痩せたいけど楽したい!運動は忙しくて無理!そんな人でもダイエット成功できてしまうなるほどと思える方法を紹介しています。

運動せず簡単にダイエットする方法〜楽して痩せま専家〜

食べながら痩せる

納豆を毎日食べた結果血圧低下・痩せる・花粉症軽減と効果がヤバイくらいありました

投稿日:2018年2月10日 更新日:

納豆

納豆を1年間毎日食べたところ、こんなにも素晴らしい健康効果が得られるなんて!

というくらい同世代の人と比べて健康面の数値も、見た目の若さにも、病気にならない免疫力にも差が出るようになったんです。

毎日たったい1パックの納豆、値段でいえば30円位。

一年であれば10950円です。

たったそれだけの値段で医者要らず、ダイエット製品要らず、エステ要らずとなれます。

そんな一年間毎日納豆を食べた素晴らしい健康効果について紹介します。

 

納豆を食べ続けたら血圧が140代だったのが120代にまで落ちた

 

納豆を食べる前まで血圧140前半くらいでした。

「年齢にしてはちょっと血圧高いですね」

とお医者さんにも注意されていました。

運動や、食事制限などしていても下がらなかった血圧ですが、
納豆を毎日食べるようになってから血圧が120代にストンと落ちたんです。

納豆にはカリウムが多く含まれているので余計な塩分が排出されたのでしょうか。

はたまた納豆に含まれる納豆キナーゼによって血栓が溶かされ血液がサラサラになったからなのでしょうか

それはわかりませんが血圧が下がったのは事実です。

 

納豆は腹持ちがいいので痩せた

 

私が毎日納豆を続けられた最大の理由は美味しと思っているからです。

割と続けていると「納豆なしの生活なんて考えられない」くらい納豆にハマっていたのです。

発行したタンパク質の豊富なアミノ酸の旨味、豆の甘さ、食べた後に突き抜ける旨味の嵐。

回転すしでも納豆巻きは必ず注文するくらい。

そんな納豆は豊富な食物繊維だけあり、100gあたり7.6g含まれています。

1パックあたり約50gですからその半分ですね3.8g

食物繊維が多いと腹持ちもいいわけです、
途中でオヤツを食べるようなながら食いもなくなったので当然摂取カロリーもへります。

その結果、納豆を食べ続けると自然と痩せることができました。

運動は特にしていません。

パンツのサイズが35から32になり買い替えを余儀なくされた嬉しい悲鳴です。

 

納豆を毎日食べたら毎日便が出てしかも太く色も良い

 

納豆には納豆菌という善玉菌の塊を摂取できます。

ここまで善玉菌が豊富に詰まった食品もなかなかないでしょう。

お陰様で私の腸内フローラは善玉菌寄りに傾いてくれたようです。

その結果、毎日太く色艶のよい便が毎日出るようになりました。

その前前では細くてミミズのような便や下痢、便秘だったり。

出し切った後のうっとり感ありますよね?

それが毎日実感できるわけです。

ちょっと食べすぎた日は一日3回出る日もあります。

食べたものがしっかり出ているわけですから当然腹も凹みます。

下腹は一年前にくらべて相当凹みました。

下腹にコンプレックスがある人も多いでしょう。

そんな人は納豆毎日食べることをおすすめします。

 

毎日納豆を食べてから花粉症が減り風邪もひかなくなった

 

毎年花粉症に悩まされていたわけです。

2月中盤くらいから、目は痒くて鼻水はズルズル。

くしゃみは止まらないし不快で不快で仕方ない季節だったわけです。

しかし納豆を食べ続けた花粉症のシーズン。

「そういえば花粉症今日ピークじゃんあーだから粉っぽいんんだ」

というくらい症状が軽くなっているんです。

 

花粉症は一度発症したら治らないと言われていますよね。

たしかに、目がちょっとかゆいなぁとかなんで風邪じゃないのに鼻水出るんだ?

と軽い不快な症状にまで軽減したんです。

花粉ピークな日でもノーマスクで大丈夫になりました。

 

さらに毎年大抵39度代の熱でダウンしていましたが、納豆を食べ続けた年は全く風邪知らず。

インフルエンザが流行った季節もうがいと手洗いだけで問題なく過ごすことができたのです。

 

食中毒に強くなった

 

ちょっと悪いものを食べるとすぐ腹壊してました。

特にカキは鬼門で、しょっちゅうあたっていて怖い食品の代表だったわけです。

それが納豆を食べてからびっくり。

いままで必ずあたっていたカキもそのシーズンは無事乗り越えることが。

今までは恐怖の象徴だったカキもこんなに美味しいものなのかと好物の一つになったわけです。

 

納豆はどれだけ食べればいいの?メーカーは?

 

納豆であれば特にこだわっていません。

一日一パックで十分です。

納豆の取りすぎは菌が強力に作用してしまい、腸内バランスを納豆菌で埋め尽くしてしまうほどといわれています。

三食のうち一食納豆を食べる

問題ありません。

メーカーも様々ありますが、自分が美味しいと思うメーカーのを食べるでいいのではないでしょうか。

粒の大きさや産地、タレなど色々ありますから納豆一つでも楽しめますよ。

 

納豆は混ぜた方がいいの?

 

納豆は混ぜた方がいいと良く言われています。

しかし私は混ぜてふわふわした納豆があまり好きではありません。

納豆をそのままストレートで食べる

タレもカラシも入れない派なんです。

きっと少数派でしょう。

しかしそんな食べ方でもちゃんと納豆の効果は得られているので大丈夫です。

好きなように食べればいいのではないでしょうか。

要は続けることの方が重要です。

 

納豆を毎日続けるコツは?

 

私の場合は好物の一つが納豆だったので苦はありませんでした。

納豆ありきの食事だったわけかので一年間毎日続けられたのでしょう。

ただ、「あまり納豆が好きじゃない」という人にとっては辛いと思います。

続けられるコツとしたら常に冷蔵庫に納豆を置いておく

というのがいいと思います。

買い物でも常に納豆を買っておくというのもいいかもしれません。

 

また、オヤツやおつまみ感覚で食べられる納豆の効果が生きたままのスナック菓子タイプも販売されているんのでそちらもお勧めではないでしょうか。

ネバネバが面倒だったりしますしね。

 

また、納豆の効果を凝縮されたサプリメントもいいと思います。

あまり好きじゃない納豆を毎日続けるのは辛いはずです。

仮にこれが生玉ねぎだったら私も続かなかったと思います。

(苦手なのです)

時にはサプリメントで済ませて、納豆を食べる。

こうすれば常に腸内は納豆の善玉菌で満たされることができるでしょう。

 

まとめ

一年で11000円で、美容、健康、免疫力が手に入る納豆。

ちょっと続けてみようと思いませんか?

短所は毎日続けなきゃいけない

というのがネックでしょうか。

しかしこれをオヤツタイプやサプリメントで続けられれば

人よりもキレイに見られる、無駄に辛いダイエットも不要。

医者にもかからず待合室で長い時間待たされることもありません。

毎日じゃなくてもまずは週3位ではじめてみませんか?

-食べながら痩せる

Copyright© 運動せず簡単にダイエットする方法〜楽して痩せま専家〜 , 2018 AllRights Reserved.