痩せたいけど楽したい!運動は忙しくて無理!そんな人でもダイエット成功できてしまうなるほどと思える方法を紹介しています。

運動せず簡単にダイエットする方法〜楽して痩せま専家〜

食べながら痩せる

食べ過ぎた翌日も食べて無かったことにするリセット方法

投稿日:2017年1月5日 更新日:

hansei_koukai_woman

ダイエット中、付き合いとかあるはず。
お酒もあったし、「自分頑張ってるし今日はいいか!」って食べ過ぎな翌日

 

「うわぁあぁぁあ体重が!!!」
見たら頑張った体重に比べて3kg増!

 

普通ダイエットやっていて3kg増えると、かなり焦ります。
というか痩せないくせに増えるのだけは早いって「なんて神様は酷い試練をあたえたんだ」

 

 

3kg痩せるってあなたにとって大変な生活だったはず、それが一瞬で戻るんですから…。

 

ですが安心して下さい。
その体重その日食べ過ぎて体重が増えたのはほとんど水分。

 

そのほとんどが、小便とウンチで出てしまいます。
実際、一日食べ過ぎたからといって、脂肪としてたくわえられるのは十数グラムなんです。
ですから、食べたものをさっさと出す。食べ過ぎた状態をリセットする。
1日程度食べ過ぎをやってしまっても巻き返すことは十分間に合います。

tabesugi

 

食べたらすぐ脂肪がすぐつくわけではないので安心しましょう。

text_taiju

仮に、脂肪を多く食べたような食事だとしても、食べた脂肪が人間の脂肪につくわけではないので、安心しましょう。
一度食べたものは、分子レベルで分解されてから、人間に適した栄養素に変換されるので、猶予がある。
つまり、脂肪に変換されるまでは時間があるということ。
この時期にちゃんとやれば脂肪はつかずに元に戻りますが、ここで諦めたらデブへ真っ逆さまですよ。

肝臓と血中に糖質が溢れない限りはまだ脂肪がつく前なので大丈夫

食べ過ぎ、飲み過ぎで脂肪ついたな、と感じるは3日連続やったくらいから。
ここまでやったら、脂肪として付きますね。
なんでかというのは、例えでいうとコップに水を注いでいて溢れた水の分(肝臓のグリコーゲン、血液中の糖質)が脂肪。
肝臓と血液中に糖質が回っている状態であればまだ大丈夫ということ。
さっさと使い切りましょう!

 

食べ過ぎた翌日無かったことにさせるための4つのリセット方法

食べ過ぎてしまってもちゃんと翌日からリカバリをすれば、極端な体重増加はおこりません。
適切な対処をすれば、またいつもどおりの体重に戻ります。

saya151005158368_tp_v

食べ過ぎた翌日は血中の糖質を減らす作業が必要

短期的な糖質制限1日だけスーパー糖質制限が効果的。
食べ過ぎた翌日は、糖質をカットした食事をするだけで大丈夫。
食べ過ぎた日の糖質を使い切りつつ、空腹を満たしてあげれば、勝手に身体はチャラにしてくれます。

 

中には、「1日炭水化物(糖質)を抜くと脳が動かないんじゃ…」という心配する人もいます。
ケトン体が、ブドウ糖の代わりに脳を動かしてくれるので大丈夫。
これは国も認めていること。
クラクラするのは別の問題。
一日二日くらい人間食べなくても生きていけますよ。

 

2016年の北海道七飯(ななえ)町東大沼の山林で28日夕から、北海道北斗市の小学2年生、田野岡大和君(7)が行方不明になった事件覚えてますよね。
こんな小さい子でさえ過酷な環境で生き残っているんですから大丈夫です。

 

 

食べ過ぎたものはウンチになるのでさっさと出すこと

ウンチを出さないと、溜まったウンチの毒素や、脂肪がまた吸収されて、体内をめぐります。
下腹部に脂肪がつきやすく、ぽっこりしたお腹になることや、体臭が翌日から強烈になるというのはこれが理由。
「私便秘でヤバイよどうしよう」と言う人もいますよね。
そんな慢性的な便秘な人であれば、ちゃんと便秘対策をしたほうがいいでしょう。
すぐ出るような人であれば、翌日ちゃんと出して腸内すっきりさせましょう。
食べ過ぎた翌日食べるべき食品は乳酸菌と食物繊維。
この2つは必ず食べて腸内を良く刺激してあげること。

乳酸菌を食べる
ヨーグルト
納豆

食物繊維を食べる
メカブ
キャベツ
リンゴ
トマト

 

たんぱく質はしっかりと食べる

食べ過ぎたからといって翌日は食べないとか、野菜だけで済ませようというのはナンセンス。
たんぱく質は、身体を動かす上で必要な必須栄養素なのです。
そして、たんぱく質ななにより脂肪を燃焼させる、食事誘発性熱産生 / DITが30%も消費されるすばらしい栄養素、糖質のみの場合は約6%、脂質のみの場合は約4%で、通常の食事はこれらの混合なので約10%程度なもの。
身体から熱を生み出さないと、脂肪も燃焼されないし、身体が動かない、身体という炉の火がぼうぼうと燃えない限り脂肪も燃えなくなってしまうのです。
ですから、痩せるのであればむしろ食べるべきなのはたんぱく質。
これは忘れないようにしましょう。

 

1日300g位は翌日でも食べよう。
胸肉、ささみ、ヒレ肉、鯖、マグロ赤身、豆腐、卵など、可能であればアミノ酸スコア100のものを食べること。

 

 

代謝を向上させるには水分が必要だけど白湯や温かいお茶がおすすめ

代謝を促すのに必要なのは、身体の大半を占める水分。
新生児で約75パーセント、子どもで約70パーセント、成人では約60~65パーセント、老人では50~55パーセントといわれています。
食べ物の消化で、多くの老廃物がつくられるわけですが、それを排出させる働きが水分です。
ただ、やみくもに水を飲めばいいのかというと、人によっては飲みすぎは、むくみの原因にも。
水の飲みすぎは身体を冷やし、身体の熱を奪い、代謝や脂肪の燃焼を低下させてしまいます。
特に、筋肉量の少ない女の人は、「食べ過ぎちゃったから水をたくさん飲んで代謝上げなきゃ」といって、無理して数リットルの水分を飲んでますが、それは逆効果。
水分は確かに代謝向上に有効ですが、飲むのであれば冷たい水分より、暖かい水分。
例えば白湯、ほうじ茶、ルイボスティー、生姜紅茶など。
これらは、身体を冷やす事なく温め、効果的に水分を体内に補給することができます。
普段冷え性な人は、多めに暖かい水分を補給するようにしましょう。

 

食べない(断食)が駄目な理由

takebe055121914_tp_v
気合や根性で食べない、という人もいるかもしれないけど
大丈夫?辛くない?というのが理由
無理して食べないでいたら、夕方あたりから強烈な空腹が襲ってきて「やっぱりたべちゃった」ってなるのがオチ。
ちょっとでも食べておかないと、振り子の反動が強烈なので食べておいたほうが帰ってリセットしやすいのです。
朝ほど尊く高い目標は立てられますが、夕方ほど自分に対して甘くなるもんなんです。
人間そんなもん。

 

ちゃんと食べなきゃいけないのはわかってるけどこれ以上体重は増やしたくないという人

わかっているんだけど、やっぱり体重が増えるの嫌なんです。
ちゃんと食事したほうがいいに決まっているし、身体もそっちのほうが体調がいい、というのも知っています。
だけど、今体重を減らさなきゃいけないときなんです。

 

そんな人いますよね。
身体測定とか健康診断とか、己のプライドみたいなもの。
確かに50.0kgと49.9kgってすごい隔たりありますよね。
「私40kg代」と「私50kg代」。
はたからみたら、どうでもいい話かもしれないんですが、なんか譲れないというもの。
わかります。
ではそんな人が、食べ過ぎてしまった翌日、どうリセットすればいいかアドバイスをします。
基本的にややる事は、あんまり変わりません。

 

 

食物繊維や乳酸菌はサプリメントで

食物繊維と乳酸菌を同時に補えてカロリーが少ないなら青汁がおすすめでしょう。
青汁なら糖質も少なくカロリーも低いし、水の溶かせばすぐに飲める製品。
飲むサラダと考えればお手軽です。

 

たんぱく質の摂取はお肉の代わりにプロテインを飲む

プロテインというと、マッチョな人が飲むイメージですが、単なるタンパク質の塊でです。
飲んだところで、いきなりマッチョになるようなものでもありません。
むしろ、女性こそ足りないたんぱく質を補うために、プロテインは飲むべき。
プロテインシェイカーに粉を入れて、水で割って振って飲むだけ。
あらお手軽。
味もストロベリー、チョコ、バナナとスイーツ感覚で飲めるのも多いんです。
実は筋トレ好きなマッチョは甘いものが好き。きっと気に入ります。

 

水分は生姜紅茶で常に身体を温める

代謝を上げることこそダイエットの近道。
普段飲む飲み物は生姜紅茶がオススメ。
生姜の効果には、体温を上昇してくれる作用や殺菌効果、胃腸を元気にする作用も。
体温が1度上がれば代謝は、12パーセント上昇するといわれています。
1300kcalの基礎代謝なら1430kcal。一日だと少ないと感じるかもしれませんが、一ヶ月なら3000kcal以上!。

 

摂取できないビタミンやミネラルはサプリメントで補う

サプリメントは、足りない得要素を補う効果のある、栄養補助食品。
薬とは違い、直接すごい効いた!というものじゃありません。
ですが、ちゃんと栄養状態がよければ、体調も悪くないですし、気分も安定しますし、なにより不必要に食べようと感じなくなるというメリットも。
体調がめちゃくちゃ良くはなりませんが、悪くならないというたとえのほうがしっくりくる表現でしょうか。
高いの買わないと駄目。と、思ってしまいますが、高いサプリメントは買う必要ありません。
まずはマルチビタミン、マルチミネラルで日常的な足りない栄養素をサプリメントで補給しましょう。
いわゆる半断食みたいなものですね。
必要な栄養素は、サプリメントやプロテインなどで補ってできるだけ、摂取エネルギーをカットすした方法。
この方法ならリバウンドも、体調不良も少なくリセットできます。
ただ、あまり無理はしない程度に続けるようにしましょう。

 

 

まとめ

食べ過ぎた翌日に体重が増えたとしても焦る必要はありません。
一時的に体内に水分や食べたものが身体に入っているだけ。
ここで、ダイエット失敗した!と諦めてしまうのは勿体こと。
人間一日で3キロくらい上下するものと思ってしまえばいいだけなのです。
それよりも、いかにリカバリーして日常に戻すかということを真っ先に考えて実行したほうが、良い結果になります。
一日程度のやっちゃった日なんてダレにでもある事。
また今日から頑張ろう!という気持ちで続ければダイエットも成功間違いありません。

 

食べ過ぎも無かったことにできる簡単な方法とは

ダイエットをして痩せたいのであれば余計なものを食べるのはやめたほうがいいです。

しかし、付き合いだったりストレスだったり、食べる事が好きだったり
なかなか食べ過ぎをやめるというのは難しいもの。

「食事を抜いたり我慢したりするのは余計食べたくなってしまう」
これがダイエットがうまくいかなり原因です。

「好きなものを食べても脂肪が付かないようにする」
これがダイエットでまずやるべきことなのです。

こちらの記事では
「食べ過ぎてしまった場合や食べ過ぎてしまう場合のリセットできる様々なアイテム」
を紹介しています。

⇒食べ過ぎを無かったことにするアイテムまとめ

-食べながら痩せる

Copyright© 運動せず簡単にダイエットする方法〜楽して痩せま専家〜 , 2018 AllRights Reserved.