痩せたいけど楽したい!運動は忙しくて無理!そんな人でもダイエット成功できてしまうなるほどと思える方法を紹介しています。

運動せず簡単にダイエットする方法〜楽して痩せま専家〜

30代ダイエット

30代女性急に太った痩せないどうしたらいいの?

投稿日:2018年4月19日 更新日:

239b594de2b999261cf30805406a3796_s

食事面はわりと気を遣っているのに30代後半になって急激に太ったなんて人も多いのではないでしょうか

  • 自分の裸の姿を鏡で見たらビックリまるでおばちゃん
  • ダイエットを試みてもピクリとも動かない体重
  • 頑張って食事の量を減らしてみたら、免疫力が低下してヘロヘロに
  • 頑張って痩せてはみたものの+5歳老けた顔に

30代後半になると、成長ホルモンの分泌や女性ホルモンの分泌が衰え急に太ってしまうという事が多くあります。

今までの努力をしても痩せることはできません。

関連記事:30代痩せない原因

 

かえって体調を崩してしまい、無理に痩せてしまうとほうれい線や顔のシワが目立つようになります。

ただ、いくつになってもキレイでいたいですよね。

実は、ホルモンバランスを正常化すれば綺麗に痩せることは十分可能です。

そのためには女性ホルモンと、成長ホルモンを促す必要があります。

この2つのホルモンのバランスが良くなれば、女性らしく綺麗に痩せることもできますし、

何より毎日がワクワク楽しいと思える毎日を過ごせます。

30代ダイエットまとめ

 

成長ホルモンの働き

筋肉

成長ホルモンは脂肪を分解するという点においては強力な効果を発揮してくれます。

脂肪を分解するホルモンにはアドレナリンというものもありますが、その強さは成長ホルモンの方がはるかに上です。

成長ホルモンは分泌されてから一定時間脂肪の分解をし続け、最低でも5時間はその効果が持続されるといわれています。

 

10代や20代前半の頃、「よくもまぁこんなに食べて太らなかったなぁ」と思う食事量。

これも成長期に莫大分泌される成長ホルモンの効果によって脂肪が燃焼されまくっていた結果になります。

関連記事:成長ホルモンを増やす食べ物

 

女性ホルモンの働き

184b0ad1eefd029a01544badc91beac6_s

女性ホルモンの一つであるエストロゲンは主に卵巣から分泌されます。

思春期から分泌が始まり、20代から30代は安定して分泌されます。

エストロゲンが多く分泌されている時期は心身ともに体調が良く、集中力も持続しやすく、ダイエットや運動の効果も出やすくなります。

 

生理前は食欲も増し脂肪がつきやすいという体験をされたのではないでしょうか。

エストロゲンが低下することによって、このような状態が続きやすくなってしまいます。

30代は軽いPMS状態が続くことも少なくありません。

関連記事:エストロゲンを増やす方法

 

成長ホルモンを増やす方法

632b500bafb2e9b424b9998ec34bbe7c_s

分泌が低下してしまった成長ホルモンも食事や生活習慣、運動などによって増やすことはできます。

 

睡眠で成長ホルモンを増やす

 

成長ホルモンが分泌されやすい睡眠の時間帯は夜の23時から翌朝の2時までと言われています。

この時間帯に睡眠をとることが成長ホルモンの分泌を促すために必要な時間帯

夜ふかしはせず寝れる時はさっさと寝てしまう

特に夜中のスマートフォンは脳が覚醒してしまい睡眠の質を大幅に下げてしまいます。

これが30代女性のダイエットの秘訣の一歩です。

関連記事:睡眠ダイエット

 

食欲抑制ホルモンの分泌もサポート

 

しっかりした睡眠をとることによって食欲抑制ホルモンであるレプチンを増やすことができます。

逆に食欲を増進させるホルモンであるグレリンの分泌は低下されるので、よりダイエットが成功しやすくなります。

 

タンパク質を多く摂り、成長ホルモンを増やす

 

成長ホルモンの原料はタンパク質=アミノ酸

肉類、魚介類、乳製品、大豆製品などタンパク質由来の食品をしっかりとるようにしましょう。

目はすば自分の体重/gのタンパク質

なるべくは食事でタンパク質を摂るようにして足りない場合は、プロテインで補うのが一番簡単に摂取できます。

 

精神安定ホルモンのセロトニンが食欲抑制効果にも

 

タンパク質は成長ホルモン以外にも様々なホルモンの原料となっており、特に精神安定ホルモンであるセロトニンの原料にも。

精神が安定することによってストレスに強くなり食べ過ぎの予防にもつながります。

 

筋トレで成長ホルモンの分泌を促す

 

15分以上の早筋を使った運動、つまりは筋肉トレーニングを行うことによって成長ホルモンの分泌を促すことはできます。

関連記事:30代基礎代謝をアップさせるハードな運動不要ズボラでもできる4つの方法

 

筋肉の成長促進でシャープな体を手に入れる

 

成長ホルモンの働きは筋肉の成長促進や脂肪の燃焼を促進、集中力や免疫機能の維持など

30代の女性にとって嬉しい効果を発揮してくれます。

特にオバチャンない形に悩む女性は筋トレをすべきといっても過言ではありません。

重力に負けない引き締まった体は、いつも年代になっても若さを維持してくれます。

筋肉を付けることによって血流も改善され代謝も良くなります。

関連記事:30代ダイエット老けずに痩せる方法

 

女性ホルモンを増やす方法

05e49b72c9d94daf9308e5f5b185802d_s

卵巣で分泌が低下してしまった女性ホルモンの一つ、エストロゲンを増やす方法は食事でサポートしましょう。

 

大豆製品による大豆イソフラボン

 

豆乳、豆腐、納豆などの大豆製品には多くの大豆イソフラボンが含まれています。

大豆イソフラボンは女性ホルモンであるエストロゲンと同じような働きをしてくれる栄養素。

  • 1日納豆ひとパック
  • 豆乳であれば1日250ml1本

大豆イソフラボンの摂取はこれが適量とされています。

大豆のたんぱく質+大豆イソフラボンで美容にも健康にもダイエットにも効果があるので毎日摂りたい食品です。

 

エクオール

 

大豆製品を摂っても女性ホルモンとして働きがされないという人も少なくありません。

割合としたら日本人の2人に1人

意外と多いです。

ふこういった症状の場合は大豆イソフラボンが腸内の善玉菌により合成された成分エクオールを直接摂取するようにしましょう。

エクオールの働きには

  • 更年期症状の改善
  • メタボ予防
  • 脂質代謝改善
  • 皮膚老化の予防

キレイに痩せるための必要な効果が多く、作業をしてくれます。

30代後半から人によってはプレ更年期という症状に悩まされる人も多くいます。

この症状にもエクオールは効果を発揮してくれるので活用されるのが良いでしょう。

エクオールを体内で生成できなくてもサプリメントで補うことができます。

こちらがエクオールサプリメント豊富に含まれており効果があります。

 

まとめ

30代女性で太ってきた場合、まずすべきことはホルモンバランスの改善です。

有酸素運動は二の次で大丈夫。

ホルモンバランスの正常化には食事と睡眠が重要なポイント

たんぱく質を多く摂り、夜更かしぜずしっかり寝る。

まずそれから始めてみましょう。

食事で補いきれない場合はサプリメントで30代ダイエットを乗り切るのがベスト。

そうするとやる気とか体から元気が沸いてきます。

これがホルモンの効果。

 

栄養が満たされたら、運動やしっかりとした食事管理をされるのがいいでしょう。

いっきにやろうとしても30代は無茶が効かなくなってます。

やれることを一つ一つ解決していくことがダイエット成功のポイントです。

-30代ダイエット

Copyright© 運動せず簡単にダイエットする方法〜楽して痩せま専家〜 , 2018 AllRights Reserved.