痩せたいけど楽したい!運動は忙しくて無理!そんな人でもダイエット成功できてしまうなるほどと思える方法を紹介しています。

運動せず簡単にダイエットする方法〜楽して痩せま専家〜

楽して痩せる

食べる量を減らさずダイエットする方法は食べる順番を変ることで痩せることができます

投稿日:2016年10月13日 更新日:

食べるのが好きな人にとって満腹感こそ楽しみの一つですよね。

「あー食べたぁ!幸せ」

達成感と快楽感はたまりませんよね。

ですがそんな本能に身を任せた食生活では当然太ってしまいます。

 

ダイエットにおいて食生活の改善は避けて通れない問題。

当然食べる量を減らさなくちゃいけないと思いますよね。

しかし、食べる量は変えずに食べる順番を変えれてしまうだけでダイエットできてしま方法があるのを知っていますか?

食べる順番をただ変えるだけでなんと体重の増加が止まり、しかも体重が1kgるんです。

特別な器具も運動も必要ありません。

食べる順番を変えるだけで痩せるならチャレンジしてみようと思いますよね。

 

 

tabesugi

 

食べる量を減らさなくても食べる順番を意識すれば痩せる

現状の食事量で痩せるのであればまずは食物繊維から食べること。

食べる順番は食物繊維⇒タンパク質⇒炭水化物の順番に食べるようにしましょう。

  • 食物繊維

生発酵その他の順。

消化に時間がかかる食物繊維から食べることで、その後に食べる炭水化物なども糖の吸収が緩やかになり血糖値の上昇が抑制されます。

酵素を多く含む生ものや発酵食品はその後の消化に役立つから先に食べるようにしましょう。

野菜は火を通すと食物繊維量が増すので、生野菜より温野菜を多めに摂ると効率よく食物繊維を摂取できます。

 

  • タンパク質

植物性動物性の順。

体の組織はタンパク質で作られているので肉も魚もしっかり食べることが大切です。

食べ方のコツは、大豆などの植物性たんぱく質から動物性たんぱく質の中に食べると、消化に時間がかかる食物性から食べれば血糖値の上昇も緩やかになります。

 

  • 炭水化物

麺パンご飯は最後。

最後は炭水化物ご飯ならご飯だけというように単品で食べるようにしましょう。

おかずと一緒に食べたりパンにバターを塗って食べるのもよくありません。

 

食べ順具体的例を紹介

ハンバーグ定食
ハンバーグ
マッシュポテト
ブロッコリー
にんじん
ツナサラダ
コーン
わかめの味噌汁
漬物
ご飯

正しい食べ順
サラダの野菜

生の野菜から食べましょう。

ツナはタンパク質なので後で

漬物
次に発酵食品である漬物を

にんじんブロッコリーのロースト

生野菜が終わった後に火の入った野菜

わかめの味噌汁

味噌汁は大豆タンパクです。

サラダのツナ

ハンバーグとツナは動物性たんぱく質なのでどちらが先でも大丈夫
ハンバーグ

お肉だけ食べます。ご飯と一緒はだめ

マッシュポテト、コーン

これらは野菜ではなく炭水化物
ご飯
最後にご飯だけを食べる

ポイントは三角食べはしないこと。
一品ずつ完食することで栄養素への認識力を高めていくことができます。

一品ずつ食べる習慣が身につけば、同じタンパク質の順番が入れ替わっても問題ありません。

 

食べ順を変えることによって得られるメリット


今まで三角食べを行っていたことを食物繊維蛋白質、炭水化物と言う順番に食べることによってどのようなメリットがあるのでしょうか?

 

  • 胃の中で食品の層を作る

食べ順をしっかり守っていれば、食べたものが胃の中でしそうになって蓄積されていきます。

これが食べ順最大のメリットなのです。

胃の中に入った食品は血糖値を上げにくい順で消化されていくので、血糖値の上昇を抑制することができるのです。

ハンバーグとご飯を一緒に食べてしまうと、炭水化物がハンバーグの資質を取り込んで脂肪として蓄積されてしまいますですが食べ順で栄養素もそうで作ってあげれば食品の合成を避けられることができます。

血糖値の上昇を緩やかに上げる栄養素もミルフィーユ状態を作ることがやせる食べ方の一つです。

関連記事:糖質によって太る原因メカニズム

  • その他のメリット

食事を栄養素ごとに分けることから始めるため食べる物への認識力が高まる。

自分が何を食べているのか認識してから口へ運ぶ習慣がつくようになる。

 

 

  • 一品ずつ食べると、一度に食べる量が減る

コース料理や会席料理を早食いしないことと一緒で、一品ずつだとかみしめるようになる。

 

 

  • 咀嚼回数が増えて、食事の時間が延びる

歯ごたえがあるものから順に食べていくので咀嚼回数がアップ咀嚼を増やすことによって満腹感が刺激される。
おかずだけだと味が濃く、すぐにお腹がいっぱいになる。

ご飯と一緒だと感じなかった味の濃さを実感することができる。

丸呑みするようには食べられない少しずつ食べるようになる
栄養素を実感しながら丁寧に食べること大切なことなのに忙しさや欲に甘えて、なかなか実践できずにいる人が多いのではないでしょうか。

 

今までの食の価値感が詰め込むことより、食べることに大きく変わる食べ順で自分の色を見直して見てください。

繰り返して行うことによって、おのずと体に必要な食材が見えてきます。

 

 

糖質×脂質の複合食だけは食べてはいけない

食材を分けて胃の中で層を作ること。

できれば基本的に何を食べてもOK なのですがどうしても注意して欲しい物があります。

それは糖質と脂質が合わさっていたり胃の中で合わさってしまうこの2つの組み合わせは我慢して欲しいということです。

糖質と脂質の同時摂取は血糖値の上昇に伴うインスリンの分泌のトリガーとなり多量分泌繋がり炭水化物が脂質を取り込んで体脂肪を蓄積させてしまいます。

つまりは太る原因なのです。

 

例えば、ご飯の上にルーがかかったカレーライスやご飯を油で炒めたチャーハン、生地の上にトマトソースやチーズがたっぷりのったピザ

さらに、ラーメンや天ぷらうどんなど、これらのメニューは分類して食べる事が難しいのではないでしょうか。

ですから、普通の食事の間は我慢するようにしましょう。

忙しいとついついワンプレート物の食事になりますが、ダイエット中は控えるべき料理なのです。

関連記事:食べる順番を変えるだけで痩せるダイエット!-3kgの超簡単な方法

 

食べ過ぎも無かったことにできる簡単な方法とは

ダイエットをして痩せたいのであれば余計なものを食べるのはやめたほうがいいです。

しかし、付き合いだったりストレスだったり、食べる事が好きだったり
なかなか食べ過ぎをやめるというのは難しいもの。

「食事を抜いたり我慢したりするのは余計食べたくなってしまう」
これがダイエットがうまくいかなり原因です。

「好きなものを食べても脂肪が付かないようにする」
これがダイエットでまずやるべきことなのです。

こちらの記事では
「食べ過ぎてしまった場合や食べ過ぎてしまう場合のリセットできる様々なアイテム」
を紹介しています。

⇒食べ過ぎを無かったことにするアイテムまとめ

 

 

まとめ

食べる量お帰る事をしなくても先に食物繊維を先に食べる
次にタンパク質最後に炭水化物とするだけで太る原因のトリガーとなる
インスリンの分泌を大幅に抑制することができるのです。
忙しい食べるのはストレス解消そんな人でも痩せたいのと感じているのであればまずはこの食べ順のダイエットを行ってみると良いでしょう。
注意したいのはカレーライスやラーメンなどといったワンプレートになっている。食事です手早く。食べられることができるので時間がない時もすぐにお腹に入れることができる。食品です。
ですがこれらの食品は血糖値を大幅に上げてしまうリスクがありますそのためダイエットを行うのであればこれらは避けるようにして定食を食べるようにしましょう。
まずは食べ順ダイエットお身に付けて体重を減らして行ってみるそうすると他の。運動や糖質制限といったちょっとハードなダイエットにも比較的なりやすくなるのではないでしょうか。
まずはちゃんと食べられるという心の安心があるだけでも痩せ易いのです。
どうしても炭水化物が大好きで、ご飯の量が比較的多いと感じるようであれば等も吸収を抑制するサプリメントを同時に併用する桃痩せる効果が高くなります

-楽して痩せる

Copyright© 運動せず簡単にダイエットする方法〜楽して痩せま専家〜 , 2018 AllRights Reserved.