痩せたいけど楽したい!運動は忙しくて無理!そんな人でもダイエット成功できてしまうなるほどと思える方法を紹介しています。

運動せず簡単にダイエットする方法〜楽して痩せま専家〜

冷え性改善

毒素を出すデトックス効果のあるダイエットにも役立つ食べ物9選

投稿日:2016年11月5日 更新日:

内の毒素を出すのにおすすめの食品って何?

 

毒素の排泄機能である排尿や発汗が悪いと、体内に水分がたまり
水太りの原因になります。
またお通じが悪いと水分やコレステロール中性脂肪が体内に溜まり
水太り固太りの両方の肥満になりやすくなります。
いくらダイエットしても水太りなる食べ物ばかり食べていては痩せる効果がありません。
ですから日頃発汗、排尿、排便を促す食べ物を摂ることでダイエット効果が倍増します。
毎日食べたいデトックス効果のある毒出し野菜は生姜ですが。

関連記事:生姜は冷え解消や痩せる!ダイエットに効果的なたった一つの摂取方法
そのほかのおススメなデトックス食材を紹介します。

 

アズキ


あずきの外皮に含まれるサポニンが排尿に直結
アズキには強力な利尿作用があります煮汁を飲んだり
おしるこにしたり、小豆も一緒に摂った場合は排便効果も強力です。

 

スイカ


スイカに限らず、ウリ科の植物には利尿作用があります。
但し体を冷やす作用があるので、冷え性の人には不向きです。
食べるなら少量にするかお塩を振って体を温める作用て中和するようにしましょう。

 

きゅうり


尿を出す作用があります。
冷え性の人は塩もみ浅漬けなどで
きゅうりもスイカと同じくイソクエルシトリンいう利尿成分があり
強力排尿効果を発揮します。
世界一栄養価の無い野菜とギネス認定されますがきゅうりはきゅうりなりの効果がある野菜なのです。

ただし、きゅうりは南方のインド原産なので
体を冷やす性質があるため、冷え性の人には不向きです。
冷え性の人はきゅうりのぬか漬けや
浅漬けなど体を温める性質の塩を加えた調理法で食べると良いでしょう。
生姜と一緒に漬け込んだ浅漬けなら温めると冷やすで相殺してくれます。

 

汗を出す食べ物カレー


カレーライスで汗を出すスパイスは活性酸素除去効果があります。
カレーのスパイスに使うグローブ
ターメリック、コリアンダー、ナツメグ
オールスパイス、ジンジャー、ガーリック
これらは血行促進作用、発汗作用、利尿作用があり
体内の老廃物の排泄作用に優れています。
ただし、だからといってカレーだけをストレートにそのまま食べれば良いというわけではありません。

なぜなら、熱帯であるインド原産の食べ物であるカレーは体を冷やす食品に属しているからです。しかし、日本で私たちが食べるカレーといえば
肉や人参、ジャガイモなど体を温める食品が混ぜ込まれています。
加えて米の飯と共に食するカレーライスとして食事に出されます。

こうなると、カレーの欠点の冷やす作用はほぼ消滅しているわけです。
カレーライスとして食べることを考えた日本人は何と頭が良いのでしょうか
ただし市販のカレールーは脂肪や糖質が高いためカレーはスパイスを購入して
自作した方が良いでしょう。
スーターターキットも販売されていますし生姜をたっぷり利かせたカレーは
かなり発汗作用もあり温まります。

カレーを食べると発汗してくるので
体内や血液中の老廃物の排泄が進み
様々な病気の予防になるばかりではなく
カレーのスパイスの成分には万病の元ととなっている
活性酸素を除去する作用があることも分かってきています。

 

七味唐辛子


唐辛子のカプサイシンで血行促進
七味に含まれる唐辛子、山椒、陳皮、ゴマ、青海苔、ケシの実の香辛料すべて血行を促進し体を温めって発汗を促し、血液をろ過します。

唐辛子の辛味成分のカプサイシンは血管を拡張して血行を良くし、保温発汗作用に特に優れています。
熱々のうどんやそば鍋物などをふうふう言いながら食べると発汗することは
誰しも経験されているのではないでしょうか。
これに七味唐辛子を振りかけて食べるのは香り付けの為だけでは無くより多く発汗するためにを大いに活用したい調味料です。
葱と一緒に食べるとさらに保温効果も高まります。
冬の寒い時期はペアで食べるようにしてみましょう。

 

 

シソ


蕁麻疹を出し切るときの治療食にも
しその葉には防腐作用や抗菌作用があります。
従って、エビや蟹魚等による食中毒って防ぐのによく効きます。
また、血行促進作用や発汗作用も持つので
蕁麻疹が出た時に摂れば発汗解毒を促進させて治療を早めてくれます。
普段の食卓に積極的に乗せるのはもちろんのこと
しその葉の煎じた知るを飲むとダイエット効果も期待できます。

 

 

アロエ


アロエで便を出すぜすぎるので、妊婦や体力のない人は避けること
アロエは昔から便通をよくする強力な作用を有することで知られています。
妊婦や体力のない人は利用しないようにとされるくらい効果があるのです。
にんじんりんごジュースにアロエも混ぜた
人参りんごはジュースを摂ることで
便の排泄がより促進されます。
但し、アロエの作用は強力なため
少量にし効果がなければ少しずつ増やすようにしましょう。

 

 

ほうれん草


便を出す効果
ほうれん草は整腸作用腸内の浄化再建作業が強力な野菜です
りんごと合わせたり、りんご、ほうれん草ジュースとして飲むのも簡単かつ効果的です。
グリーンスムージーとしてもベースにおススメな野菜です。
但し硝酸カリウムが多く含まれているので尿管結石の恐れがある人は生で食べるより
一度湯がいて食べるようにしましょう。

 

 

プルーン


便を出す作用どんな体質の人でもでもオススメ
乾燥プルーンも緩下作用に優れ鉄分が多いです。
冷え性だろうと暑がりだろうと体質を問わず
思うように便が出せない人によく効きます。
乾燥プルーンとして市販されているものを
1日個から10個症状に合わせて食べるだけで良いのです。
鉄分も豊富に含まれているので貧血気味の女性にぴったり
ヨーグルトと一緒に食べるのも便秘解消に効果があります。

 

 

まとめ

女性は代謝が悪く体内に便や尿を溜め込みやすいのが特徴です。
痩せるにはとにかく女性は糞と小便を出しまくりましょう。
糞と小便には体の90%が毒素の塊なのです。
これを一週間も体に溜めているということは
ガーデニングに彩られた素敵なお家の中はゴミだらけの汚部屋
という状態です。

 

 

体熱を上げてデトックス食品を意識して食べて出すものを出す
そうすることによって運動なんてしなくても勝手に痩せ体質になります。
さらに毒素を溜め込まない状態になると体全体や気持ちまで良くなります。
それだけ毒素(糞と小便)は危険ということ
脂肪を燃焼以前にさっさと出してしまいましょう。

-冷え性改善

Copyright© 運動せず簡単にダイエットする方法〜楽して痩せま専家〜 , 2018 AllRights Reserved.