痩せたいけど楽したい!運動は忙しくて無理!そんな人でもダイエット成功できてしまうなるほどと思える方法を紹介しています。

運動せず簡単にダイエットする方法〜楽して痩せま専家〜

更年期

更年期漢方薬は飲んだらどれくらいで効果があるの?副作用は

投稿日:2017年11月5日 更新日:

更年期 漢方

更年期の症状が辛い場合、治療にはホルモン補充療法や、精神安定剤の処方によって改善を目指します。

しかしホルモン補充療法には発ガンのリスクの危険性や、精神安定剤の場合依存といった副作用のリスクがあります。

今の辛い症状はどうにかしたいけど、自分の命のリスクを負ってまで…と考えてしまいますよね。

そのような場合、植物や鉱物、動物などの自然由来のエキスを用いた漢方によって更年期の症状を緩和させることができます。

ただどれくらいで効果があるの?副作用は?という心配もあるでしょう。

更年期の漢方使用に関する点についてまとめました。

更年期漢方の種類

よく処方される漢方には桂枝茯苓丸や当帰芍薬散などがあります。

詳しくはこちらにまとめました。

更年期によく使用される漢方薬まとめ

 

ホルモン補充療法で改善できない不調が漢方薬で改善する場合もある

 

女性ホルモンの減少によって起こる更年期の不調は、女性ホルモンを補うホルモン補充療法で改善することができます。

けれども、それほど重症でない不調や、ホルモン補充療法が使えない場合あるいは使いたくない場合は漢方薬が有効な場合もあります。

 

漢方薬の定義

 

漢方薬は植物や動物、鉱物などの天然の生薬を数種類以上組み合わせた薬物療法です。

本来は煎じて飲むものですが、日本では薬用成分を抽出して顆粒状にしたエキス剤が広く用いられています。

はとむぎのように1種類の生薬からなるものは民間薬で、漢方薬とは区別されます。

また、西洋薬が一つの症状や病気に対して、一つの有効成分で疾患を取り除くように作用するのに対し、漢方薬は複数の小欲も複数の有効成分がその人の心身のバランスを整えるように作用します。

 

漢方薬にも副作用はある

119598

「漢方薬は安全で副作用がない」

と思う人が多いようですが漢方薬も薬ですから副作用がないわけではありません。

甘草による低カリウム血症や、麻黄による心悸亢進(激しい鼓動)名護注意が必要なものもあります。

漢方だからいちがいに全てが良いというわけではなく、陰と陽があるように作用が強ければそれだけ反作用もあるということです。

 

更年期の様々な不調を複合的にアプローチするため漢方が良い場合も

118164

更年期症状は西洋医学的には一つだけのアプローチしかしない

更年期に見られる多種多様な症候群で、症状を裏付ける異常が見つからない自律神経失調症に中心とする症候群

と定義され、エストロゲンの減少とこの時期に重なる環境や心理的変化を背景にして起こると考えられています。

西洋医学的な見解では更年期障害はエストロゲンの低下だから増やせばいいという結果になります。

しかし自律神経失調症や心理的なストレスからくる不定愁訴は、医学的な検査では異常が見つかりにくい。病状であるため、西洋医学の視点からだけではアプローチしにくい面があります。

それに対して、東洋医学の漢方療法は、個々の症状よりも全体の状態を重視し、心身のバランスを整えて不調を和らげるようにアプローチするので、はっきりとした原因がわからない不定愁訴のようなケースに適していると言えます。

ただし、漢方療法で治療を行う場合でも、不調の原因が更年期によるものか他の病気によるものかを知っておくことは必要ですので、不調の影に病気が隠れていないか定期的に検診を受けましょう。

今の医学では東洋も西洋もいいところを取り入れて更年期の治療を行う医療機関も多く存在します。

例えばホルモン補充療法を行いつつ漢方も使用するといった併用療法。

両方のアプローチにようって更年期の症状が劇的によくなったと言う人も多くいます。

 

更年期漢方薬を使用した人の口コミ

 

花村さん
ホットフラッシュ、、、漢方で解決します
加味逍 散(かみしょうようさん)です
証(体質など)は関係しません
頓用で構いません
苛立なども解決します

吉田さん
私も更年期症状が出始めた頃に漢方薬を飲んでましたが、色々試しましたが、合いませんでしたので結果、新薬になり漢方薬と併用することで、マシにはなりました。

松本さん
半信半疑でやってみましたが、5日くらいで あれだけ辛かった更年期障害の症状がなくなり、続けていた薬を飲まなくても大丈夫になりました

漢方薬や更年期に対しどれくらいで効果が期待できるの?

111221

漢方薬のよいところは、複数の症状に対して効果が現れることです。

また、漢方薬はその人の体質や体格などを考慮して処方されるので、その人とぴったり合えばよく効きます。

しかし、合わない場合はなかなか症状が改善されないということもあります。

急性なものであれば服用して数時間で効果が出ます。

風邪などで服用する漢方に葛根湯がありますが、服用してすぐに体が温まる効果がありますよね。

それくらい効果があるということです。

ただし、即効性のある漢方薬だけではなくゆっくりと効果を表す漢方もあります。

おおよその目安は2週間。

長くて1ヶ月、正しい服用をしても効果が見られなければ、他の漢方に変えるべきでしょう。

更年期に悩む女性200名に聞いた、毎日どんよりした霧がパっと晴れたと評判の更年期サプリメントを紹介しています。

logo

更年期サプリランキング

-更年期

Copyright© 運動せず簡単にダイエットする方法〜楽して痩せま専家〜 , 2018 AllRights Reserved.