痩せたいけど楽したい!運動は忙しくて無理!そんな人でもダイエット成功できてしまうなるほどと思える方法を紹介しています。

運動せず簡単にダイエットする方法〜楽して痩せま専家〜

腸内環境改善

宿便の出し方2つの方法でペッコリ下腹目指しましょう

投稿日:2016年10月11日 更新日:

benpi_geri_woman

ぽっこり下腹がコンプレックスの人って多いですよね。

「このぽっこりお腹は宿便のせいだ!出したい」

どうにかしたいと思うはずです。

 

しかし宿便は存在しないという医師もいます。

 

  • 専門家曰く数日間停留する停留便があるだけで、宿便は存在しない
  • 腸の粘膜は頻繁にはがれ落ちるからこびりつくことはない
  • 腸のヒダは蠕動運動で上下するからひだの間に溜まることもない

このように否定的な意見が多いのですが中には、油分が固まってゴム上になっているものも多く、とても数日間で形成されるようには思えない程の便がある場合もあるといわれています。

「じゃあやっぱり宿便はあるんじゃないか!」と思いすよね。
実際宿便というのは便を長年貯めているわけではないのです。

宿便というのは大きくわけて2つの種類がありそれが原因で長年溜まった便が宿便があると勘違いしてしまうのです。

まずは宿便の出し方について紹介しましょう。

 

専門クリニックにて腸内洗浄を行い宿便を取る

私も何度か行きました。肛門からぬるま湯を浣腸みたいに注入して、溜まった宿便を排出させます。

驚くような量でした。

普段毎日コーラックを飲んで下痢してからっぽになったつもりなのに、汚いですがドロドロした便や野菜のようなかけらとか、ふわふわした老廃物か腸液が出て、結構すっきりしますよ。

お腹のガスが減って楽になったし一度に服用する下剤も少し減らせました

あまりやり過ぎると逆効果らしいですね。

関連記事:コロコロ便を改善したい水分摂取生活習慣正しいのに改善しない人の6つの対策方法

ファスティング(断食)にて宿便を排出させる

1~3日のファスティングが効果あります。

こちらに詳細をまとめています。

断食で便秘解消1週間で下腹ベッコリ凹ます腸内環境改善デトックス方法

 

 

長年溜まっている便という意味での宿便は存在しない


不腸に悩む多くの女性にとって宿便のはとても関心のあるキーワードではないでしょうか。

「ネットの情報だと宿便を減らしたら5kg減ったとか…」

宿便については長年滞留して腸に汚している古い便といった解釈かと思われますが、医学的には何年お腸の中に便が溜まり続ける可能性は無いと言っていいでしょう。

そして、医学用語でも宿便という定義はありません。

 

そもそも胃腸検査の際にバリウムも飲んだ際下剤を処方され、体内のバリウムを出す作業が必要となります。

その際に宿便があった場合バリウムの作用で凝固剤により便が硬くなってしまい、宿便があればそれが固まり続け、腸閉塞の病気もなりかねません。

ですから、ずっと便が溜まるという現象はないのです。

大腸内視鏡検査でも腸の中を空にしますし映像としても確認できている事実なのです。

 

長年溜まる宿便は無いが宿便はある


では宿便は本当にあるのかといった質問もされますが宿便はあると認識しても問題はありません。だが、その意味合いはもっと様々な状態が含まれていると考えられるでしょう。

そのパターンが2つあるということです

 

  • 滞留便

大腸の奥にある滞留便です。

医療従事者が認識している宿便とは一般的にこの滞留便を言っているのではないでしょうか。
通常便はの出口近くの左下腹部あたりて固まります。

おへそも高さあたりで体を横断している横行結腸の中には、泥状の便でさらにその奥の右側にある上行結腸の中身は下水のようなものに食物カスが混じった液体が入っています。

ですが、便秘や出ても少量の日が続くなどのとき、この右側のウエストあたりの上行結腸と横行結腸の移行部に固形の便が詰まったように溜まる事があります。
実際お腹を触るとおへその右側からウエストあたりにかけてゴツゴツした、固形のものを触っているような感覚がある方が結構あります。

腸を洗浄していると、そのゴツゴツがどんどん移動してお腹を横断していくのです。

2~3回目の施術の時に化石のようなコロコロ便がたくさん出てくることがあり。

これを一般的に宿便だと言われているのです。

 

  • 小腸に溜まっている内容物

宿便の方には何も一つありますそれは胃と大腸の間にある省庁に滞っている内容物です。

口から入った食べ物は池ドロドロに飛ばされて小腸で栄養分も吸収されます。

そこで吸収されなかった食物のカスが大腸に送られて便が出てきますですが、小腸にはぎっしりと内容物が詰まってお腹が硬くなっていて小腸が
いかめし状態になっているパターンです。

 

このような人のお腹を触ると怒らおへそにかけて硬く張っていてパンパンに詰まっている感覚が伝わってきます。

そして残便感を感じている方がとても多いです。

 

このようないかめしのお腹の方に生活習慣を聞くと、全員が夜遅くに結構ガッツリ食べていた。

中には夜遅くに消化の悪い玄米や肩食物繊維をたくさん食べている方も多くいるのです。

このような象徴に停滞している内容物も宿便。と言われています

 

2つの宿便の解消方法

  • 夜遅くにたくさん食べている方
  • すぐに胃が苦しくなる方
  • 朝、食欲が無い方
  • 最近、便の量が減ってきた方

このような方は要注意です。

もしかしたらあなたのお腹には宿便が溜まっているかもしれません。

 

物が移動するには適度な隙間が必要です。

食べ過ぎの方か断食などで食べ物が体内に入ることを抑えると隙間ができます。

すると、腸が動けるようになり滞っていた内容物が大量に出てくる事があります。

実際軽い断食を何回か受けている人は家で普通に過ごしていたら急にお腹が痛くなって黒い臭い便が大量に出たという人も多くいます。
宿便が出る傾向

  • おへそ周りが突然痛くなる
  • 黒っぽい便が出る
  • 便がベトベトしている。
  • 便に悪臭がある
  • トイレが詰まるのではないかと思うほど大量に出る

このような現象が起こるとお腹がぺちゃんこになりとてもすっきりするといわれています。

このような動く隙間もないほどパンパンに詰め込まれている腸を救出するには食事の見直しが得策です。

夜の食べすぎ飲みすぎを減らし、胃腸を休息させること。これで宿便に別れを告げましょう。

関連記事:デトックス食材糞・尿・汗が出まくる毒素排泄食品8選

 

まとめ

宿便というのは滞留便と小腸に溜まっている内容物

この2つを指して宿便と言われているのです。

ですから、長年便が詰まって体重が数キロ溜まっているというのは考えられないダイエット情報に踊らされた誇大した情報なのです。

ただ数日便秘になったり便の量が少ないと体内には数キロ単位の便が溜まっているのは事実。

いわゆるこれを「宿便」と言っているのでしょう。

ただ、便が溜まるというのは良い事ではありません。

 

便自体体内の毒素の80%を占めているのでゴミの塊。

これを何日も体内に放置すればそれはゴミが余計腐り体内毒素を蔓延させてしまいます。

そうならないためにも便秘解消は重要です。

発酵食品、適度な運動、ストレスをためないありきたりですが一番効果のある方法です。

-腸内環境改善

Copyright© 運動せず簡単にダイエットする方法〜楽して痩せま専家〜 , 2018 AllRights Reserved.