痩せたいけど楽したい!運動は忙しくて無理!そんな人でもダイエット成功できてしまうなるほどと思える方法を紹介しています。

運動せず簡単にダイエットする方法〜楽して痩せま専家〜

食べながら痩せる

空腹を紛らわすための太らないダイエットに役立つ食べ物や紛らわす方法

投稿日:2017年2月7日 更新日:

イエット中の空腹がひどくて辛いということありませんか?

 
ダイエットを続けて1週間目、今までは胃がパンパンで苦しいこれ以上食べられないくらいまで食事や間食をする生活だったのに、1日1500kcal ことで食事をセーブしていると、6割ほどしか満足できないような感覚です。
そんな状態がずっと続いていて空腹が本当に辛いです。
そんなダイエットにおいて、つらい空腹の悩みの問題。

 

 
今まで満足できたのが、食べられない生活が続くと「この生活がいつまで続くのか」と思うと辛いですよね。
せめて空腹を紛らわすような、太らない食べ物があればいいのにと。
ダイエット中の空腹で辛い人、そんな人は太りにくい食べ物を食べれば、空腹を我慢せず、たくさん食べても脂肪として蓄積されない方法があるのです。

 

 
そんな食べ物を知っていれば、あなたのダイエット生活もそれほど難しいと感じることはなくなるはずですよね。

この生活を続けていれば、おおよそ2週間前後で、「この量でもなんか満たされるな」と体が慣れてきます。

その間は今回紹介する食品や、食欲を抑える方法を行い空腹を紛らわすようにしましょう。

人生においてこの2週間は決して無駄にならないはずです。

tabesugi

 

おからで空腹を紛らわす

おからは、お腹の中に入ると胃液や他の食材の水分まで吸収して、膨張してくれる作用があります。
膨張したおからは粘りが増し、消化器官をゆっくりと通過してくれるため、お腹がすきにくくなります。

 
おからは、醤油とごぼう、こんにゃく、にんじんといったものと一緒に炒めて、醤油味で味付けすれば比較的簡単に作れる食べ物。
食物繊維も取れるので便秘解消にも効果が。

例えばおかずのもう一品加えるようにするだけでも食べ過ぎや、満腹感を得る食品として良いポジションにいてくれます。

 

ヨーグルトで空腹を紛らわす


ヨーグルトに含まれている乳酸菌は便秘解消効果が期待でき、美容の強い味方。
カルシュウムの吸収を助けるのでダイエットのサポート役にもなってくれます。

 
無糖のプレーンヨーグルトであれば400gのパッケージを食べても太りませんし、それだけ食べればお腹を満たすこともできます。

さらに嬉しいのは、空腹でイライラする原因を解消してくれる気持ちを落ち着かせるホルモン、メラトニンの原料、トリプトファンやマグネシウムも摂取できる食品。

買い置きして、空腹が辛いときに食べるようにすると満腹感を得ることが比較的容易に可能です。

 

水分で空腹を紛らわす


「水腹一時」という言葉があるように、お腹がすいた時は水分を取ったら良いです。
ただし、水分の取りすぎは水中毒になる可能性もありますので注意してください。
特に女性は冷たい水を飲むと体を冷やしてしまうので白湯にして飲むのに勧めます。

 

 

乾燥大豆で空腹を紛らわす


節分の豆まきに使うような硬い大豆、100円ぐらいで売っているはずです。

お腹がすいたら何粒か食べるとかなりお腹が落ち着きます。
大豆タンパクは、お腹にふくれやすいので1ヶ月で3キロ痩せる効果も期待できます。

 

 

ミンティアで空腹を紛らわす

ミンティアの食べ過ぎはよくないけど、ミンティアを1粒舐めながら、それでも本当にお腹がすいているかと考えると、気づいたら食欲が落ち着いてきます。

フリスクでも代用可能、メントール配合のガムを噛むというのも食欲抑制には効果があります。

 

 

松茸のお吸い物で空腹を紛らわす

一杯約8キロカロリー。
多少の塩分は体を温める作用があり、脂肪燃焼効果にも期待できます。

 

 

くるみで空腹を紛らわす


食前に2粒食べるようにする。
小腹がすいて2つ分くらいよーく噛みしめながら食べるとかなりマシになります。

 
くるみのカロリーは見た目高いかもしれないけど、不飽和脂肪酸がほとんどなので体に実はい油なんです。
1日20g 程度であれば太らないしドライだし、持ち運びにも便利です。

 

飴玉で空腹を紛らわす

黒糖で作った飴や、純度100%もはちみつ飴といった、すぐに体のエネルギーとして使用してくれる糖質の飴を、ひとかけらでも舐めておくと、血糖値が安定し、強烈な食欲を抑えることができます。
ゆっくりと甘さを楽しみながら、舐めて決して噛まないようにしましょう。

また、夕食前に飴を1つ舐めておくと食べ過ぎを予防することができます。

 

 

食べずに空腹を紛らす方法

食べ物や飲み物で空腹を紛らわすのも一つの方法ですが、不必要なものは食べない事がダイエット成功の近道。

食べることを我慢するのは辛いことですが、無理せずできる空腹を紛らわすことも可能です。

 

空腹でお腹が鳴っているのは痩せているサインと思う

実際お腹がすいてお腹がグーグー鳴るような状態は、体に蓄えていた糖分が使われ脂肪が燃焼しているサインなのです。
お腹がすいている時間が、長ければ長いほど脂肪が燃焼している。

そう思えば、「ちょっと空腹も我慢してみようかな」と感じれるはずです。

 

 

寝てしまう

空腹を感じたらちょっとお昼寝でもすると、そのつらい空腹がまぎらわすことができてしまいます。
お腹がすいて眠れない時でも呼吸に意識して「あぁ自分はお腹がすいているんだな」と客観視しながら横になっていると自然に眠りにつくこともできます。

 

念入りに歯磨きをする


メントールがきつめの歯磨きでしっかりブラッシングをしてあげると食欲が自然と減っていきます。
口の中がスッキリするし丁寧にブラッシングした後、また食べ物を食べるという気持ちもおさまり。自然と食欲を抑えることができます。

 

空腹を紛らわす為にやってはいけないこと

カロリーメイトを食べること。
カロリーメイトはその名の通りカゴに行き、簡単に摂取できる食べ物です。
ダイエットにおいては、カロリーは邪魔な存在。

しかも炭水化物や脂質がそれなりに高く、ダイエットにおいて食べなくてはいけないたんぱく質は低いという太りやすい食べ物なんです。
お腹がすいたから、「ちょっとカロリーメイトをひとかけら食べよう」というのはせっかく体の中で使い切ろうとしていた。痩せるための糖質をまた補給してしまい、いつまでたっても痩せにくい状態が続いてしまいます。

 

まとめ

今までお腹をいっぱい食べていた人が食事制限を行って満足できない食生活になると、物足りなさを感じるのはダイエットにおいて通過儀礼。
これを乗り越えないと、いつまでたってもダイエットは成功することはできません。

 
ですが、空腹を抑える今回の方法を行えば思った以上に空腹に対して辛いと思うことはなくなるはずです。
ただ、いきなりハードな食事制限をしても、自分が辛くて続けられないと感じるはずです。
そんな時は自分ができる範囲の食事制限から、徐々にやっていけばいいだけ。
マラソンだって初心者の人がフルマラソンを完走できることはまず無理。
まずは、夜のおやつをやめることを1週間続けてみるというところから始めてみて、慣れたら食べる量を減らすといった、徐々にステップアップしていくと確実に痩せることができるはずです。

 

食べ過ぎも無かったことにできる簡単な方法とは

ダイエットをして痩せたいのであれば余計なものを食べるのはやめたほうがいいです。

しかし、付き合いだったりストレスだったり、食べる事が好きだったり
なかなか食べ過ぎをやめるというのは難しいもの。

「食事を抜いたり我慢したりするのは余計食べたくなってしまう」
これがダイエットがうまくいかなり原因です。

「好きなものを食べても脂肪が付かないようにする」
これがダイエットでまずやるべきことなのです。

こちらの記事では
「食べ過ぎてしまった場合や食べ過ぎてしまう場合のリセットできる様々なアイテム」
を紹介しています。

⇒食べ過ぎを無かったことにするアイテムまとめ

-食べながら痩せる

Copyright© 運動せず簡単にダイエットする方法〜楽して痩せま専家〜 , 2018 AllRights Reserved.