痩せたいけど楽したい!運動は忙しくて無理!そんな人でもダイエット成功できてしまうなるほどと思える方法を紹介しています。

運動せず簡単にダイエットする方法〜楽して痩せま専家〜

糖質制限

糖質制限すると身体が重くなる倦怠感がすごいのをわずか30分で楽になる方法

投稿日:2017年11月30日 更新日:

6a6d342ae82c2f443d12a1bf5f81471f_s

糖質制限をしていると突然

身体が鉛のように重くなった

なんて症状に悩まされることありませんか?

「やっぱり糖質制限は身体に悪いやめたほうがいい…」

いえいえそんなことはありません。

実はそんな糖質制限の身体の重さは30分もあればすっきりと楽になれます。

大抵の場合は食事バランスが偏るから。

今回紹介する方法さえ知ってしまえば糖質制限の難易度が30パーセント
低下しますよ。

糖質制限で身体が重くなる原因

食事もきちんととっているのになんで身体がこんなにも重く感じるんだろう

そう思うあなたは糖質制限における食事の割合が酸性に偏っているからです。

人間の皮膚は弱酸性を保っていますが、体内ではアルカリ性を保っています。

身体が酸性になる要因は、疲労やストレス、そして賛成に偏る食事によるもの。

特に糖質制限の食事はMEC食

  • 肉類(MEET)
  • 卵(EGG)
  • チーズ(CHEES)

これらの食品はいわゆる酸性食品で、体内を酸性に傾けてしまいます。

糖質制限だからお肉をしっかり食べないと

といって、タンパク質ばかり食べてしまった場合、体内では酸性に傾き

身体が重く感じてしまいます。

身体が酸性に傾くというとイマイチぱっと理解しがたいのでは

簡単に言ってしまうと鉄が錆びると動きが悪くなるのと同じようなもの。

ギーギーとなりますよね。

これがあなたの身体にも起こっているということです。

  • 酸性になると血が錆びる
  • 錆びると酸素の供給が落ちる
  • そうすると身体が全体酸欠に陥り重く感じる
  • 脳に酸素行き渡りづらくなるのでぼんやりする

というようになります。

他にも糖質制限中に身体が重くなるのに栄養不足ということもありますが

大抵は身体が酸性に傾いているということが多いですね。

 

糖質制限の食生活による酸性体質からアルカリ性体質に即効で戻す方法

簡単に倦怠感を抜く方法は、体本来の正常機能であるアルカリ体質に戻せばいいだけです。

体がアルカリ性に戻ると、クエン酸回路が活発に動くようになるので脂肪の燃焼効率もアップしますよ。

 

アルカリ性食品を食べる

 

アルカリ性食品はキノコ類、野菜類、海藻類、発酵食品などです。

つまりは糖質制限をしていても、栄養バランスちゃんとしなくちゃいけないということ。

よく糖質制限は

「肉ばかり食べればいいんでしょ。」

という人がいますが、それは極端すぎな間違ったやり方。

 

確かに肉中心は間違いないですが、肉を食べた分野菜もそれ以上食べて中和してあげる必要があります。

例えば焼肉ならサンチュやキムチをも食べるようにする。

ということです。

 

ステーキならその分サラダも食べましょう。

ご飯の代わりにお肉と野菜の量を増やしましょう。

そんな意味合いの方が正解です。

 

梅干しを食べる

 

甘いタイプの梅干しではなくてしっかりと使った酸っぱい梅干し

梅干しはアルカリ性食品の代表といってもいいでしょう。

昔の人も旅路のお供に疲れたら酸っぱい梅干しを口に入れ疲労回復していました。

温故知新ですね。

身体が重いなぁと感じたら酸っぱい梅干し一つを口に入れてみましょう。

しばらくすると身体がびっくりするくらい楽になりますよ。

 

お酢を飲む

962ed272f80263e579820811fae1e965_s

お酢を飲むことによって簡単に身体を酸性に傾いた身体をアルカリ性に保つことができる手っ取り早い方法です。

お酢?

そうです、家にあるあの酸っぱいお酢。

これを大さじ2杯位を水で割って飲めば30分位で身体が楽になりますよ。

お酢をそのまま飲んでもいいの?

できなくはないですがあまりおすすめはしません。

せいぜい本当に体が動かないって言うときは一番即効性があるやり方です。

 

お酢は体内に入ればアルカリ性食品ですが元々は酸性です。

歯のエナメル質を溶かしてしまう危険性や喉の粘膜を溶かしてしまう。

また胃痛の原因にもなってしまうので注意しましょう。

 

一度やってしまったのが面倒なので

「クエン酸でいいじゃないか」

そう思って純度100パーセントのクエン酸を飲んでみました。

これですね。

そうすると喉は焼けるような痛いしイガイガが取れないし

胃痛には苦しむしと再悪な状態。

身体は確かに楽になるんですが、失うものが多いですね。

今ではこのクエン酸はお掃除の際に湯垢とりに役立っています。

なるべく水に薄めて飲むようにしましょう。

関連記事:お酢のクエン酸効果とは

お酢の効果についてはこちらに詳しくまとめています。

 

市販の飲むお酢じゃだめなの?

 

市販の飲むお酢というのもありますよね。

これはよく成分を見ると飲みやすいように糖質がたっぷりです。

これではほとんど清涼飲料水を飲んでいるようなもの。

せっかくの糖質制限が無駄になってしまいます。

ですから市販の普通のお酢を飲むように。

 

簡単にお酢を飲むならカプセルタイプがおすすめ

 

お酢を水で割って飲むのはすぐに楽になれます。

  • しかし不味い
  • 喉がイガイガする
  • 水で薄めれば腹がたまる
  • おしっこが近くなる

そんなデメリットもあります。

これを簡単に解決させるなら状態タイプのお酢がおすすめ。

純度100パーセントのクエン酸をカプセルに詰めて飲む

そんなやり方もありますが、めちゃくちゃ面倒ですね。

 

ピンセットでせっせとクエン酸をカプセルに入れるのは難儀です。

そんな場合はカプセルタイプのお酢サプリが便利です。

これなら少量の水だけ保存も効きます。

夜寝る前に水と一緒に飲むと朝の寝起きの重さが軽くなりますよ。

 

梅干しを持ち歩くというのもアリですが常に持ち歩くのは難しいでしょう。

サプリならバッグやピルケースにいれれば

あ、なんか身体重いというとき飲めばいいだけ。

消化して30分位ですっと嘘みたいに身体軽くなりますよ。

色々お酢のサプリメントがありますが、こちらが一番しゃっきりできます。

糖質制限の身体のだるさの悩みはこれですぐに解決できます。

 

まとめ

糖質制限の身体の重さは酸性アルカリ性の体内バランスによる乱れ。

糖質制限はどうしても酸性に偏りがちな食事になります。

ちゃんと考えて食事を取るように。

とは言ってもただでさえ食事制限させられる糖質制限

好きなものを食べさせてよ

そう思ってしまうのでそんなときこそ今回紹介した方法を使って体内バランスを調整していきましょう。

なるべく肉と野菜はバランスよく。

ある程度糖質制限慣れてきたら自分の食事スタイルでいい感じなところを定めていきましょう。

-糖質制限

Copyright© 運動せず簡単にダイエットする方法〜楽して痩せま専家〜 , 2018 AllRights Reserved.