痩せたいけど楽したい!運動は忙しくて無理!そんな人でもダイエット成功できてしまうなるほどと思える方法を紹介しています。

運動せず簡単にダイエットする方法〜楽して痩せま専家〜

楽して痩せる

1日1食でカロリー守っているのに痩せないのはなんで?どうやったら痩せはじめるの?

投稿日:2018年1月24日 更新日:

体重計

1日1食でカロリー制限しているのに痩せません。

空腹も我慢して1日1食なのに痩せないというのは辛いですよね。

これならもういっそのことダイエットやめてしまおうかと思っていませんか?

実はその空腹我慢が1日1食でカロリー制限をしているのに痩せない原因です。

空腹は確かに脂肪を燃焼してくれているサインですが同時に必要な筋肉を燃やしているサインでもあるから。

ただ、今回紹介するアミノ酸補給方法を知れば空腹を感じることなく

純粋に脂肪だけ燃え続け、停滞期もなにそれ?くらいにみるみる腹の肉が減っていきます。

今はいているパンツにこぶしが入るくらい痩せ対質になるでしょう。

 

1日1食でカロリーを守っても痩せない原因

 

糖質の割合が多い

1日1食の食事内容の割合がほとんど糖質ありきの場合

脂肪を燃やすアミノ酸が不足してしまい脂肪が燃えない状態になっている。

小さい焼却炉に大量の燃焼物を入れても燃やすことはできませんよね。

それと同様のことが今の体内でおこっています。

 

空腹時に筋肉が分解されており脂肪が燃焼されない体質になっている

1日1食中空腹の時間が長いと、脂肪からエネルギーを作るケトン体が生成されます。

このケトン体の生成の際にアミノ酸が必要になるわけですが

空腹時には筋肉を燃やして脂肪を燃焼していくようになります。

始めのうちはいいかもしれませんが、1日1食を続けていくと筋肉が常に分解される状態に。

大抵この状態になると停滞期といって体重の減少がストップします。

 

1日1食で常に痩せ続けるような体質になるのであれば

アミノ酸(たんぱく質)の摂取を空腹時でも摂取し続けることが重要になってきます。

ではどうやったら簡単に摂取できるのかにつて紹介します。

 

コンビニコーナーのホットスナックを活用

 

コンビニのレジ前にはフライドチキンやアメリカンドッグ、フランクフルトなどが販売されています。

ねらい目はフライドチキン、から揚げ、フランクフルトあたりでしょうか。

多少の糖質やカロリーは目をつむりましょう。

これらはたんぱく質量も多いので、空腹を感じたら食べるといいですよ。

なるべくケチャップは使わないように。

 

サラダチキンもおすすめ

 

スーパーやコンビニで売っているサラダチキンもおすすめ。

低カロリーで、低脂肪、高タンパクな食べ物ですね。

今じゃ様々なフレーバーが売っていて飽きません。

メーカーによってもしっとりしてたり噛み応えがちがったりと味比べも楽しいもの。

 

ゆで卵でたんぱく質補給

 

ゆで卵もいいですよ。

安いし、完全栄養食だし、すぐ食べられるし。

小腹がすいたらゆで卵をオヤツに食べる

これはおすすめですね。

一応コンビニでもスーパーでもゆで卵売っていますが自分で作った方が経済的でしょう。

常温で1日位放置したMサイズ卵がおすすめ。

卵のお尻に軽く画鋲で穴を空けて、熱湯から入れて7分30秒。

出来上がったらボウルに水を張り水の中で殻をむくとスルンといけます。

これで黄身が半熟の美味しいゆで卵の完成。

水で少しうすめためんつゆをジップロックで混ぜておくと自家製煮卵にもなります。

 

糖質を極限まで減らしたオヤツプロテインバー

海外のオヤツですが、なんと1食あたり1gの糖質しか含まれていないプロテインバーが売っています。

しかもたんぱく質量21gと素晴らしい含有量。

こちらです。

しょっちゅうコンビニにいってホットスナック食べたり、ゆで卵を持ち歩くのも難しいものです。

そんなときオヤツとして持ち歩けるほうが便利ですよね。

これならたんぱく質を摂りながら、空腹も我慢できて、ダイエットにもなる。

ただ海外からの発送なので高いし到着まで遅い。

まとめて買うとか、これから1日1食ダイエットチャレンジしよう。

という人にはおすすめです。

味も割りといけますよ。

1日3食プロテインが楽もしくはBCAAやEAA

空腹は脂肪が燃焼されているサインと同様に筋肉が溶けているサインでもあります。

ということは簡単。

純粋に筋肉の元であるアミノ酸を補給してあげれば筋肉が溶けることなく脂肪だけが燃えていきます。

簡単にいってしめば着火剤を常に補給してあげればいいだけ。

たんぱく質豊富な食品も多くありますがやっぱり

「カロリーは気になる」

と言う人も多いのではないでしょうか。

一般的な体調云々の問題はあるでしょう

ですが自分の目標の体重に早く到達したいですよね。

そんな時こそプロテインがいいです。

 

純粋なタンパク質だけを摂取するのでカロリー制限になりますよね。

プロテインであれば粉と水をプロテインシェイカーに入れて混ぜて飲むだけ。

これなら場所も火も手間もかかりません。

ゴミもほとんど出ませんし、プロテインシェイカーを軽く洗えばすぐ済む話なので楽です。

1日1食でスルスルと体重を落とすのであればプロテインは飲んでおいた方がいいでしょう。

 

プロテイン分太るのでは…と言う心配があるんだけど…。

 

「プロテイン分のカロリーはどうしたら?」

純粋なたんぱく質であれば太ることはほぼありえません。

むしろ脂肪を燃やす元が入るわけですから体脂肪はみるみる減っていくわけですから良い食事じゃないですか。

プロテインの種類によってはウェイトアップ系もあって炭水化物も同時摂取するのがあるので注意しましょう。

それだけでしょうか。

 

BCAAやEAAはプロテインより低カロリーで筋肉の分解を抑制できます

 

たんぱく質がアミノ酸分解されてBCAA、EAAになりますからBCAAやEAAを摂取したほうがより少ない量で済ませることができます。

ただ、プロテインよりもBCAAやEAAのほうが若干割高。

 

BCAAやEAAはさらに効率的だけど何で?

 

たんぱく質が体内で分解されるとアミノ酸になります。

このアミノ酸の含有種類によって通称名が変わるというくらいの認識でいいです。

EAAとは9種類の必須アミノ酸の総称 です。

摂取することにより、筋肉の分解抑制・筋肉の合成促進の効果 があります。

BCAAとの違いはEAAに含まれるアミノ酸の含有が多いということ。

BCAAはバリン、ロイシン、イソロイン

EAAはリシン、メチオニン、(トリプトファン)、フェニルアラニン、トレオニン、ヒスチジン、バリン、ロイシン、イソロイン

最近じゃトリプトファンが入っていないのが多いみたいですね。

と含まれています。

食事やプロテインによって摂取したたんぱく質は消化吸収まで時間がかかります。

そのため不必要な脂肪やカロリーを同時に吸収してしまうというデメリットが。

EAAは1日1食で溶けてしまう筋肉(アミノ酸)を不必要なカロリーや脂肪分、糖質を抜いて摂取できるというメリットがあります。

「1gたりとも不要なものは食べたくない、カロリーを摂取したくない。」

そんな人にはEAAはおすすめです。

こちらが今一番人気のEAAですね。

ただ「そこまでしなくても…」というのであれば糖質が少ないプロテインでいいはずです。

 

まとめ

1日1食だと空腹の時に筋肉を分解してしまい、脂肪を燃やす機能が減ってしまったから。

これを予防するためには1日1食だとして空腹を感じたらもたんぱく質の摂取をするように。

できれば空腹を感じる前に定期的にたんぱく質を摂取したほうがいいでしょう。

ゆで卵やコンビニのホットスナックコーナー、プロテインバーなど自分が良い感じと思うもので調整するといいですね。

ストイックに行くならプロテイン、BCAA、EAAで不必要な脂質や糖質、カロリーを制限するといいです。

順位付けするなら

たんぱく質食品<<<プロテイン<<<BCAA<<<EAA

という感じ。

ただそこまでしなくても痩せるので興味がある人はやってみるといいんじゃないでしょうか位です。

それよりも続けられるということが重要です。

体型維持は一生ものですから、余りキツイと心が折れるのでやれる範囲で無理なくやりましょう。

-楽して痩せる

Copyright© 運動せず簡単にダイエットする方法〜楽して痩せま専家〜 , 2018 AllRights Reserved.