痩せたいけど楽したい!運動は忙しくて無理!そんな人でもダイエット成功できてしまうなるほどと思える方法を紹介しています。

運動せず簡単にダイエットする方法〜楽して痩せま専家〜

更年期

男性更年期改善にはテストステロンが鍵分泌を促す亜鉛サプリメント賢い選び方

投稿日:2017年7月20日 更新日:

男性の更年期症状の解決方法は、テストステロンという男性ホルモンの分泌を促してあげる事です。

テストステロンの分泌方法は様々ありますが、いの一番にやるべき事は

「亜鉛を多く摂る身体を作るための食事」

に改善しましょう。

 

毎日亜鉛を10mg以上摂取する食生活に改善してから、何にもやる気が出ない無気力でイライラしていた毎日から、チャレンジ精神の情熱がまた噴き出す元気と平穏な心を取り戻す事ができました。

 

食べる事は命を繋ぐ大切な営みです。

あれもこれもやった方がいいのでは?

確かに色々な方法を行なった方が相乗効果によって早く改善できるかもしれません。

ですが、今何かするだけでもいっぱいいっぱいじゃないですか?

会社に行くだけで精一杯なのに会社帰りに筋トレできますか?

きっと無理です。

他の方法は、食べることで元気になれてからできる方法です。食を蔑ろにして改善なんてできません。

今は焦らず

「亜鉛を多く摂取する食に改善すればこの辛い更年期から脱却できる」

と継続して改善していけば良いだけです。

⇒男性更年期テストステロンを増やす高品質亜鉛サプリメント

 

食べる食事を改善するだけなら

「今の自分でもできるかなぁ」

と思えますよね。

何も断食しろとか、毎日筋トレ、禁酒、食事を大幅に減らせというわけでもありません。

ちょっとだけ亜鉛が多い食に改善すれば、失った情熱の炎が心の奥でメラメラと燃え始めます。

小さな事にも動じることなく、また仕事に趣味に元気に楽しめるようになります。

また男として自信を取り戻しましょう。

 

男性ホルモンのテストステロンを増やすには亜鉛の関係

亜鉛自体に男性ホルモンであるテストステロンを増やす作用はありません。

しかし、亜鉛を摂取することによってテストステロンを増やすという科学的根拠はあります。

次に食事であるが、第一に亜鉛がキーとなることが報告されている。

亜鉛は牡蠣や豚肉に多く含まれるが、韓国の検討では毛髪の亜鉛の濃度が高い男性のテストステロンは高値であり、亜鉛の摂取がテストステロン維持に重要であるとしている。

日本Men`sHealth医学会 NewsLetter vol.10より引用

http://mens-health.jp/pdf/News_Letter_Vol10.pdf

1996年にデトロイトのウェイン・ステイト大学の、アナンダ・プラサド医学博士主催で行われた実験にて

亜鉛をわずか1mg不足させる食生活を半年行いました。

得られたデータは5人中5人のテストステロン値が減少した点

5人中4人の精子量が減少した点。

この2点の事実とともに、被験者たちはEDになったと証言しました。

実験後、EDを訴えた被験者に亜鉛を毎日30mg摂取させる食生活を続けさせました。

その結果、テストステロン値が実験前まで回復しました。

回復に要した期間は16~20週ほどです。

私は科学者でもなければ、栄養のプロフェッショナルでもありません。

ただいえるのは

亜鉛は「GHリリーザー」と呼ばれる、ホルモン分泌を増やす成分には必須成分とされており、亜鉛を日常的に多く摂ることによってテストステロンが増えやすい環境を作ることができるということ。

 

普段の食生活において亜鉛はどうしても不足しやすい栄養素の一つ。

それがストレスや、加齢によってさらに消費され、テストステロンが作られにくい環境になって、更年期として症状が現れた。

というと辻褄が合いますね。

兎に角「亜鉛を摂れば男性の更年期は改善される」ということです。

 

男性の更年期を改善する亜鉛を多く含む食品

 

テストステロンを増やすための亜鉛の摂取量

亜鉛の成人男性の推奨量は10mgで成人女性は8mgです。

亜鉛の成人男性の上限量は40㎎に、成人女性の上限量は35㎎に設定されています。

男性の場合、精力アップをある程度実感できる必要量は1日15mg~20mgと言われています。

更年期の回復には、20~30mgくらいは摂れるのが理想です。

亜鉛の過剰摂取による副作用

亜鉛を摂取しすぎると、吐き気やめまいといった副作用が表れますが、その際は摂取を控えて、一日の摂取量を調整するようにしましょう。

亜鉛は毒性が極めて低いと考えられているため通常の食生活であれば過剰症の心配はありません。

 

食品100g当たりの亜鉛含有量
亜鉛の多い食品(水分40%以上)

牡蠣(生)13.2
豚肉(レバー)6.9
ほや5.3
牛肉(肩)4.9
かに缶4.7
牛肉(肩ロース)4.6
牛ひき肉4.3
牛肉(尾/テール)4.3
たいらがい4.3
牛肉(ひれ)4.2
たまご(卵黄)4.2
はまぐりの佃煮4.2
牛肉(ミノ)4.2
牛肉(もも)4.2
たらばがに4.2
ローストビーフ4.1
コンビーフ缶4.1

(水分が40%未満)
ビーフジャーキー8.8
パルメザンチーズ7.3
煮干し7.2
ピュアココア7.0
たたみいわし6.6
抹茶(粉)6.3
松の実6.0
ごま5.0

このように亜鉛の含有量

  • 大きなカキフライに使われている牡蠣が20gくらい、1個あたり2.64mgの亜鉛
  • 居酒屋でモツ焼きでレバーを頼めば1本あたり30g位で2mgの亜鉛
  • 生牡蠣(1個:約20g)→ 4個(亜鉛:約10.4mg)
  • 納豆(1パック:約50g)→ 10パック(亜鉛:約9.5mg)
  • 卵黄(1個:約20g)→ 12個(亜鉛:約9.6mg)

牡蠣がいかに昔から精力がつく食品として重宝されていたかよくわかります。

食事において、牡蠣やレバー、牛肉を沢山食べれば亜鉛の摂取量が増えテストステロンの分泌も盛んになれるということです。

こういった科学的な数字が出ていなくても体感的に昔から判っていたことですよね。

  • カップルで焼肉を食べると○○○の前
  • レバニラを食べると元気になる
  • 牡蠣は精力剤
  • 元気の源は肉

日本人の牛焼肉信仰は、普段不足しがちな「亜鉛」を求めていたのかもしれませんね。

「元気が無いときは肉」なんて根拠の無い事何言ってんだって思いましたが、実はあったのかぁって関心しました。

 

男性の更年期を改善する亜鉛の吸収を良くする方法

 

亜鉛は、そのまま摂取しても吸収力が悪い栄養素です。

純粋な亜鉛サプリメントを摂取したとしても、体内で吸収される亜鉛の量は20~30パーセントにまで低下してしまいます。

しかし、亜鉛の吸収を高めるものがあります。

 

たんぱく質

タンパク質の摂取量が増えると亜鉛の吸収率も上がります。

体内の亜鉛の多くはタンパク質とくっついた形で形成し細胞の中に存在します。

そもそも、亜鉛とタンパク質は結ばれやすく、相性がいいです。

それだけでなく、タンパク質は、亜鉛の吸収を妨げるフィチン酸や食物繊維の働きを鈍らせる効果もあります。

 

クエン酸

クエン酸と亜鉛を一緒にとると、クエン酸が亜鉛を包み込み、とても吸収されやすい状態にします。これをキレート作用と言います。

 

ビタミンC

また、キレートされた(クエン酸に包まれた)亜鉛の吸収をビタミンCが更にアップします。

つまりは焼肉でタン塩にレモンをかけて食べたり、生牡蠣にライムを搾って食べたりしているのは本能的に亜鉛の摂取の仕方を判ってやっているということなんです。(もちろん美味しいからやっているのもあるでしょう)

焼肉のときは、野菜と一緒に食べたり、お酒はレモンサワーやグレープフルーツサワーなどと一緒にお肉を食べると亜鉛の吸収が良くなります。

クエン酸を多く含む食べ物

  • レモン
  • ライム
  • 梅干
  • キウイ
  • みかん
  • グレープフルーツ
  • イチゴ
  • パイナップル
  • オレンジ
  • 黒酢

ビタミンCを多く含む食べ物

  • 赤・黄ピーマン
  • ブロッコリー
  • カリフラワー
  • ゴーヤ
  • ケール
  • パセリ
  • アセロラ
  • 菜の花
  • いちご

昔から「肉と野菜はバランス良く」と言われるように、亜鉛を摂取しようとしてお肉ばかり食べても吸収力が弱くなります。

野菜も食べて亜鉛の吸収や、便通改善、お肉で補えない栄養素を野菜や果物で摂取する。

結局行き着く先はそんなものんなんですよね。

 

男性の更年期を改善する亜鉛の吸収を妨げる栄養素

 

亜鉛はそのまま摂取すると吸収しにくい栄養素です。

さらに厄介なのは食べ合わせによってさらに吸収を妨げてしまう栄養素もあります。

組み合わせが悪い食生活だと

「亜鉛沢山とってるのにテストステロン出ないよー」

と更年期症状が改善しない場合も。

 

食物繊維と大豆のフィチン酸

野菜や大豆に含まれている成分です。

だからといって肉や牡蠣だけ食べるというわけにも行きませんので、食事においては、クエン酸・ビタミンCを多く含む食べ物を意識して摂るようにしましょう。

 

お茶のタンニン

タンニンは植物の葉、樹皮、小枝、根ななどに含まれるポリフェノールの一種です。

簡単に言ってしまえば、紅茶やウーロン茶などの色の成分。

これが亜鉛の吸収を阻害してしまいます。

焼肉にいってウーロンハイもいいですが、これではせっかく摂取した亜鉛の吸収を妨げてしまっていたのです。

 

亜鉛を毎日10mg以上安定して摂取なら動物性由来の亜鉛サプリメントが便利だしコスパも良いですし通風のリスクもありません。

 

食事で亜鉛を摂るのは中年男性にとって怖い「通風」のリスクがあります。

特に亜鉛が多い食品というのは、テストステロンを増やすという一見素晴らしい食品に見えますが、その反面プリン体が多く、通風のリスクを引き起こしやすい食品なのです。

『高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン』には『生活指導』の中に食事療法、特に
『1日400mgを目安にしたプリン体の摂取制限』が示されています。

プリン体の多い食品(100gあたり)
牡蠣184mg
牛肩90.2mg
豚レバー284.8mg
鶏レバー312mg
ビール酵母2996mg
ローヤルゼリー403mg
カツオ211mg

鶏卵0.0mg
ビールには1缶あたり12~25mg/350mL

このように、「亜鉛を摂るためにレバーだ牛肉だ牡蠣だ」と食べていると更年期の症状改善より前に、通風でやられてしまうなんてこともよくある話です。

グルメな知り合いがこれをやってしまっていました。

 

もう若くないわけですから、安全に亜鉛を摂るのであれば、「適度に亜鉛の含まれる食品を意識的に食べるようにする」のが正解です。

ただ、それだけでは更年期を改善する亜鉛は不足しがち

この矛盾を解消するためにも亜鉛はサプリメントが必要なのです。

 

亜鉛は体内の吸収が悪い栄養素なので、いくら一回の摂取が多いという亜鉛のサプリメントを摂取しても体調が改善されないということも多いのです。

「一日30mg摂ってるけど変化ないんだよね」

と言う人も周りには多いですよ。

 

そこで、動物性由来の亜鉛が多く含まれる食品の抽出系のサプリメントが適しています。

そこで注目すべきなのが牡蠣。

牡蠣は食品中に群を抜いて亜鉛が豊富に含まれる食品。

海のミルクといわれる所以でしょう。

この牡蠣の濃縮したエキスを凝縮したサプリメントが男性ホルモンであるテストステロンの分泌を促してくれます。

⇒男性のやる気を自信をまた蘇えらせたサプリメント

 

動物性由来なので亜鉛とたんぱく質が結びついた状態なので吸収率も抜群、キレート作用を実現する各種ビタミン類、瞬間的な元気を生み出すアルギニンも配合。

このサプリメントを摂取した人曰く

「これは情熱をまた燃え広げてくれた"人生の種火"だ」

去勢された犬のごとく自分に自信が持てなかった日々から

「俺はまだまだこれからガンガンやれるぞ」

と心の炎をメラメラと燃やしてくれる野獣のような心が奥底から出てくると

やる気になれなかったゴルフもジョギングもまた楽しい、体が動けると老いに対して前向きに捕らえるようになりました。

そんなサプリメントは14年目のロングセラーでした。

 

まとめ

 

男性にも更年期はあります。

しかし女性と違い、原因が判りやすいテストステロンの減少によるもの。

ですから、このテストステロンを増やすために亜鉛を普段の食事やサプリメントで摂取すれば良いだけです。

テストステロンが増え始めると少しづつですがやる気が出てきます。

「あーなんか旅行いきたなぁ」とか「今日は遠回りして帰ろう」とか

そんなちょっとした前向きさ。

これが改善の兆候です。

 

その小さい改善の兆候が情熱の炎となり、だんだん大きくなっていきます。

この小さな炎を決して絶やさず、燃やし続ける、つまりは亜鉛を摂りづつければ、また若い頃のような自信とやる気、そして穏やかな心に戻ることがきます。

更年期に悩む女性200名に聞いた、毎日どんよりした霧がパっと晴れたと評判の更年期サプリメントを紹介しています。

logo

更年期サプリランキング

-更年期

Copyright© 運動せず簡単にダイエットする方法〜楽して痩せま専家〜 , 2018 AllRights Reserved.