痩せたいけど楽したい!運動は忙しくて無理!そんな人でもダイエット成功できてしまうなるほどと思える方法を紹介しています。

運動せず簡単にダイエットする方法〜楽して痩せま専家〜

更年期

更年期なって卵を一日4個食べてコリンを補給したら記憶力がよくなりました

投稿日:2017年7月18日 更新日:

更年期になってうっかり忘れが増えた、アレが出てこないというの症状も毎日卵を4つ食べ初めてから記憶力や頭の回転良くなりました。

こんな症状に悩まされていませんか?

  • ちょっと前にしまったものをどこに置いたか忘れてしまう
  • 鍵の閉め忘れや、ガスの消し忘れをしたか不安になる
  • 会話のときに「アレ」とか「コレ」が多くて思い出せない
  • 考えても雑念が多くて集中できない

そんな更年期においてよくある記憶力の低下は卵に含まれるコリンによって改善することができます。

 

以前、私もこのようなうっかり症状が多く、仕事上人の名前を覚えなくてはいけなかったのですが、更年期の症状によってなかなか覚えられずとても苦労しました。

しかも、仕事に集中できず、頭の中がゴミ箱をひっくり返したようなゴチャゴチャに。

周りからはなんかぼんやりしている

と見られていましたが、自身の頭はえらいこっちゃ状態だったんですよね。

 

そんな時、卵に含まれるコリンが記憶力や集中力を向上してくれる効果があることを知りました。

毎日4つ卵を食べるようにしたところ、3ヵ月後くらいには、すらすらと人の名前が思い出せるようになり、仕事の集中力も向上したのです。

会話のアレも無くなり具体名もすぐに出るようになりました。

卵に人生救われたといってもおかしくはありません。

ただ、人によっては卵を毎日4個食べるのは苦痛な人もいるでしょう。

そんな人はコリンが含まれたキューピーのサプリいいでしょう。

 

更年期の記憶向上に効果のあるコリンとは

脳

コリンとは、脳の運動神経や副交感神経を刺激によって伝達する物質である「アセチルコリン」の原材料です。

コリンを材料として合成酵素の働きにより、アセチルコリンになり、シナプスと呼ばれる神経細胞の接合部で作用すると言われています。

簡単に言ってしまえば脳の信号を送るための材料ということです。

 

更年期によって、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が低下してしまうと、神経伝達物質の分泌を刺激が減り、脳全体の機能が低下してしまうからです。

この神経伝達物質であるアセチルコリンの活動を増やすためにも材料であるコリンが必要となってきます。

簡単に言えば脳の信号をコリンで増やそうということ。

 

そのほかコリンには、生活習慣病を予防する効果があり

コリンには、脂肪肝を予防する効果があります。

肝硬変や動脈硬化・高血圧の予防にもつながるとされています。

 

昔はコレステロールを含む卵は「1日1個まで」という制限が常識とされていましたが、近年では厚生労働省が4月改訂の「食事摂取基準」でコレステロールの基準を撤廃しています。

一日10個も20個も食べるのは流石に問題ですが、卵はむしろ多く食べた方が健康に良いということです。

2012年、ノルウェーのホルダラン地方で行われた研究では、「コリンの血中濃度の低い人ほど認知力が低い」という科学的結果も出ており、卵に含まれるコリンは記憶力低下に有効ということです。

関連記事:更年期の頭の中がごちゃごちゃは大豆と卵黄レシチンによってアセチルコリンを活性化すると脳がすっきりします

 

更年期の記憶向上に効果のあるコリンを多く含む食べ物

卵黄

コリンは食事で増やすことができます。

コリンが豊富な食品は、牛・豚のレバー、卵、大豆、枝豆、エンドウ豆、玄米、小麦胚芽、さつまいも、トウモロコシ、ブロッコリーなどがあります。

食品100gあたりのコリン含有量は、生の大豆が約65mg、茹でた枝豆が約46mg、全卵が約240mg、卵黄の場合は約630mgとダントツで多く含まれています。

1日の目標摂取量500~2,000mgあたり

豚レバー 50g321mg
鶏卵1個 50g260 mg
牛レバー 50g180mg
大豆 30g85mg
ささみ 30g75mg
えんどう豆 30g70mg
牛肉 80g65mg
豚肉 80g60mg
豆腐1/2丁 150g50mg
さつまいも1本 100g40mg

 

一日どれくらいコリンを摂取すれば効果があるの?食べ過ぎた場合の副作用は?

アメリカの食品栄養委員会によると、成人男性で1日あたり550mg、成人女性で400~425mg、妊娠期は450mg、授乳期は550mgとされています。

摂りすぎによる障害を起こさない上限値は成人男女ともに3000~3500mgとされています。

 

仮に食品なので、食べ過ぎてしまった場合でも水溶性のビタミン様作用物質なので大きな体への影響はありません。

しかしコリンの代謝時に発生する合成物によって魚のような体臭になる副作用の可能があります。

 

効率的にコリンを摂取する方法

日常生活でコリンを多く摂取するのであれば、卵が一番美味しくかつ経済的に楽に摂取できます。

  • 納豆+卵の朝食
  • 調味料にマヨネーズ
  • おかずに卵焼きや目玉焼き
  • ゆで卵を常備
  • ラーメン屋に行くなら煮卵入り
  • ランチは親子丼やカルボナーラ
  • ちょっとした軽食は卵サンド
  • お蕎麦は月見そば

一回の食事で卵を4個食べるのは「うぇー」って思いますが

こうやってみると「あーこれなら簡単だ」って思いますよね。

私もこんな感じで、普段の生活で卵の摂取を増やすようにしました。

 

ポイントは菓子パンやご飯の量を減らしておかずを増やすようにする

そうすると無理なく食べられるようになります。

しかも炭水化物の摂取量が自然と減るのでダイエット効果あるんです。

 

コリン摂取のために卵を食べたく無い日もあるのでそういう時はサプリメントを常備すると楽です

 

毎日卵を食べるような生活も工夫をすれば楽ですが、旅行のときとか、食欲がどうしてもわかないという日もあるはずです。

一日二日であれば、そんな日があっても大丈夫ですが、毎日続ける事が記憶力向上の近道。

どうしても食べられない、コリンの摂取が少ない日はサプリメントで補うと楽です。

⇒卵のプロキューピーマヨネーズが作ったコリンサプリメント

世界でも認める卵のマエストロ味キューピーマヨネーズが作ったコリンサプリメントです。

 

その品質や効果は折り紙つきですね。

1ヶ月の海外出張でどうしても食生活が乱れがちだったとき常備していました。

「卵食べられないから心配」と思ってましたが、卵を毎日4つ食べていたときと全く変わらない効き目で地球の裏で感動の悲鳴を上げてしまったくらいです。

今でも食欲が落ちているときや、付き合いが多いときは飲むようにしていて、日々の生活では欠かせない記憶の門番として頑張ってくれています。

コリンを摂取して、外側も脳からも元気でしゃきっとした人生をまだまだ送っていきましょう。

 

更年期物忘れ関連記事

更年期物忘れ記憶力向上にDHA・EPAで脳に血が巡り物事がすぐに思い出せるようになりました

更年期物忘れが多くなる原因とアレが出てくる脳機能低下予防・活性方法

更年期に悩む女性200名に聞いた、毎日どんよりした霧がパっと晴れたと評判の更年期サプリメントを紹介しています。

logo

更年期サプリランキング

-更年期

Copyright© 運動せず簡単にダイエットする方法〜楽して痩せま専家〜 , 2018 AllRights Reserved.