痩せたいけど楽したい!運動は忙しくて無理!そんな人でもダイエット成功できてしまうなるほどと思える方法を紹介しています。

運動せず簡単にダイエットする方法〜楽して痩せま専家〜

更年期

更年期の無気力症状を朝からハツラツできた方法をアドバイスします

投稿日:2017年7月25日 更新日:

更年期にさしかかると、急にやる気がわかなくなる、そんな無気力状態

今まであれもこれも好きなことできたのに、急に熱が冷めたように何もやる気が出なくなった。

「家事をするのでさえやる気が起きないんです。」

症状がひどい人によっては、日常生活にも差し支えが出てしまいます。

 

辛いですよね。

どうにかしたいと思うはずです。

日常生活にも支障ができる場合は、ホルモンバランスが著しく乱れているためです。

心と体が一致せず不均衡が生じ、このような無気力状態が続いてしまいます。

このような自分ではどうしようもない場合は自分でどうにかせず、まずは婦人科へ行き診察をしてもらうことをお勧めします。

 

ではそれ以外の何かやる気の出ない問題。

なんかぼんやりしていてやる気が出ない無気力。

更年期特有のホルモンバランスの減少によって影響はありますが、それ以外でも無気力な症状になってしまった原因もあります。

それであれば、今日からでも対策は可能です。

また旅行が楽しいと思えるようになったり、友達と食事やカラオケで盛り上がることだってまたできますよ。

 

更年期ホルモンバランス以外の無気力になる原因

 

  • 子供の自立による燃え尽き症候群
  • 自分の老後の親の介護など将来の不安による精神的疲労
  • 筋肉の衰えによる体熱の低下

大きく分けてしまえば、この三つが更年期特有の無気力の原因になります。

つまりこの三つの原因を解消していけば、無気力な症状も少しずつ改善していくということです。

 

更年期の無気力を楽しい毎日にするための三つの方法

 

更年期の無気力をまたやる気をみなぎらせるためには、「楽しいことを考える」「不安を解消する」「体温を一度上げる」この三つを行ってみましょう。

 

楽しいことを考える

 

子供の自立によって、人生においての張りがなくなったという人は多くいます。

今までは子供中心に人生を歩んでいましたが、それがポッとなくなると心に穴が開いたかのような寂しい気持ちや達成感、悲壮感が襲ってきてしまい無気力になってしいます。

大変だったけど本当に楽しかった

それがもうなくなるというのは悲しいものです。

 

しかし、人生において子育てだけが楽しいわけではありません。

世の中にはまだ今の年齢でも、ワクワクするようなことを体験するというのはたくさんありますよ。

「でもいきなり自由だと言われても何をしたら」

いきなり何をしてもいいよと言われても困ってしまいますよね。

今まで一直線に人生頑張っていたのではないでしょうか、ここでちょっと休憩です。

これから先の人生を楽しむために何がやりたいか考えてもバチはあたりません。

 

そんな時は今自分が楽しいとか、気持ちが良い、良い気分でいられるということをまずは楽しんでみてください。

無理して旅行に行く必要はありません。

人によっては旅行に行くことがそんなに楽しいと思えない人だっています。

 

本を読むのが好きであれば、自分が好きな本を好きなだけ読んだり

ガーデニングが好きであれば自分がやれる範囲でガーデニングを楽しむ

心がたのしいなあと思えるようなワクワクすることをまずやってみてましょう。

 

そうすると自然にああ次はこれがしたいなと、自然にやりたいことがフツフツと湧いてきます。

人生は楽しいことを行うことの方がやりがいも張りも出てきます。

もし今動けないような無気力状態であれば、あの頃これが楽しかったのということをメモしておくことでもよいです。

 

不安を解消する

悲しい

自分の老いや両親の介護、死別などこれは避けて通れない人生の辛いイベントです。

人は生きている限りこれは必ず通らなければならないこと。

しかしそんな、不幸なことに対して考えすぎというのは、人生において意味のないことです。

人間は過去や未来に対して恐れや不安を抱きやすいですが、本当に大切なのは「今」なのです。

 

例えば、

  • 今の旦那が急にリストラにあったら私たちと生活すればいいのか
  • 自立した子供がちゃんと健康でいられているのか
  • もしかしたら自分を大きな病気をしているのではないか

ネガティブなことを言うのは簡単に考えられてしまいますね。

これを書いている時点でとても嫌な気分になります。

 

こういった不安は、太古の歴史に刻まれた生存本能による思考です。

色々なネガティブなことを考え、いかに生存率を上げるかというものです。

狩の時代、何も考えずマンモスに突っ込むような人間たちは真っ先に死んでいたでしょう。

むしろ今生き残っている人類というのは、悪く言えば逃げまくってきた人生の生存者

良く言えば生存のための人生経験が豊富で、思考力のある人間。

 

しかしこの不安というのはとても厄介な問題です。

仏陀でさえこの不安の思考に悩まされていた一人。

えーって思いますよね。

なぜこの不安と無気力が関係するかというと

人間とは動いても考えても同じだけエネルギーを使用されているからなのです。

つまりは無駄な考えをすればするだけ疲れきってしまいます。

周りからは動いていないのでだらけてしまって見られるでしょう。

しかし、あなたも無気力な頭の中はめちゃくちゃな状態で思考が巡り疲労を起こしているんです。

 

これは私も体験しているのでよくわかります。

この頭の中で考えれば出てくるふつふつとした不安というのは、言ってしまえば頭の中で出てくるノイズといってもいいでしょう。

そんなのいつで疲れているのですから、たまったもんではありません。

いくら不安があったとしても、それが現実に起こっている確率というのはとても少ない、むしろ無いという事がほとんどではありませんか?

あなた自身の行動が不安という物に囚われ、それに向かって歩んでいるということだってありえます。

 

では、どうやったら不安が少しでも解消されるか。

お勧めの方法は瞑想です。

ヨガ

瞑想は海外ではマインドフルネスとも言われています。

 

アメリカシリコンバレーのIT技術者も実践しており、有名な人ではアップルのスティーブジョブスも行っています。

ここでは、瞑想の具体的なやり方は省きますが、瞑想は不安で凝り固まった思考をクリアにしてくれる効果が。

瞑想は「今」の自分に対して「何をしたいのか」が明確にわかりやすくなる頭の整理が簡単にできてしまうのです。

 

例えばパソコンやスマートフォンでもアプリケーションを沢山立ち上げると動きが重くなりますよね。

これは人間の脳も同じです。

パソコンもスマートフォンも、一度電源を落として立ち上げ直すと軽くなるように、人間も瞑想によって思考がクリアになります。

脳みそを冷たい水でジャブジャブ洗ったかのようなスッキリ感を得ることができるでしょう。

無駄な思考がなくなったら急にやる気が湧いてくるという効果もあります。

 

体温を上げる

ヨガ

北の国の地域はなんか厳しそうな雰囲気をしてますよね。

例えばロシア人とか常に眉間にしわがよっていかつい感じ。

では、南半球の人たち例えばブラジルの人。

いつもニコニコして笑ってて、常に楽しそうなイメージ。

この違いと言うのは、地域が暑いか寒いかです。

 

これは人間の体も同様で、体が暖まれば温まること幸せの気持ちが満たされるようになります。

逆に体が冷えてしまえばネガティブな気持ちが湧いてきます。

一番簡単なわかりやすい方法は、暖かい湯船に浸かってみること。

そこまでネガティブな気持ちは湧かないはずです。

 

この頃の女性の体温は35度前半。

これでは血流も滞ってしまい、ネガティブな気持ちが湧きやすくなってしまいます。

この体温を平均36度5分位にまで上げるようにしてみましょう。

  • 運動習慣
  • ホットヨガ
  • ウォーキング
  • 下半身を中心とした筋肉トレーニング
  • 生活習慣
  • 毎日湯船に浸かる
  • 半身浴
  • サウナ
  • 下半身、内臓を温める衣類の着用
  • 食習慣
  • 冷たい飲み物は控える
  • 根菜類を多く食べる
  • タンパク質量を増やす

身体を冷やさず身体を温めるような生活習慣をできる範囲で取り入れてみましょう。

身体の内側からホカホカすると自然に前向きな気持ちになれますよ。

 

私が心がけているのは、「なんか調子わるいなぁ」と感じたら、その日は体を温める日ときめています。

サウナに行く、しょうがを多く食べる、冷たい飲み物は飲まない

これだけでも心が落ち着くんですよ。あと、気持ちもほんわかしますね。

 

動くのもやっとの無気力な更年期症状が嘘のように晴れやかになった私のかけがえのないパートナー

このように、楽しい事を見つけたり、余計な不安を考えないように、身体を温めるようにすれば自然と気力はフツフツと湧いてきます。

しかし、自分が思った以上になかなか改善されないもどかしさやストレスもあります。

「1日でも早くこの無気力な私から解放されたい」

そう思っていませんか?

私もそうでした。

やり方はわかっても、いざ実践すると自分のペースに合うまで時間はかかってしまいます。

 

本当に何もしたくなくて、家事をするのもやっとなんて人もいるでしょう。

そんな時ヘトヘトの私の人生の見えない暗闇から手を差し伸べてくれたものがあります。

続けることに毎日が少しずつ元気になっていくという希望の兆しを与えてくれた、私にとっては天使のような存在です。

今ではこのサプリメントと一緒に人生を歩んで行けば、不安も解消されると確信しています。

下記の記事で、このサプリメントを詳しく紹介をしています。合わせて参考にして下さい。

yazirusi

美健知箋の口コミで更年期の毎日がなんか辛いが呆気ないほど改善できました

 

まとめ

 

  • 新しい楽しいことを見つける
  • 無駄に不安を抱え込みすぎない
  • 体を温め血の巡りを良くする

この三つを気をつければ更年期特有の無気力状態から脱出することができます。

しかし、どうしても体調が改善されない場合は婦人科へ行き受診してもらうのが良いでしょう。

「もしかしたら大きな病気かも」と思うとこそ不安の種になってしまいます。

そういった不安からの解放されるというのも気力を回復させる一つの手段。

人生の折り返し、ここらで少し自分も見つめ直して自分をいたわってあげてみてください。

更年期血のめぐり改善関連記事

更年期やる気が出ない不調ををどうにかしたい人の気力増大方法

更年期老けたアナタをまた若々しく女性としてキレイでいられる5つの方法

更年期の倦怠感をシャキっと元気を引き起こす7つの方法

更年期のだるいがフッと羽が生えたように軽くなる3つの方法

更年期の元気が出ない症状でも今からみなぎらせる5つの解消方法

更年期の疲れやすい症状を3ヶ月で趣味に仕事に楽しく生きれる5つの方法

更年期に悩む女性200名に聞いた、毎日どんよりした霧がパっと晴れたと評判の更年期サプリメントを紹介しています。

logo

更年期サプリランキング

-更年期

Copyright© 運動せず簡単にダイエットする方法〜楽して痩せま専家〜 , 2018 AllRights Reserved.