痩せたいけど楽したい!運動は忙しくて無理!そんな人でもダイエット成功できてしまうなるほどと思える方法を紹介しています。

運動せず簡単にダイエットする方法〜楽して痩せま専家〜

腸内環境改善

職場でのおならや便意を我慢してしまうとどうなってしまうのか

投稿日:2016年10月11日 更新日:

toilet_gaman_boy

したいど出せない!オナラやウンチ

 

  • 授業中オナラが出そう!でも出したらヤバイ
  • お店に出ていて便意があるのにトイレいいけずいつも我慢してる
  • 彼氏と一緒にいるとオナラは恥ずかしいから我慢しちゃってる

オナラは便意は出せるなら出したいものですが、時と場所によっては我慢しなくてはいけないものです。

ですが一時的であれば我慢も仕方ないですが、その我慢が常習化してしまったら身体への悪影響は強くなってしまいます。

代表的なのが便意の我慢による便秘
出したいという本能に逆らうため出したいけど出せないという状態にいつも職場で我慢してると本当にヤバイかも…

ですが大丈夫です。

便意やオナラはコントロールすることができるのです。

ですから、授業通や仕事中でもオナラがしたい!

やウンチが出そうという事も便秘をせず減らすことができるのです。

 

 

おならや便意を常習的に我慢しすぎると腸は鈍感になってしまいます


スムーズに快適に便を出すためには大腸の蠕動運動と直腸の排便反射の連動がとても大切なのです。

職場でのおならの我慢やうんちが出したいのに出せないという常習性から鈍感になりすぎて、それができなくなっているのです。

 

バケツリレーのように大腸の中身を肛門の近くまで運んでいく働きが大腸の蠕動運動といいます。

その働きによってS 状結腸に溜まった便をしっかりと出す働きが直腸の排便反射です。

つまり、いくら便がお尻先まで運ばれてきたとしても、最後の直腸の排便反射が起こらないと、いつまでたっても便を出すことができないというのが理由です。

関連記事:おならがよく出る2つの原因病気かも?と思う前に

 

おならや便意我慢しすぎると、どんなことになってしまうか

便秘治療の一環において患者のお腹をもみほぐしだから排便を促す方法があります。

しかし我慢しすぎてしまった患者の腸は我慢強く。

「直腸さん、無駄な抵抗はやめて動いて楽になりましょうよ」

といくら押してもピクリとも動いてくれません。

そんな腸の持ち主は出すそうででないと苦しそうなのでお話を伺うと、やはり便意をもよおしても我慢してトイレに行かないことが多い、ということが多いのです。

つまりは完全に動かないように訓練されている直腸のです。

 

セルフ腸マッサージを実習している際もおならをしたくなった人が、動きだした腸を押さえ込んでおならを我慢してしまうという場面に遭遇することも多くあります。

たかだか我慢されと我慢

このちょっとしたおならや便意の我慢が積み重なることによって、出せない体から便秘という恐ろしい負のスパイラルをもたらしてしまうのです。

スムーズに便を出すことを習慣づけるためにも、便意をもよおしたらすぐにトイレに駆け込む癖をつけましょう。

せっかく腸が動き出したのですから恥は捨てて腸の欲求にしたがうことが良いのです。

そうすることが幸せを引き寄せる綺麗な腸への始まりです。

関連記事:体重が減ってるのにお腹だけは凹まない原因

 

便意の我慢やオナラを我慢しないための3つの対策方法

便意やオナラは生理現象の一つですが、会社の就業中や授業中に頻繁して発生してしまっては便秘の原因になってしまいます。

ですが、便意やオナラが出るタイミングをずらせばその問題も解決できるのです。

 

おならや便意があっても大丈夫な時間に調整する

おならが出る原因は、大腸内に便が溜まっているから。

つまりは便を出してしまえばオナラもでなくなります。

便というのは朝一番が一番腸の蠕動運動が活発なので朝便を心がけることが有効です。

関連記事:早食いは便秘やオナラの原因改善するための5つの改善方法

  • 朝早めに起床する
  • コップ一杯の冷たい水を飲む
  • 朝食を食べる
  • 暖かい食べ物を中心に食べる
  • 30分くらいゆっくりする

朝はぎりぎりまで寝ていたいと思いますが便通のことを考えると、朝は通勤通学1時間前に起床しているのが理想です。

早めに支度と朝食を済ませ30分くらいゆっくりとしていると朝の活発な蠕動運動と食後のリラックス効果によって便通が促されます。

関連記事:腸内環境を整える食べ物

 

おならを出さない腸内環境にする

オナラが出過ぎてしまう人の腸内環境は消化不良の食べ物が腸内に残っており、それが醗酵してガスを生み出す場合と、便意を我慢して腸内でその便がガスを発生してオナラになっている場合の二通りがあります。

 

問題は消化不良を起こして出るオナラですが、消化不良を起こさないためにも消化の良い食事を心がけることが一番です。

また、消化を助けるためにも食物繊維や乳酸菌の摂取は意識しておきましょう。

関連記事:プロテインおならが増えるくさいトレーニング効率落ちる原因にも抑えるための4つの方法

得にオナラの回数が多く常習性があるのであればこちらは多めに摂取するとオナラが激減します。

関連記事:便秘解消に効く睡眠

 

好きに出せる場所を見つけておく

オナラや便意を我慢するのはよくありません。

学校や職場でも心置きなく出せる場所というのは必ず見つかります。

「ここに行けば好きなだけ出せる」という心の安心も便秘改善に効果があります。

普段便意やオナラが出そうなタイミングで出せるような場所数箇所は保険をかけて探しておくと理想です。

そこへ行けば好きなだけ心置きなく出しておきましょう。

関連記事:すかしっぺはなぜ臭いの?腸の不調と5つの対策改善方法

 

まとめ

時には便意やオナラを我慢することも必要ですが生理現象を我慢するというのは本能の拒絶ですから常習性があると当然便秘という最悪の結果になってしまいます。

 

ですが、普段出てしまうタイミングさえずらして早めに出してしまえば、オナラや便意を我慢することなく今の生活を楽しむことができるのです。

まずやってみて欲しいのは朝ちょっと早くおきてゆっくりする時間を作ること。

ぎりぎりまで寝たいと思うかもしれませんが朝起きて日の光を浴びてゆっくりご飯を食べてちょっとぼーっとする位が腸にとっては嬉しいことなのです。

-腸内環境改善

Copyright© 運動せず簡単にダイエットする方法〜楽して痩せま専家〜 , 2018 AllRights Reserved.