痩せたいけど楽したい!運動は忙しくて無理!そんな人でもダイエット成功できてしまうなるほどと思える方法を紹介しています。

運動せず簡単にダイエットする方法〜楽して痩せま専家〜

糖質制限

糖質制限 脂質の摂りすぎはどうなるの?太る?

投稿日:2017年12月25日 更新日:

7cfc0ba983226d1c3863d382b8539b3a_s

糖質制限をしているとタンパク質と脂質はしっかりと食べましょう。

そうよく言われていますが

いままで

「脂質をとるなんて太る原因脂質を食べ過ぎるなんてもっての他」

そう感じてしまい躊躇されている人も多いのではないでしょうか?

また中性脂肪や脂肪肝、コレステロール上昇のリスクも心配

糖質制限は糖質を制限する代わりに脂質のエネルギーを使い身体を動かすようになります。

ただ食べすぎてしまったらやっぱり身体に蓄積されます。

しかし糖質の摂取のしすぎとは勝手が違ってきます。

はたして実際糖質制限で脂質を摂りすぎたらどうなってしまうのでしょうか。

実際糖質制限をやっている私の体験談についてお話します。

 

脂質を食べすぎたらどうなってしまうの?

 

これは糖質制限2年以上やってわかったんですが

純粋に肉と青菜いわゆる葉っぱものを食べていました。

で、どうなかったかというと

下痢で脂が出た。

臭い脂っぽい下痢がドバドバ出ただけ。

結局それくらいですね。

 

脂は糖質と一緒に摂取しないとある程度は吸収されるようですが

「もう入らん」

と体が受け付けなくなると吸収しきれず小腸を通り過ぎて下痢として出ます。

つまりは太らないってことですね。

きったねぇ話ですがそれだけなんです。

 

腸液も出るので肛門がヒリヒリするのはアレですがそれは別問題。

あまり脂の食べすぎは良くないですが決して太るってことはないので安心してください。

関連記事:糖質制限 オナラやうんこが臭い 周囲に悪臭を放たない方法

 

本当に脂摂取しすぎて大丈夫だったの?

 

「本当に大丈夫なのねぇ一時的じゃないの?」

そう気になりますよね。

自分だって気になります。

で、健康診断糖質制限1年後くらいに行きました。

結果、中性脂肪、コレステロール、脂肪肝全て異常なし。

 

体脂肪も削りに削れて10パーセント切ってましたね。

一応問診で肉食い過ぎで下痢ちゃうんですが大丈夫ですか?

と聞いてみたのですが

「それは食い過ぎだね。ちょっと控えましょう。ただ病気じゃないね」

とのこと。

今でも健康ですよ。

ただ脂の食べすぎは下痢になって違う意味で苦労するので下痢にならない程度に控えてますが。

 

脂質を抜いたらどうなの?

 

数日ほど「脂質ってやっぱダメなんじゃないのか」

と思って糖質制限プラス脂質制限をしてみました。

サラダチキンとブロッコリー、味付けは塩胡椒しょうゆってところでしょう。

 

コンテスト前のビルダーみたいな食事なんですが

まぁびっくりですね。

身体には力が入らないし肌はガサガサになるしやる気も出ない。

便秘になってうんこが硬い硬い

もちろんタンパク質量は増やしましたよ。

ただね、ずっと倦怠感が残ってカサカサしました。

 

糖質をただでさえ抜いているんで脂質も抜くと本当に身体にガタがきます。

せいぜい1週間連続じゃないでしょうかね。

ビルダーの場合はカットを出すための最終的な追い込みみたいですし。

ダイエット目的であれば脂質までカットする必要はないでしょう。

食事もわびしいものでした。

 

糖質と脂質同時摂取は危険

寿司

ただタンパク質と脂質なら下痢するだけでいいんですが

炭水化物と脂質の同時摂取はダメですね。

これは確実に太ります。

間違いありません。

 

知人が二郎系ラーメンにハマってしまい週3で行くように。

 

「ラーメン以外はちゃんとセーブしているから大丈夫」

そんな友人は見事イケメンから豚に変貌を遂げました。

糖質と脂質一緒にとると吸収しちゃうんでしょうね。

糖質とタンパク質もAGEといって身体の糖化になるし。

ラーメンは太るなら最高の食事でしょう。

同じ量の肉を食べた私は痩せ続けたわけです。

 

古い酸化した油は危険

  • スーパーの半額惣菜で売っているような油
  • コンビニのいつ交換したかわからないフライヤーの油
  • 鮮度が落ちまくった青魚の脂

などのような酸化してしまった脂や油は注意したほうがいいです。

胃もたれもするし、ニキビもできやすい、下痢もしやすい。

糖質制限中は油も貴重な栄養源ですからフレッシュなものを頂きましょう。

 

糖質制限脂質を摂りすぎないようにする下痢しないためには

 

脂身の量を減らしましょう

鶏肉なら胸肉、牛豚ならロースがいいです。

ちょっと脂のパンチが欠けるなぁと思ったら牛脂で焼いてしまえばいい感じ。

ニンニクとか生姜とか効かせるとわりと淡白な肉でもジューシーですよ。

あとはふだんの生活習慣でなるべく魚肉とか大豆を増やすといいんじゃないでしょうか。

また魚の脂はあまり下痢することはありません。

アジとか秋刀魚とか鯖とかの青魚ですね。

それでもやっぱり食べ過ぎれば下痢しますから適量バランスよくというのが一番です。

 

肉と野菜の割合を1:1にする

 

肉500g食べたなら野菜も同じく500g食べる。

こんな感じで調整すると下痢も起こりにくいですし胃腸の調子もいい感じですね。

野菜は身体を整えるってこういう意味なんだなぁって理解しました。

私の場合の野菜の食べ方はキャベツを中心に

トマト、ブロッコリー、アスパラガス、アボガド、カイワレ、ブロッコリースプラウト、キノコ

という感じで付け加えてます。

脂っぽい肉も野菜と一緒に食べるとモリモリ食べられるますね。

トンカツとキャベツの千切りは切ってもきれない関係なのも理解できます。

 

まとめ

 

脂質は糖質がなければ過剰に食べてもそこまで問題じゃありません。

せいぜい下痢するくらい。

そこら辺は各々食べる量を調整するようにしましょう。

ダイエットをすると脂質に異常に怖がる人がいますが糖質制限をすると脂質こそ必要なものになってきます。

うまく脂質をコントロールして腹筋バキバキのボディをみんなに自慢してやりましょう。

-糖質制限

Copyright© 運動せず簡単にダイエットする方法〜楽して痩せま専家〜 , 2018 AllRights Reserved.