痩せたいけど楽したい!運動は忙しくて無理!そんな人でもダイエット成功できてしまうなるほどと思える方法を紹介しています。

運動せず簡単にダイエットする方法〜楽して痩せま専家〜

更年期

更年期障害病院探し早めにすべき9つの理由

投稿日:2017年11月17日 更新日:

185199

更年期障害は風邪とはちがい、長く様々な症状に悩まされる症状です。

薬をもらったらさようならという病院というわけにもいかなくなります。

様々な症状に対し、的確なアドバイスと処方を行ってくれるパートナーのような医師を見つけることが、更年期の症状を楽にさせる方法です。

 

専門医のアドバイスは、的確ですしなにより信頼があります。

インターネットの情報も正解はありますが、情報が多すぎて取捨選択できずに悶々としてしまうというデメリットも。

そんな精神状態も楽になり、更年期の症状を楽にするためにも症状が軽いうちに自分にとってよい病院を探すべきです。

 

更年期障害になる前に早めに病院を探す理由

544383

病院は個人の価値観や相性もありますから、一度で自分にぴったり合う医師や病院が見つかるとは限りません。

また更年期について理解のない医師に遭遇すると、診察で心無いことを言われて傷つく、いわゆる傷つき体験をしてしまうかもしれません。

特に男性医師の場合、更年期に対し理解が乏しいと心無い一言で傷ついてしまう人も実は多いんです。

 

そこで、できれば40代にさしかかる頃、月経に変化が現れる前から、心身を総合的にみてくれる、婦人科のパートナードクターを見つけておくと良いでしょう。

更年期の不調が強くなってからでは自分に合う婦人科医を探すこと自体が辛い作業になってしまいます。

心や体に余裕があるうちに見つけていたほうが後々の辛い時期になってからとても助かります。

 

早めにパートナードクターを見つけておくメリット

 

例えば年に一度、婦人科検診を受け月経や体温、体調の変化を定期的に行ってもらいましょう。

そうすれば更年期で不調が現れたときも、状況が変わりやすくなります。

半年に一回だとしても血液検査の結果やそのほかの問診結果が医師の中でわかっていると、症状が辛くなったときに役立つデータになります。

また、更年期以降は膣や肌の乾燥、尿漏れなどもデリケートな口に出しにくい症状も現れやすくなります。

このような症状でも医師とも信頼関係ができていれば相談しやすいでしょう。

 

更年期障害以外の病気の早期発見や診療の役立ちに

437225

この年代は生活習慣病やガンなどの疾患も増えてきますから、症状がなくても、年に一度は人間ドックを受診するなどして自分の健康を把握しておくことが大切です。

実際に不調の原因が更年期によるものかどうかを見極めるためには、他の疾患を除外することが非常に重要になります。

例えばめまい、耳鳴り、頭痛などの症状があった場合、婦人科から耳鼻科や脳外科を紹介することもあります。

すでにそれらのかを重視していたり人間ドックなどの検査結果があったりすれば更年期障害の診断に大変役立ちます。

他の病気のリスクも定期健診によって早く専門機関の紹介状を書いてもらうことも可能です。

早期診療は、病気の早期発見のメリットもありますが、病気かもしれないと悶々とストレスを抱えてしまう精神的負担が減るのが最大のメリットでしょう。

 

40代健康状態には異常がないのに不調が続くなら婦人科へ

231068

更年期には、ほてりやのぼせ、動悸、イライラ、うつ気分、関節痛、肌の乾燥など、あなたのあちこちに様々な不調が現れます。

しかし、病院での一般的な検査ではほとんど異常は見られません。

そのため、不調の原因が判断しにくく、治療が必要なのか、一体何科を受診したらいいのか迷うことは少なくありません。

そんな時心強い味方となるか婦人科です。

婦人科ではこういった症状の悩みで来院される人も多く、医師もその道のエキスパートですので、わからない不調に関しても的確な診療を行ってくれるでしょう。

 

婦人科は更年期障害のに理解が深い

 

婦人科というと妊娠や出産女性特有の病気の治療をする科という印象が強いかもしれませんが、更年期障害の治療も婦人科の大切な役割の一つです。

婦人会はダイナミックに変化する女性のカラダとココロについて最も理解の深い専門家であり、生涯にわたって頼りにできる存在です。

どちらかというとメンタル的なケアが必要になってきますので、心と体に理解持っている同じ女性の医師が多いです。

 

婦人科は更年期障害に対する適切治療が受けられる

611953

最近では、更年期障害の理解も進み、不定愁訴と呼ばれる心身の不調も、適切な治療で和らげたり解消したりすることができるようになってきています。

生活習慣の改善やセルフケアで十分な改善が見られない場合は、1人で悩まずに早めに婦人科へ相談しましょう。

インターネットの情報はとても有用な情報が多く手に入ります。

しかし、過度な心配や最悪の場合について書かれることが多くあり気が滅入りやすいデメリットも。

自分の体を知るためには科学的な根拠が一番早いです。

急がば回れと言う言葉もあるように、なんだかんだで病院にいくのが一番です。

 

婦人科の診療が気になる人へ

111221

人によっては病院に行くということが怖いと感じる人もいるでしょう。

また、どんな診療がされるのかというのは事前に知っておいて心の準備をしておきたい、という人もいるでしょう。

こちらでは

具体的に婦人科でどの様に診察が進むのか

診察をスムーズにするためにどんな準備をしておけばいいか

更年期障害の治療にはどのような選択肢があるか

こちらを紹介していますので重心をする際の参考にしてください。

更年期障害婦人科診察進み方

 

婦人科にも当たりハズレがある

532253

更年期障害の治療に力を入れている医師や病院の多くは、患者の話を聞き、辛い症状を緩和するための治療方法を立ててくれます。

更年期障害の治療は、短期間で終わらない事も多いため、質問にあまり答えてくれなかったり、威圧的な態度をとったりする医師も少なからずいます。

地域によって患者数が多いと、診療も投げっぱなしになりがちなのはしかたありません。

 

こういった病院は、残念ながら長くお付き合いできる医師とは言えません。

こういう場合は私には合わないと気持ちを切り替えて、信頼のおける医師を積極的に探しましょう。

多少遠くなるかもしれませんが、隣の駅や地域の病院も視野にいれることをおすすめします。

また、同世代や、年上の方に相談してみるのもいいでしょう。

相談してみると「自分もそうだったんだよね」と親身に相談にのってくれるもので、更年期の先輩方に良い婦人科を教えてもらうのも一つの手です。

 

40代に差し掛かったら相談しやすいパートナードクターを探しましょう

 

婦人科の中でも、女性外来や、更年期外来などの看板を掲げているところは、更年期障害に積極的に取り組んでいると考えられます。

書籍やインターネットは口コミなどでいろんな情報を集めてみましょう。

事前に電話して問い合わせするのも良いでしょう。

一度で自分にぴったり合う病院や医師が見つかるとは限りません。

40代に差し掛かったら、相談しやすい婦人科のパートナードクターを探し始めましょう。

更年期に悩む女性200名に聞いた、毎日どんよりした霧がパっと晴れたと評判の更年期サプリメントを紹介しています。

logo

更年期サプリランキング

-更年期

Copyright© 運動せず簡単にダイエットする方法〜楽して痩せま専家〜 , 2018 AllRights Reserved.