痩せたいけど楽したい!運動は忙しくて無理!そんな人でもダイエット成功できてしまうなるほどと思える方法を紹介しています。

運動せず簡単にダイエットする方法〜楽して痩せま専家〜

断食ダイエット

週末半日断食を確実に成功させるの5つの対策方法

投稿日:2016年10月29日 更新日:

金曜土曜と飲み食いしまくって日曜日

体重計を乗ると青ざめてしまいませんか?

そんな週末のハメ外しで食べ過ぎてしまう人、週末半日断食がおすすめです。

 

丸1日の断食だとちょっと辛い、だけど週末に半日程度の断食なら割と簡単に乗り越えられますよ。

週末半日断食を行えば週明け月曜日には体重が戻り、さらに気だるさも解消され元気が漲るようになれます。

 

 

週末半日断食のやり方


朝だけ断食を1~2週間やり意外と空腹感もなくむしろ体調が良いと感じるようになったのであれば、週末に半日断食をやってみるのもおすすめです。

関連記事:朝だけ断食失敗しない確実に成功する始め方

 

半日断食の場合、朝、昼、それぞれ生姜紅茶を2~3杯。飲むのも良いのですが、週末で時間もあるでしょうからにんじんとりんごで作るジュースを飲むとさらに健康で良いでしょう。

時間がない場合は、酵素ドリンクでも問題ありません。

生姜紅茶1杯と人参りんごジュースコップ1杯を同時に飲んでも良いでしょう。

※いきなりダイエットを始める人が痩せる効果が高いからと、1日断食を行うのはおすすめできません。

フルマラソンをいきなり運動していない人が実践するような行為です。

自分に無理なことはやっても大して効果を得ることができません。

関連記事:1日断食を楽してマイナス3キロ確実痩せるダイエット方法とは

 

週末半日断食具体的食事方法


ニンジン・りんごジュース(コップ2.5杯)
ニンジン2本、りんご1個


ニンジン・りんごジュース(コップ3杯)
ニンジン1本、りんご2個

夕方
白米ご飯(ごま塩)六部目
梅干2個
しらすおろし小鉢1杯
味噌汁
わかめと豆腐1杯

その他
しょうが紅茶
一日4~5杯程度

ジューサーが無い場合は、100%のリンゴ+人参の野菜ジュースでも代用可能です。

 

週末半日断食のすごし方

週末半断食中の食事は上記の通りですが、食事以外の時間はどのようにしごしたらいいの?

半断食中のすごし方についてアドバイスします。

 

激しい運動は控える

「筋トレやジョギングといった運動もとり行ったほうが脂肪燃焼効果も期待できる」

と考えがちですよね。

しかし断食中はゆっくりとすごした方が心の安定につながります。

 

どちらかというと副交感神経を活発にさせ体内の血流を良くし心身を安定させるのが、断食の効果です。

せめて気持ちの良い天気であれば軽く散歩程度にしましょう。

 

散歩は血流を良くし、ホルモンバランスを向上させてくれる簡単で効果のある運動です。

近所の公園や自分が好きな場所に足を運んでみると良いでしょう。

 

ストレスになるようなことはしない

半分断食中は仕事や自分が嫌な事は行わずただ休むようにしましょう。

休むということは体だけではなく心も休ませることです。

 

ストレスを感じることは血流も滞り冷えの原因にも繋がります。

自分が好きなことをすごす、好きな音楽を聴いたり心が満たされる本や映画を見たり、ゆっくりとすごすようにしましょう。

 

お腹をすかさないようにしょうが紅茶で血糖値をコントロール(重要)

断食中のお腹が空くというのは血糖値が下がることが原因です。

ですから適度に血糖値を安定化しておけば空腹を感じることが無く、快適に断食を行うことができます。

しょうが紅茶に、黒砂糖やはちみつ、オリゴ糖などで少し砂糖を加えれば、血糖値はゆるやかに上昇しますので適量飲むようにしましょう。

 

一番失敗しやすいのが空腹に負けてしまうこと

空腹になるとイライラが募り断食終了後にドカ食いを誘発させてしまう危険性があります。

ですから適度に血糖値を安定させてあげると食べたい!という衝動も適度にコントロール可能ですので、甘いものは太るという心配はせずに必要だから摂ると割り切るようにしましょう。

 

朝は早く起き夜は早く寝る

週末断食は朝早く起き、朝をちゃんと浴びることによって体内時計がリセットされ、メラトニンが正常に分泌されるようになります。

体内時計がちゃんとしていれば夜は日が暮れると自然と眠気が誘発されますので、夜は早いうちに寝てしまえば空腹が辛いということも減ります。

上質な睡眠をとることはダイエットにとっても重要なことです。

睡眠前のお風呂はシャワーだけで済まさずしっかりと湯船に浸かり体温を上げるようにしましょう。

関連記事:寝て痩せる方法で月に2kg減らす事ができました

生理前はやらない(重要)

生理前はホルモンバランスが悪くなり、自律神経も高ぶりイライラが募りやすい状態です。

そんなときある程度我慢が必要な断食を行ってしまうと

「なんでこんなにイライラしているのにさらに我慢しなくちゃいけないの!!!」

と心の平常心が失われてしまいます。

 

これは意思が強い弱いの問題ではなく人間的な生理現象の一つですから安心して下さい。

そんな本能に無理やり蓋をするのは反動が強く現れます。

ですから生理前は行わないのが一番なのです。

関連記事:過食 なぜ女性は痩せにくいのかホルモンバランスに負けない4つの対策方法

 

週末半日断食の体験者の効果口コミ


実際、54歳の主婦A さんに週末半も断食を行ってもらいました。

朝昼二食抜いてにんじんりんごジュースを飲んでもらうという断食法です。

 

この間、空腹感を感じたらすぐ黒飴を1~2個舐めるか生姜紅茶を一杯飲んでもらうようにしました。

またイライラしたり手持ち無沙汰の時はゆっくりと散歩することをおすすめしました。

昼はりんごとニンジンのジュースで済ませます。

 

余裕があればニンジンの量を増やして糖分を減らしてみましょう。

夕食は白米のご飯を茶碗6割り程度、黒ごま塩に梅干しらすおろしに味噌汁をゆっくりよく噛み30分ぐらいかけて食べます。

その結果様々なデータが登録べき改善が見れたのです。

 

体重1.5kg 減少する
血圧141から132
血糖110から92
中性脂肪79から52
尿酸値5.0から3.2
尿素窒素18から12.2
クレアニチン1.1から0.72

血糖値中性脂肪の値が低下しているのは血液がサラサラになったよとことを表しています。

尿酸値も同様です。

クレアニチンは血液中の老廃物なのでこれらは減少したということは血液が綺麗になったということを意味します。

A さんは半日断食後に心身ともにスッキリしたと、感想を述べていましたが脳波測定でもあα波は多くなっており、この断食がストレス解消にも役立ったことを物語っています

 

 

まとめ

断食というと一切食べないと思われがちですがある程度食べていいというのが正解です。

ですが、断食をすると真面目な貴方達は「食べちゃいけない」と思っているで我慢しすぎてしまうのです。

我慢して血糖値が落ちてお腹が空いてイライラして乗り切ったと思ってタガが外れて食べてしまう、それが失敗の原因です。

 

ですがこの断食方法は適度に食べて、血糖値の上昇をコントロールしているので

「あれ?なんか大丈夫続けられそう」

と感じるです。

 

あまりにも簡単なので1週間行ける?と思ってしまいますがそれがダイエット成功しはじめる兆候です。

結局のところ「お腹をいかにすかさないか」で成功失敗が変わってきますのであまり真面目に考えない方が成功してしまいます。

楽だなぁと感じたらそれはダイエットできてる兆候なのですよ。

-断食ダイエット

Copyright© 運動せず簡単にダイエットする方法〜楽して痩せま専家〜 , 2018 AllRights Reserved.