痩せたいけど楽したい!運動は忙しくて無理!そんな人でもダイエット成功できてしまうなるほどと思える方法を紹介しています。

運動せず簡単にダイエットする方法〜楽して痩せま専家〜

お酢ダイエット

もろみ酢はどのように作られているの?どんな健康効果があるの?

投稿日:2017年7月1日 更新日:

黒酢と並んで注目をされているお酢に「もろみ酢」というものがあります。

もろみ酢は沖縄で作られたお酢で、一般家庭で使用され、暑い沖縄人の健康を影でサポートしてくれていました。

 

このもろみ酢は実は泡盛の出来損ない。

少し昔までは豚の餌やちょっとした料理廃棄されていたもの。

それが今では健康効果は高いダイエット飲料の一つとして注目されているのです。

 

そんなもろみ酢の歴史や製造方法、特徴を紹介します。

関連記事:黒酢はどのように作られているの?

 

泡盛と共に伝えられたのがもろみ酢

 

もろみ酢は何から作られているかというと泡盛のもろみからです。

このもろみにクエン酸が多く含まれているのです。

沖縄の地元の人たちはこのもろみを「カシジュー」と呼び料理にも使っています。

 

泡盛の歴史は古く紀元前300年頃からギリシアに遡ります。
そこで生まれたアンビクスという蒸留器がアラブ人によってもたらされました。

記録によると10世紀のタイで蒸留酒が作られ、中国へ運ばれています。

琉球王国が海と交流を始めたのはその後のこと。

琉球では1470年頃にシャムから伝わった蒸留酒をもとにした泡盛の原型ともいえるお酒の生産が始まってます。

 

昔はもろみ酢は豚の餌だった

 

「もろみ酢を豚に与えると病気にかかりにくくなる、豚にいいのなら人間にもいいはずだ」

これは沖縄の人が発見したことでした。

もともともろみ酢は泡盛のアルコール発酵が失敗してしまった廃棄品。

もったいないので豚の餌にしていました。

しかしある沖縄の人の言葉で健康飲料として生まれ変わったのです。

 

もろみ酢の特徴

 

泡盛の特徴は黒麹菌を使うところにあります。

黒麹菌は他の麹菌と比べて醸造の時に大量の冬は山を生成します。

このクエン酸が南国特有の高温多湿の気候の中でももろみを腐らせず発酵させる役目を果たします。

 

泡盛はこの黒麹菌床目を合わせてアルコール発酵させ、できたもろみを蒸留してアルコール分を抽出したものです。

そしてこの残ったもろみを密封容器に入れて熟成させ圧搾ろ過したものがもろみ酢です。

泡盛よりも歴史は新しいですが、その効果は素晴らしいものなのです。

 

もろみ酢に注目されている成分クエン酸

 

今まで廃棄されていたようなもろみ酢が注目されているのはクエン酸が持つ抗酸化作用により免疫力を高める効果にあります。

 

抗酸化作用とは体が酸化しないように働きかけることです。

体が酸化するということは簡単に言ってしまえば体が錆びるということです。

関連記事:お酢の美容効果

 

ストレスや激しい運動紫外線の浴びすぎなどで活性酸素の濃度が高くなると体が錆び始めます。

体の酸化現象は老化、病気、免疫機能の低下、心理的な不安の原因にも繋がります。

関連記事:お酢は花粉症や抗アレルギーに効果

 

体内で活性酸素を作らないようにするのは不可能なことですが、抗酸化作用を多く持つクエン酸を摂取することで、それを抑制することができます。

つまりは、普段の食生活においてもろみ酢を多く使った料理を食べることによって体を酸化させることを防ぎ、元気で健康的な生活を維持しやすいということです。

関連記事:お酢のクエン酸効果

 

食の欧米化がひどくなる前までは、沖縄の平均寿命は日本の中でも高く、これも普段食べているもろみ酢のおかげだったのかもしれません。

関連記事:お酢を使って減塩すれば血圧や生活習慣病の改善ができます。その効果とは

 

まとめ

昔は注目さえされていなかったもろみ酢ですが、時代が変わるとその健康効果に注目され、今ではダイエットや美容疲労回復などで使用されていることも多くみられます。

 

こんな良い食品を捨てていたなんてとんでもない。

今でこそ、そう思えるかもしれません。
しかし今現代食べることは満足にできていますが、体に良い食事をとるということは難しくなりつつあります。

 

そんな体に良いもの、それがもろみ酢だったのでしょう。
今ではもろみ酢の健康効果により、毎日の生活を元気にされてる人も多くいます。

-お酢ダイエット

Copyright© 運動せず簡単にダイエットする方法〜楽して痩せま専家〜 , 2018 AllRights Reserved.