痩せたいけど楽したい!運動は忙しくて無理!そんな人でもダイエット成功できてしまうなるほどと思える方法を紹介しています。

運動せず簡単にダイエットする方法〜楽して痩せま専家〜

30代ダイエット

成長ホルモンをドバドバ増やす食べ物

投稿日:2018年4月19日 更新日:

筋肉

代謝をよくしたり、若く見られたり、毎日ワクワクする

そんな毎日をいくつの年齢になっても目指したいですよね。

そのためには成長ホルモンの分泌が欠かせません。

 

残念ながら30代を境に成長ホルモンの分泌は徐々に減っていきます。

aggas-2

しかしこの成長ホルモンは食べ物によって増やすことができます。

必要な栄養素はアミノ酸の一つであるアルギニンと吸収を助ける亜鉛。

 

成長ホルモンを促すことができれば、若い頃に行ってきたことは大抵できるようになります。

毎日継続しているアルギニンと亜鉛を摂るのであればプロテインを検討しましょう。

30代ダイエットには必須のホルモン、分泌を促し20代の頃の活力も戻ってきます。

 

成長ホルモンを増やす食べ物タンパク質

MEC食

  • 肉類
  • 魚介類
  • 大豆製品
  • 乳製品

などに含まれるタンパク質は成長ホルモンの分泌に欠かせない食品です。

その中でもたんぱく質が体内で合成分解されできるアミノ酸の一つに、アルギニンというものが成長ホルモン分泌促進効果を促してくれます。

 

成長ホルモンのの原料アルギニンの働き

 

アルギニンとアミノ酸の中の一つで1886年に発見されたものです

アルギニンは体内で作ることができるアミノ酸ですが、加齢などによって十分な量の生成が見込めなくなります

アルギニンの効果は外部から侵入する細菌や内部で発生するがん細胞などに攻撃する働き

  • 成長ホルモンの生成を助ける
  • 男性の活力をサポートする
  • 脂肪の燃焼を促進する
  • 血行促進効果
  • 精子の量を増やす

などの効果が期待できます。

 

アルギニンを多く含む食品

 

アルギニンお肉類や魚介類、豆類に多く含まれています

アルギニンが多く含まれる食品は

  • 豚肉100g中7900mg
  • 大豆100g中6700mg
  • 鶏卵100g中5000mg
  • トビオの煮干し100g中4900mg

このほかにもイカやタコホタテ貝の貝柱

植物では落花生や小麦にんにくなどににも多く含まれています。

 

アルギニン不足の症状

 

アルギニンの施主が低下する以下のような症状が出ます

  • 免疫機能の低下
  • 男性機能の低下
  • 疲れやすくなる
  • 成長ホルモンの分泌の低下
  • 脂肪がつきやすくなる
  • 肌荒れしやすくなる

「30代になって20代の頃のようなギラギラが無くなった」

と感じるのも成長ホルモンの分泌が低下したのが原因です。

 

1日に必要なアルギニンの摂取量

 

ダイエット効果や1日元気に過ごしたいといった効果を得るためには、1日およそ1gから8g前後のアルギニンが必要であるといわれています。

摂取する量は年齢やライフスタイルによって変わりますが、最低1日3グラム以上を望ましいと言われています。

 

成長ホルモンの分泌をサポートする亜鉛

牡蠣

亜鉛は体内の酵素の働きを助ける作用を持っておよタンパク質やカルシュウムを吸収を助ける効果があるとされています。

 

亜鉛を多く含む食品

 

亜鉛を多く含む食品は肉類魚介類大豆製品などです。

  • 豚レバー100g中6.9mg
  • 牛もも肉赤身100g中4.4mg
  • 鶏モモ肉(皮なし)100g中2.0g
  • 牡蠣100g中13.2mg
  • しじみ100g中2.1mg
  • うなぎ蒲焼き100g中2.7g
  • 納豆100g中1.9mg
  • 高野豆腐100g中5.2mg

亜鉛といえば牡蠣。

精力剤としても牡蠣エキス配合を謳っているのもありますが、圧倒的な含有量が牡蠣の魅力です。

 

亜鉛不足の症状

 

亜鉛は通常の食事をしていれば不足することはない栄養素です。

しかし、食生活の乱れによって近年、亜鉛不足が指摘されています。

  • 味覚障害
  • 免疫力の低下
  • 詰めや皮膚の異常
  • 成長障害
  • ED

男性の場合「性欲が減った」というのも亜鉛不足、成長ホルモン分泌低下が考えられます。

女性の場合亜鉛が不足すると妊娠しにくくなるといわれています。

 

1日に必要な亜鉛の摂取量や過剰摂取の副作用

 

日本人の食事摂取基準2015年版では1日の摂取推奨量

  • 18歳から69歳の男性で10mg
  • 70歳以上の男性で9mg
  • 18歳から69歳の女性で8mg
  • 70歳以上の女性で7mg

となっています。

サプリメントなどによる亜鉛の過剰摂取による副作用は胃痛や貧血、胃の不調など様々な健康被害が生じることが知られています。

関連記事:30代になって痩せにくくなったと感じたら飲むべきダイエットサプリメント

 

成長ホルモンを増やすアルギニン亜鉛を効率的に摂取するおすすめの食べ方

 

今の食生活から亜鉛とアルギニンを増やす場合

  • お肉料理を一品増やす
  • ゆで卵を1日1個増やす
  • 納豆を1日ひとパック食べる
  • お惣菜コーナーに売っている牡蠣フライをよく食べる
  • 豆腐やシジミの味噌汁を飲む

このようにするというようにすると比較的簡単に摂取できます。

 

毎日簡単に摂るならプロテインがおすすめ

 

食事による改善を毎日の継続が重要となってきます。

毎日正しい食生活を自信持って出来ると言えますか?

どうしても飲み会や付き合いが続くような時は食生活も乱れがち

体調も悪くなりますし、成長ホルモンの分泌も落ちてしまい余計ガタガタに

そういう時こそプロテインで補ってあげるのが1番簡単です。

プロテインにはアルギニンの素であるたんぱく質が豊富

自転車で坂道を登るのは辛いですが、電動アシスト自転車なら楽々スイスイです。

  • たんぱく質
  • 亜鉛
  • アルギニン
  • その他吸収を助けるビタミンやミネラル

こちらは全てカバーしてくれるプロテインとなっています。

 

成長ホルモンを増やすならプロティンがおすすめな理由

 

安くてコスパの良いプロテインならソイプロテインがおすすめ

味はお察しあまり美味しいとも言えませんが、飲めなくはない味。

クセがないのでギリギリ続けられるプロテインです。

  • コスパが良い
  • 味はギリギリ
  • ソイプロテインだから腹持ちが良い置き換えダイエットにも最適
  • 大豆由来だから女性にもぴったり
  • 水にとかせてしまえばすぐ飲むことができる

一番のおすすめの理由は簡単に飲むことができる。

というところでしょうか。

こちらのソイプロテインは純粋なソイプロテイン。

まじりっけなしです。

割と飲みやすくコスパもよく腹持ちもいいので割と嫌いではありません。

 

美味しく毎日楽しくワクワクするようなプロテインならジェシカズフォーミュラ

 

いくらコスパがよく飲みやすくて成長ホルモンに効果があるプロテインでも

「あまり美味しくないものをお腹に入れていく」

のはわびしいものです。

 

ダイエット目的やアンチエイジング目的でも美味しく毎日続けたいですよね。

男性だったら多少まずくても食べられますが女性ってあれば少しワクワクするような毎日を送りたいわけです。

アサイーベリー味で酸味とコクのある味は、いい値段のスムージーを飲んでいるようなもの。

 

毎朝の置き換え食としてダイエット目的にすると成長ホルモンの分泌も増え、不足したたんぱく質も補えるようになるのでグッと楽に痩せることができます。

1日1日が良い方に変化していく楽しみを見つけたいなら選ぶべきプロテインです。

ジェシカズフォーミュラ公式へ

 

-30代ダイエット

Copyright© 運動せず簡単にダイエットする方法〜楽して痩せま専家〜 , 2018 AllRights Reserved.