痩せたいけど楽したい!運動は忙しくて無理!そんな人でもダイエット成功できてしまうなるほどと思える方法を紹介しています。

運動せず簡単にダイエットする方法〜楽して痩せま専家〜

ジムで痩せる

泳げないけどジムのプール行って大丈夫なの?迷惑にならない?馬鹿にされない?

投稿日:2017年6月6日 更新日:

水泳の有酸素ダイエット効果を他の運動に比べて高く、効率的に痩せるのであればお勧めの運動です。

怪我もしにくく、水着とゴーグルとスイムキャップとタオルだけ。

ジムに行くときも割と身軽に済んでしまうというメリットも。

 

ただし、泳げない

 

泳げるけど、そんなに早くもないしへたくそそんな私でもジムでプールに行ってもいいの?

泳ぎが上手い人の迷惑にならない?

そんな泳ぎに自信が無いけど「ジムのプールに行ってみたい人」の悩みについて、アドバイスします。

 

これを知れば

  • 気兼ねなくプールに行けるようになる
  • 泳ぎの練習も頑張ってみようかなっと思える
  • 水泳がもっと楽しく感じれるように
  • 効率的なダイエット効果が期待できる

というようなメリットが得られます。

 

泳げなくても、ジムのプールでは十分な運動ができる。

 

ジムのプールでは基本的に5レーンあり

ウォーキングコース
初心者コース
ゆっくりコース
上級者コース
ジムやレッスン

このように分けられていることがほとんどです。

泳げない人や、泳ぎが苦手な人は、ウォーキングコースや初心者コースを使えば迷惑になることもありません。

泳げなくても水の中にいるということ自体、ストレス解消によい効果を発揮してくれます。

ストレスによって太ってしまう記事はこちらにまとめました。

関連記事:ストレスでなんで太るの?

 

水泳自体続けやすい運動なので、ちょっと遊びに行こうくらいの感覚でも大丈夫ですよ。

関連記事:水泳はダイエット三日坊主でも続けられたストレスの多い社会人でも最適な運動です

 

ジムのプールに行く人は高齢者が多い

プールは膝の負担が少ないので、高齢者にも人気の運動です。

そのためどちらかというと若い人より高齢者の方が多いのが実情。

泳ぎが速くがちの人の方が実は少ないです。

あなたの泳ぎが下手クソでも泳げなくても全く気にならないくらいに場に馴染んでしまいますので、下手な心配は必要ありません。

 

ちょっと泳いでみようと思ったら初心者コースへ

 

泳げなくても、水中ウォーキングコースでエクササイズをしながら往復するのも十分な運動です。

せっかくプールに入ったのですから、ちょっとは泳ぎたいなあと思ってしまいうのではないでしょうか。

そんな時は、初心者コースにレーンを移して泳いでみましょう。

「泳ぎが下手で恥ずかしい」

そう思ってしまいますが、犬かきでも大丈夫。

初心者コースは泳げない人向けですから、どんな泳ぎが下手でも気にする必要はありません。

むしろ、泳げない方が当たり前ですから。

初心者コースにいるだけで免罪符になっています。

 

とにかく気持ちよく泳げたもん勝ちです。

自分が泳げるはいで泳いで疲れたら足をついてしまっても、ウォーキングコースに移ればいいだけです。

 

泳げなくても、水中エアロビがある

ジムによっては、泳げなくても楽しめる水中で行うエアロビクスが定期的に行われています。

水の中でエアロビを行うので水の抵抗もあり、少ない運動時間でも運動量は高く、消費カロリーも激しく燃焼してくれます。

 

もちろん泳げる必要はありません。

70過ぎの高齢者の人たちも楽しみながらできてしかも、それなりに運動効果が高い,泳げなくても充分達成感を得ることができます。

 

無料でできるスイムレッスンを活用する

ジムによっては、無料でできる初心者向けのスイムレッスンも開かれている場合があります。

これを利用して、水泳の基礎を学んで泳げるようになるというのもおすすめのやり方です。

1回のレッスン時間が30分から45分程度、6人位でレッスンを行うのでずっと泳ぎっぱなしというわけでもなく、体に無理もなく基礎を叩き込むことができます。

初めはバタ足や息継ぎ、クロールの息継ぎくらい教えてくれるので、あとは教えてもらったことを復習し、初心者コースでちょっとずつ練習していけば、徐々に泳ぎも様になってくるはずです。

 

ちゃんと泳ぎを覚えたいのであれば有料レッスンもおすすめ

 

施設によってば、マンツーマンで1時間みっちりと泳ぎを教えてくれる有料レッスンもあります。

あなたが泳ぎたい泳法を元国体の選手や、専門の水泳のトレーナーから手とり足とり教えてもらえます。

有料でマンツーマンですから、自分が疑問に思っている点もすぐに解決できますし、変な癖をつけることなく綺麗な泳法をマスターすることができるというメリットも。

お金に余裕があったり、水中ウォーキングたければ物足りないなと感じ始めたら利用するのもお勧めです。

 

泳げない人や初心者が行ってはいけない水泳施設のポイント

泳げない泳ぐのが苦手、そんな人たちが行ってはいけない水泳施設があります。

それは50m の長水路のある室内プール。

基本プールは25メーターですが、オリンピックや世界水泳は50メートルの長水路のプールを使用します。

 

そのため、アスリートクラス、つまりは本気のスイマーたちが集い本気で練習する場所。
こういった施設は行かないように注意しましょう。

また、長水路は25メーター付近で大人でも足が付かないくらい水深も深くなっているので、泳ぎに自信がない人たちは溺れてしまう危険性もあります。

将来のメダリストも練習時間を潰してしまうというリスクもあるので、泳げない人は近づかない方が無難でしょう。

 

まとめ

ジムでプール施設があるのであれば、泳げなくても泳ぎが苦手な人でもぜひとも活用してみましょう。

陸上の筋トレやランニングマシンを使ってもマンネリで飽きてしまいます。そんな時は水の中に体をゆだねて、リラックスしてみるのも良いものです。

全身の筋肉を使うことになるので、水泳を始めてから痩せやすくなったという人もいます。

泳げないからといって遠慮するのはもったいないこと。

ちょっと水浴びするかという気持ちでぜひ行ってみてみましょう。

-ジムで痩せる

Copyright© 運動せず簡単にダイエットする方法〜楽して痩せま専家〜 , 2018 AllRights Reserved.