食べ過ぎても無頓着でいるようなら肥満への道を突き進むことになりかねないと言えます。
高い理想を持つことは重要かもしれませんが
基礎固めということが1番ダイエットには重要です。
ですから、やれることはきちんとやる。
出来なかった場合はどこからで、リカバリをするという意識付けをしましょう。

 

 

 

失敗ても明日に持ち越す癖を直す

明日からダイエットをちゃんとしようと言うのが口癖の人は
「人生何事に於いても今日まで楽をして、明日から頑張る」という。
のではないでしょうか。
もし自分にその傾向があると実感しているのであれば
人生食事以外にも事案を持ち越す癖を改善した方が良いでしょう。
難しい課題や面倒なことをいつも先送りにしていると
自分自身の成長も得られません。
また、他人からの信頼も得られにくくなります。
まずはとりあえず始めてみる今できることをやってみるという考え方や行動に切り替えるようにしましょう。

関連記事:満腹なのに食べ過ぎてしまうのは性格だから凹む必要なし!すぐできる対策8つの方法

 

 

マニュアルや知識だけ豊富になってませんか?


ダイエットにはやたら詳しくノウハウやマニュアルばかり詳しい頭デッカチな人は
まず理屈を並べていろいろ考えるのではなく
自分にできそうなことから始めてみるのは大切です。

 

 

ジョギングは効率が悪いからやらないとか
筋トレはダイエットに向かないから無駄とか考えるのではなく
自分がやりたいことをまずやってみるということが重要なのです。
実際これが出来ずにダイエットを失敗しているという人が
ほとんど結局のところ失敗を恐れていたり
結果ダメだった場合恥ずかしいとか無駄だったと感じてしまうのが嫌だからです。

 

ですがスタートした後で何か問題が起こったりつまずきがあったりとしてしても
それは問題が起こった時にどう対応すればいいか考えればいいことです。
ジョギングを続けてみて膝が痛くなったのであれば水泳に切り替えればいいですし
自転車という手段もあります。
まずはあれこれ悩まずに実行し続ける癖をつけるようにしましょう。

 

 

 

ダメな自分も許してあげる

人生においてチャンスは一度きりという機会というのは実際そこまではありません。
何度でもリカバリすることは可能です。
ですがどうしても人間というのは、失敗を恐れてしまい行動が出来なくなってしまいます。
ダイエットを続けていく上で大切なのは誰にでも失敗はあるし
意志が弱くなってしまう時もあるということです。
少々のつまずきにへこたれない強さです。

 

お菓子の誘惑に負けて食べてしまった
友達の誘いを断りきれず予定外の豪勢なランチを食べてしまった
社会生活をいとなむ中で私たちの行動は筋書き通りにはいかないことが多くあります。

関連記事:お菓子食べ過ぎてしまう いつも誓いが守れないヘタレでもできるたった3つの対策方法

このようなイレギュラーなイベントに対し
その都度自分の意志の弱さを責めたり
実行できなかった自分に対し民人間と自己嫌悪に陥ったりしたらキリがありません。
そういうことをも踏まえて自分自身だと自覚することが必要なのです。
そして失敗してしまったらどう次に生かしていくかということを考えるべきなのです。

 

自分がダメ人間だと落ち込んだり失敗したことに対し
失望したりしているだけではダイエットは勧められません。
あなたのダイエットはこうあるべきという理想を掲げるより
まずは今日できること今できることを少しずつ積み重ねていき
結果ダイエットになるというふうに考えた方が楽ですし、失敗も少ないと言えます。

 

一番の理想は100点満点中1日60点ぐらいをそれではよいと考えればよいのです。
その日、50点だったとしても次の日、80点を目指せば良いですし。
1週間の平均点が60点お目指すと考えるのであればダイエットも簡単なのではないでしょうか。

 

 

 

自分もダメ人間と思わない方法


完璧なダイエットを求めすぎて成功できない自分をダメ人間と思い込み
自己評価をひどく落としてしまう人もいます

 

ダイエットに失敗してしまった=何をやってもうまくいかない
というネガティブな思考に陥ってしまいがちです。
「どうせ失敗するに決まっている自分にはうまくできるはずがない」
と気力や横を馳せることができなくなってしまいます。

 

このようなメンタルの問題に色の行動を左右されやすい傾向があります。
特に女性の場合はそうした特性が強く現れます。
生理周期などにより精神的な不安定さから歯止めがかからない頃
過食したり、その反動から拒食になったりする人もいます。

 

このような急にメンタルで弱くなってしまうという傾向は肝臓の疲労も影響しています。
不規則な生活で便通が悪くなっていたり
冷え性が悪化していると毒素の排出がうまく行かなくなり
肝臓に毒素が溜まり日常的な活動も弱くなってしまいます。
肝臓の機能が弱まると脳の影響も強く現れ
ネガティブな感情や気力の低下を引き起こしてしまいます。
ですから規則正しい日常生活を送ること
疲労やストレスをためず精神的に安定していることも
ダイエットを成功させるための重要なポイントとなる
つまり、心身ともに健康でなければ、ダイエットは出来ないということです

 

ダイエットがうまくいかないと思うときは完璧主義になっていないか
ネガティブ思考に陥っていないかなど
自分の健康状態や精神状態を見直してみましょう。
もし自分が客観的に判断して
なんでこんなにネガティブな思考を巡らしているのだろうと疑問に思うのであれば
肝機能を改善してみるそれだけでも大きく変わってきます。

 

まとめ

「明日から頑張る」という言葉はポジティブな言葉に一見聞こえますが
明日の自分に先送りするというネガティブな行為なのです。
その心理には、失敗したくないとか面倒臭いというものが含まれており
よほどの事が無い限り実行に移すことができなくなってしまいます。

 

 

ダイエットというのは、思っているほど大変な事ではなく
激しい運動を毎日したり、空腹に毎日耐えるような苦行ではありません。
「ちょっと食べすぎを正す」
というのをちょっとづつ毎日気を使うだけの意識した行為を続けるだけなのです。

 

 

ですからダイエット中一日ミスしても翌日からしばらく調整すればいいだけ
失敗を責める人もいませんし変に気を張る必要もないのです。

 

 

明日から頑張るではなく
「じゃあ今日ご飯を食べる量を減らしておかずの量を増やして糖質ちょっと減らそう」
これ位の生活を続ければみるみる痩せていきます。

-痩せるメンタル

Copyright© 運動せず簡単にダイエットする方法〜楽して痩せま専家〜 , 2018 AllRights Reserved.